★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp

2010年08月05日

勢い余って、ぶっちゃけ下世話な話【18禁】

※中高生は見ないでね。恥ずかしいから^^;

さてさて、本人的には単なる自己公開のつもりで書き綴ってきましたが、見る人には重っい話を続けましたが。
読まれた方は、多分既にその疑問に薄々気付いてるだろーなー・・・。

まぁ、そこだけフィルタリングするのも何なので、その辺の事も書きますね☆
ここ数日(まぁストレートに言うと8月からのブログ)を読み終えた方なら、「あれ?って事はもしかして…(−−?」という疑問が沸くでしょう。
そう。つまり、「今までずっと一人だった」→「という事は付き合った人はいないはず」→「って、まさか童貞って事はないよねぇ^^;」
という疑問に、です。

結論から言いましょう。

はい。ご想像の通り、素人童貞です!Σ(゜゜クワッ

いわゆる「お金を払って」致した事はありますが、普通の交際から発展したソレは全ーったくございません。
そもそも「交際」自体がなかったんだもん^^;。

しかも、も少しぶっちゃけると、ここ10年近く、それすらも行ってません!
多分最後は新潟に出張したときだなー、と思い返すと、おおΣ(゜゜ふた桁は行ってないや、と自分でもビックリ。

「えとー、男の人って、そんな平気なものなの?」という疑問持つ人もいると思いますので、そこも補足。
んなわきゃない。したいもんは、したい。です。ホントは。
ただ、お金を払ってするのは、もうコリゴリです。私自身は。

この辺は、その人によって違うようなんですけど。
ある人は今でも事ある毎に、風俗通いしている人もいます。
その人の考えで言うと「お金さえ出せば、たくさんの若い女の子とエッチできる☆」との事。
それはごもっとも。ある意味、男として正しい発想です。

じゃ、私はなんでしないのか?
・・・はっきり言えば、セコイんです^^;。
確かにしたいけど、そのために数万円も使って、しかも1回こっきりなんて勿体無いの極み。
それが理由ですね。

でも若いとき(20代)はそれでも、何度か通ったんですよ。
あまりにさみしくて。男として、したくってw。
でも、した後にものすごーく後悔しちゃうんですよね。
「あー…これじゃまるで女の子をトイレ代わりにしてるのと一緒じゃんかよ…」という罪悪感と、
「そのためだけに、2万も出すオレって・・・」という自虐的な感情でね。
自分がやってる事に悲しくなっちゃってました。

その極めつけは、そのとき上手く出来なくって、相手してくれた子から「まだ出来ないのぉ?」といわれた時。
なんか男として全否定された感じになって情けなかった・・・(それでもまぁ、しましたがw)。

そんなこんなで、今は全くソチラにも行ってません。
誘われても行きません。多分、もう行かないでしょう。

今だからわかるんですが「男がしたい」という衝動にかられるのは、
「自分の存在を認めてくれる誰かが欲しい」
という衝動なんだと思います。
男って基本的に自分自身では「生み出す」事ができない運命なので、認めてくれる存在が無いと、存在している事自体、否定されたものになってしまうんです。
その事を本能的に知っています。だから必死になって自分を誇張して必要性を訴え続けるんです。
それで受け入れられる方に出会えたら幸せですが、認められなかったら・・・男は現状を破壊してでも訴えようとします。
それがいい方に働けば、栄誉ある開拓者に、間違った方向に働けば・・・それが昨今の多発する犯罪なんでしょう。
それだけ危ういですし、モロイです。

私の場合は、色々な過程と体験から、色んなものを妥協し諦めてきました。
自分さえ引けば・・・自分さえ耐えれば・・・という風に。
結果、このざまです^^;。「あんた、バカァ?」と言われても仕方ない体たらくですね;;。

今思えば、もっと真剣に男として頑張るべきだったな、と反省しています。
少なくとも認めてくれる「誰か」がいれば、どんな事でも耐えられる強さにはなったでしょう。
でも、私は自分への自身のなさと、そうする勇気をとうとう出しませんでした。
つまり、逃げてたわけです。
その結果が、自分を壊すというハメになった一番の要因だろな、と今は思います。
やはり、挑まねばならない時には、挑まなくてはいけないんですよ。と、今になって気付く始末・・・(^_^;)。

しかし、もう今からだとそれも厳しいでしょう。
今の歳が38。
仮に今運命的な出会いがあってすぐ結婚。子供を授かったとしても生まれるまでに約1年、その子が大学に行くとしたら親である私の手元を離れるまでに最短でも22年を要します。
つまり、38+23=61歳…定年ですね。
いや、もしダブリでもしたら、その差分の年の学費すら捻出できない可能性も充分にあり得ます。
そうなったら・・・親として失格ですね;;。

そう考えると・・・もはや叶わぬ夢、かなぁ、とも思えたりします。
自分に子供がいないというのは私自身にとっても、伝えていくものが無いという空しさがありますが、むしろ親に対して孫の一人も抱かせて上げられないということの方が、つらいです。

でも・・・致し方ないのでしょうね。

皆さんは、こうならないように今あるご縁を大切にしてくださいね☆

※特に学生の方々へ。
私自身、幼・小・中・高・大学と常に共学だったため、異性の方と知り合う事自体は対して難しい話ではない、と思っていました。
でも、社会に出ると、その状況は一変します。
奇妙なくらい、男性は男性社会、女性は女性社会の中に属するようになって、まず通常にただ生活をしているだけだったら、殆どの場合限られた異性としか接点を持てなくなります。
今の環境が、つくづく恵まれている事を意識して置いてくださいね☆
posted by りちゃ。 at 00:40| Comment(4) | 思ふ事 *~(゜゜)
この記事へのコメント
>自分さえ引けば・・・自分さえ耐えれば・・・

自虐的とも取れますが、これってそんなに悪いことではないと思います。
私もこういう傾向、ありますし。
そういうタイプが我を押し通したりすると、スッキリするどころか逆に強い自己嫌悪に襲われたりするかもしれませんしね。

恋愛って難しいですね。
たまたまきちんと尊重しあいつつ人生を一緒に歩んでいこうと思える相手と巡り会えるって、考えてみればとてもまれなことだと思いますし。
もちろん理想的な相手でも、関係を長く継続し続けるには多くの妥協と寛容が必要ですし。

ありきたりな言葉で申し訳ありませんが、よいご縁に巡り会えるといいですね。
Posted by ピィ at 2010年08月05日 16:34
ピィ様

コメント、ありがとうございます。
実際、今でもおっしゃる通りで、自分を主張した時、相手の反応を見て強く自己嫌悪します。
相手も私が主張すると全く思っていない様で・・・そういう時決まって、反応が激変しますね、悪いほうに・・・。
それもあって、ついつい黙ってしまう様になってしまうのですが。

私も恋愛観・結婚観で言うと、共にずっと戦っていける相手かどうかでは、と思っています。
好き嫌い以前として。
乏しい体験なので何ともお恥ずかしい主張ですが^^;。

しかしこんなになってるヤツと戦ってくれる人なんているのかなぁ…とか思いつつ、淡く切望しているのも本心です。
矛盾した我がまま言ってますよ、ホント^^;。
でも、哀しいかな、やっぱり人としてその望みは持ち続けたいです。
Posted by りちゃ。 at 2010年08月05日 20:46
>大学卒業までに定年

うちの大学時代の同輩に、同じような子がいましたね。
1年浪人して、3年の時に「今年、親父が定年でさー」と。
学資保険&奨学金(後で返すヤツ)を使って何とか4年で卒業、切羽詰ってるので必死で就職もしました。
まぁ、子供が一人なら何とかなるんじゃないかな…?
ウチは結婚して5年、まだ子供出来ませんがっ

りちゃさんは長男ってのもしんどいポイントかも知れませんね。
親と同居、ってのは女にとってハードル高いですから。
まぁ後は出会いを増やすしかない…って状況ね。これが一番難しいけど!
Posted by ハルナ at 2010年08月06日 09:54
ハルナ様

まぁ実際そういう友もいたので、その時のつらそうな心境を身内に味あわせたくないなぁ、と思ってしまうんですよね。
先走りもいいトコですけど^^;。

長男・同居、というのはホントにキツイ条件ですよ(゜゜;。
見合い自体は少ないながらもあったにはあったのですが、大抵この条件でOUTになってるみたいですねー。
ましてや今は実家住まいですし、余計です。

以前勤めていた際に、35歳をを越えてから、それまで同居に頑なに拘っていた母(小学校の頃から言い聞かされてました^^;)が突然、もう別居でもいいよ・・・、と言った時には流石に激怒しました。「今更になって、しゃあしゃあとぬかすな!」とね。
ま、以来何も言ってこないです。ちと言い過ぎたかもね。

どっちにしても、今の立場はその線もありえませんし。
出会いねぇ・・・全くどうやって増やせばいいんだか^^;。
Posted by りちゃ。 at 2010年08月06日 11:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: