★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp

2010年08月02日

気づかされた事。

さてさて。昨日書きかけた「気づいた点」の事なんですが。

色々話し合って見ると…ものすごく単純な事に気づきました(^o^;。
つまり、今まで育ってきた人間関係と環境と、その中での自分自身の立ち位置が違ってた、という事です。

私は、というと子供の時から過剰に躾けられてきたお陰で、カチンコチンの「優等生」でした。
もーボケとかツッコミとかが成立しないほどの;;。堅物ちゃんだったんですね。
そんなでしたから、子供のときから結構疎まれる存在になってしまいまして^^;。
まぁ、有体に言えば、いじめられっ子でした;;。
ただ幸いな・・・と言うべきですかね。子供の頃から身長は高いほうだった事と、母親が近所でも知れ渡る「肝っ玉オカン」でしたから、 (どのくらい肝っ玉かというと、駄菓子屋で唆されてクスねたお菓子がバレてたたかれながら、その駄菓子屋に謝罪、とか、小学校の授業参観で授業が終わってすぐに「態度がなってない」とみんなの前で折檻とか。序の口でこんなん。あげればきり無し;;。) お陰さまで第一ターゲットにされる事はありませんでした(みんなも後が怖いから;;;)。
あと、小学校の頃は成績も勉強は良かったので、班長とか学級委員長とか生徒会とかも勤めましたのでその点でも一目おいてくれてたのかも。
ただまぁ・・・そのためか、常にボクの立ち位置は「一目置かれるか、蔑まされるか」のどちらかでした。
つまり、対等な関係というのが無かったんです。子供の時から。
それに成績の点でもという事情もありますが、家の家計的に塾には通いませんでした。
当時から塾とかの習い事は当たり前でしたし、そこでみんな学校以上の交流を深めたりしてたと思いますが、その点でもボクは浮いてました。
つまり、つまるところ、一人でした。
とはいえ、そこはまだ集団生活。学校でとか塾の無い時とかに遊んだりはしましたし、誰かの家で遊んだりもしましたが、基本的に「私から声をかければ」遊んでくれるという感じで、「誰かが誘ってくれて」遊ぶという事はまず無かったかな・・・と思っています。
中学になると、成績のほうも並になってしまいましたが、親がイジメ対策として柔道を習わせたので(結局投げられ続けただけで、帯も黒くなりませんでしたが^^;)、体格と武道という点でやはり第一ターゲットにはならずに済みました。
でも性格は相変わらずの「堅物ちゃん」ですから、やっぱり立ち位置は変わらず・・・。
それは高校に行っても同じでした。
つまり・・・私という存在は「賢ぶってる堅物の真面目ぶりっ子の優等生」で「生徒会とかの煩わしい学校行事とかやらすにゃちょうどいい」という感じでした。
現に祖母の急逝で生徒会の候補者演説会を欠席したのも関わらず、生徒会副会長に選ばれてましたし・・・(その時ホントに空しかったです・・・)。

そんな感じで。
私にとっては幼少期から今を見ても、当時の関係者で私を対等の仲間と取ってくれていたのは殆どいませんでした。
(数少ない一人が、今ビリヤードに誘ってくれている彼です。)
現に当時の知り合いとバッタリ会っても、相手はどー接したらいいのか、という風なバツの悪そうな雰囲気が見え見えですから。
同窓会も中学・高校と一度だけ声がかかり参加しましたが、以降サッパリかかりません。
やっているのかもしれないし、やってないのかもしれないですが。
いずれにしても私には声がかかってないという事です。

ある程度その事から開放されたのが、大学に入ってからですね。
この歳になってようやく自分のしたい事(アメフトです)が出来て、今までのしがらみの無い友達が出来て。
未だに交流がある仲間は、この大学時代というかアメフトの仲間です。
ちなみに、この「りちゃ。」というニックネームもその時の先輩がつけてくれました。
それが嬉しくて未だにハンドルネームに使用しています。
(それまでのニックネームは・・・下の名前のまんま、でした。ニックネームといっていいのかどうか^^;。
それを目の前で呼ばれる様を父が見て、顔を真っ赤にして怒りに身を震わせていたのを今でも覚えています。
当時は仕方ないんだよ・・・となだめましたが、逆の立場だったら私も言いがたい屈辱を感じていただろうと思います。
その時の事を思うと、今でも申し訳ない思いでいっぱいになります・・・)
でも大学に入っても「堅物なヤツ」という立ち位置は変わらず。というより、もうこの時点では完全に個性になってました。
今でも、これは既に私の色だ、と思っています。
でも、そんなヤツでしたから、やっぱりハメを外すような事になると、どーしてもぎこちない。
し、場を盛り上げる事もできないし。
そんなですから、やっぱり一人でいる事はしばしばありました。高校までの頃ほどではないですけどね(^^)。

とにかく、私にとって一人でいるという事はデフォルト(当然の状態)でした。

長くなるなぁ・・・。
明日に続けますねー^^)/。
posted by りちゃ。 at 23:25| Comment(0) | 思ふ事 *~(゜゜)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: