★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2010年11月29日

【アメフト】セリオvsオズナス!!【決戦、再びっ】

世間的には、関西大学アメフト界のほーが、すんごい事になった日なんですがー。
こちらもこちらで「天王山」でしたパンチw。

つ・い・に、来てしまいました。11月28日あせあせ(飛び散る汗)
そう、あの2チームがXリーグDiv.3ブロック優勝をかけての激突!!という日です。
その2チームとは…
加古川オズナス、と、セリオスタンディングベアーズですexclamation
こちらが私の同期、松谷選手の所属する、
20101128-0001.jpg
(ちなみに隣は関学OB"ミスターRB"の三井選手)
20101128-0002.jpg
加古川オズナス

一方、こちらは18期のOBである山本選手が所属する、
20101128-0003.jpg
セリオスタンディングベアーズです。
(ちなみに#58番の選手が、山本選手です。
)
両チームとも前節を勝利で飾り、加古川オズナスは3勝1敗、セリオスタンディングベアーズは4戦全勝とそれぞれブロック内1位2位となって、この最終戦を迎えることになりました。
ちなみに、その前節の模様は、こんな感じでした。
→加古川オズナスはコチラ。
→セリオスタンディングベアーズはコチラ。

試合開始前、"嵐の前の静けさ"です。
20101128-0004.jpg

ここでこの試合における意味合いを整理しておきますと、
セリオスタンディングベアーズが勝利、または引き分けとなったら、セリオの優勝。
加古川オズナスが勝ったら、星勘定では1敗同士となるのですが、社会人の場合星勘定が同じ場合、直接対決の勝敗で優劣が決まるのでオズナスの逆転優勝になる。
…という事で、実は昨年と全く同じ構図になってこの試合を迎える事になったわけです;;。
(ちなみに昨年の結果はこうでした。)
セリオスタンディングベアーズとしては悲願の全勝優勝&昨年のリベンジを、と。
加古川オズナスとしては、昨年の奇跡をもう一度、と。
そして共にDiv.2への挑戦権獲得を、と。 双方ともこの試合にかける意気込みは相当なものがありました。

私としては気持ち的にかな〜り複雑な心境だったです;;。
なにせどちらにも私と同じ大学アメフト部出身者が所属活躍している2チームでしたからね。
加古川オズナスには、まさに私の同期の松谷選手が、セリオスタンディングベアーズには18期OBの山本選手、そして今年はもう登録のみしかししていませんが、現在のチームに至るまで多大な貢献をしてきた8期OBの中村選手がおり、どちらにも思い入れがあってなかなか感情移入しずらい気分でした…。どちらサイドで観戦するかも逡巡しましたしね…。
結局、今回も加古川オズナスサイドで観戦することにしました。最終的には、やはり同期のいるうちは…という事でしたね。
それに若干ですが、昨年からの馴染みと、何より今の現役学生たちにも色々と懇意にしてもらっているという恩義もありましたものでね。
ただ、できるだけ中庸な気持ちで観戦したいとは思いながらスタンドで見つめました。

そして、いよいよ試合開始の時を迎えました!
20101128-0006.jpg
両チームとも、すさまじい気迫が伝わってきます!!
そして…加古川オズナスのキックオフで試合開始!!
ここでいきなり"あわや"というシーンが。

ここは何とか松谷選手のナイスタックルで止まりましたが(流石です)、それが無ければそのまま…というキックリターンでした。
この1プレーを見ただけでも、互いに互いのパワーポイント・ウィークポイントを調べ尽くしてきているのが、よくよくわかります。
それだけ、この試合にかけている事も!!

セリオスタンディングベアーズ最初の攻撃シリーズは、残念ながら3回で終了。パントにて加古川オズナスの攻撃に。
ここで加古川オズナスは前節の試合と同様に「QB三井」戦法と、さらに"ノーハドル"攻撃(作戦タイムをなくし連続攻撃をする事で、相手にも準備する余裕を与えない戦法)を仕掛けてきました!

しかし、ここでセリオディフェンスが素晴らしいディフェンスを魅せてくれました!!

見事3回でオズナスオフェンスを止め、攻撃権を取り返しました。
今度はセリオオフェンスがランプレーでオズナスディフェンスを切り崩していきます!

しかし、ここで今度はオズナスディフェンスがナイスディフェンスを披露!

互いに全く譲らない、意地をかけた戦いなのがこの数プレーだけでもひしひしと伝わってきます。

しかしここで、オズナスに痛恨のミス!!

パント処理を誤ってしまい、セリオに大きく前進する機会を与えてしまいました。
…がここは再度オズナスディフェンスが意地をみせ、無得点に終わらせます。
そして、第1Q終了。0-0。サイドを変えて第2Qに進みます。

そしてオズナスオフェンスの際に…またしてもセリオディフェンスのスーパープレーが出ました!

なんとライン手前のレシーバーに投げた前パスを奪い取ってインターセプト(奪取)!攻撃権を奪い取りましたっ。
一瞬の隙も見逃さない…その気迫がなければこんな事は出来ません。すごいです;;。
そしてこのチャンスをオフェンス陣が生かして、

セリオTD!先制! キックの決まって、7-0です!

これに対し、オズナスも何とか状況を打開しようと策を講じますが、

うまくいきません;;。少しずつですが、セリオペースで試合が進み始めました。
そして、ここで再びオズナス側に痛恨のミス!!

パントキックする選手がセリオのプレッシャーにあい、キックをシャンクして(引っかけて)しまいました。
セリオに有利なフィールドポジションが回ってきます。

ここぞ、とばかりにセリオオフェンスの怒涛の攻撃!

しかもこのプレーで松谷選手が故障してしまいました;;(゜゜;。

うぁぁ…まさか昨年と同じところをやってしまったんじゃないか…。
SANY0031-10.jpg
担架に運ばれ戻ってくる光景から、昨年(↑上の写真のシーン)の怪我のシーンが蘇ってきます…。
しかしベンチでの様子を見ていると、どうやら膝を打ってしまっただけの様子。
20101128-0007.jpg
ホッと一安心。
その後もフィールドに戻っていきました。(良かった・・・(^^))
しかし、この間にも試合は進みます。セリオオフェンスはそのまま追加のTDを狙うべく、オズナスディフェンスはそれを阻止すべく必死の攻防戦を展開し、

最終的にセリオはFG(キックでの得点)を選択。そして成功! 10-0となりました。

このまま一進一退の状況になり、このまま前半終了…かと思いきや、オズナス、ここで正QBの山田選手にチェンジ。残り2分半というところでオズナスオフェンスが猛追撃をしかけました!
まず、ラスト1回の攻撃権という状況でギャンブルしプレーを選択。

見事に成功!そして、そのままの勢いでイッキに勝負に出ますっ!

これは惜しくも不成功;;。さらに仕掛けますっ。

…が、今度はセリオディフェンスの好プレーにより、インターセプト!

ここでようやく前半終了。セリオ-オズナス:10-0の状況で試合を折り返します。


そしてセリオのキックオフにて、後半開始!まずオズナスのオフェンスからスタートです。
ここでいきなり"ミスターRB"三井選手が見せてくれましたっ!!
もー完全に個人技だわ…。ホントにすごいとしか言いようがないです。
一発でゴールに駆け込みTD!キックも決まって、オズナス7点GET!
セリオ-オズナス:10-7。反撃ののろしを上げました!
そして、オズナスはディフェンスでも魅せました。セリオのパス攻撃を、7番松谷選手がインターセプト!!

m(_ _;m。
言い訳させてください…。
マジな話、見蕩れてました。
完璧だったんですよ。松谷選手のカバーとか、相手レシーバーとかへの寄り、とかが。
で、完璧にカメラの操作、忘れちゃってしまいまして…
松谷、ゴメンっっ><;;。

と、とにかく攻撃権を奪取(^^;。そしてその勢いでオズナスはセリオに一気に畳み掛けに行きます!


うぉぉっ(゜゜;。すごい・・・
とくに、あの86番の選手、よく競り勝ったなぁ…とメンバー表を見てみると、関学出身:東畠選手…って、あの学生オールジャパンの東畠っ(゜゜;!?
な、なんでそんなすんごい選手がここにいるんだ…(--; 恐るべし、関学コネクション;;。
という事でオズナス、相手陣ゴールまであと1ydと迫る大チャンスにっ。
しかし・・・っ。ここで"岡山の雄"セリオが凄まじい底力を見せますっ。
まず1回目。

止めたっ。2回目。

も止めたっ。そして3回目…

逆に押し戻したっっ(゜゜;。す、すげぇぇ;;。
こうなると、オズナスは4回目において2つの選択が残されます。
@まずは一旦手堅くキックの3点を取り、同点にして振り出しに。
A敢えてリスキーだが、続けて攻撃し、TDでの逆転を狙う(失敗すれば0点)。
という選択です。通常の試合なら、まず@を選ぶ場面でしょう。
ですが、この試合の前提条件=優勝条件を思い返してください。オズナスは勝たなければ優勝は無いんです。
それででしょう…オズナスはA、ギャンブルしてプレーを選択!TDでの逆転を狙いに行きましたっ。
そして、結果は・・・

失敗!!逆転ならず!! 得点は、セリオ-オズナス:10-7のままっっ!!

今度は、このスーパーディフェンスでセリオが息を吹き返します。自陣ゴール近くの危険な陣地からのスタートだったにも関わらず、



じわじわっと、オズナスディフェンスを削り取るように前進していきます。
実は、これ、本当に強いチームでないと出来ません。
一見先程の三井選手のような一発で独走するようなプレーをするチームのほうが強いように思われがちですが、全力で体当たりしているモノ同士がやりあって常に勝ち続ける、という事のほうが本当はとてつもなく難しいんです。
それはチーム全体のポテンシャルが相手を圧倒していない限り不可能ですから。
それを、優勝争いの対戦相手にやってのける…これだけでもセリオがどれほどすごい地力を持っているかを証明しています。
そして、この状況のまま第3Qが終了。セリオ:オズナス 10-7。いよいよ最終Qです!

その第4Qもセリオの前進は止まりません。このペースのままだと、オズナスは自分たちが攻撃する時間さえなくなってしまいます!
何とか止めようと必死のオズナスですが、それでもセリオの攻撃は着実に進んでいきました。が・・・

このプレーで再びセリオが攻撃権更新…と思ったら反則発生。→オフェンス側の「ホールディング」のジャッジ。
え???どこで???(--;?
えー補足しておきますと、オフェンスの「ホールディング」、という反則ですが、基本的にオフェンスは相手ディフェンスの選手を捕まえたり握ったりしてはいけない決まりがあるんです。それをやってしまった時の反則名が「ホールディング」です。
ですが…何度見返してみても「ホールディング」をしているような選手が見当たらない…どこをどうみてそういう判定になったんだ???
とにかく、この反則でセリオは10ydの罰退を強いられ、ついに攻撃が止まりました。そして、それによりオズナスはかろうじて攻撃権を取り返せたわけです。
そして、このプレーでイッキに挽回!

大きく前進しましたっ。そして、ここでまたしても…仕掛けますっ。

RB三井選手からWR東畠選手へのスペシャルプレー!しかし、これをセリオディフェンスがナイスカバー…と思いきや「パスインターフェア」(パス捕球の過剰な妨害)〜(゜゜;!?
あ、あれをそう取ったら全部のカバーが反則になってまうやん… ちと辛すぎないか、今日のジャッジ(--;。
そのためにオズナスは大きく前進。さらに攻撃を続けようとしましたが・・・

セリオ、渾身のディフェンスチャージが成功!見事に攻撃権を奪い返しましたっ!!
これ、本当にすごいっっ。普通ならさっきの反則などで気持ちがキレてしまい、そのまま相手にやられてしまうものです。
それを、それでも、持ち直して逆に相手の攻撃を絶つなんて…心身ともに強いチームでないと出来ません。
もんのすごいっっです><。
そして再びセリオがまさに"削る"ような攻撃を再展開。オズナスピンチ;;
が、ここでオズナスデイフェンスが魅せますっ。

まさに、必死のディフェンスで断ち切りましたっ。そして、セリオはパントキックを選択。すると、

オズナス13番がパントブロック!そしてそのままボールをゴールに持ち込み…逆転のTD!! ついに試合をひっくり返しましたっ。
しかし、この後のTD後のキックは、

失敗! 6点止まり! セリオ-オズナス:10-13 のスコアになりました。

ここでの追加の1点は、かなり重要な意味合いを持ちます。
もしこのキックが決まっていれば、スコアは14-10ですので、セリオは何としてもTDを取らないといけない、という事になるのですが、13-10だと、セリオはFGで同点としてもいい、という事になるからです。
セリオはこの試合を「勝つか引き分けるかで優勝」なのですから。

そして、その事は互いによく理解しています。試合残り時間4分50秒。本当に最後の攻防が展開されました!
まずセリオの攻撃!またしても"削るような"攻撃を展開しますが、今度はオズナスも渾身のディフェンスでこれをギリギリで阻止!
そして3回で更新できず、セリオ、決死のギャンブルプレーを選択、

これをオズナスディフェンスが見事に阻止しましたっ!!
しかしこの時点では、まだ試合時間が2分近く残っていました。今度はオズナスオフェンスが少なくとも1回は攻撃権を更新しないと、再びセリオに攻撃権を奪われてしまう可能性が残っています。
ここが本当にこの試合を決定付ける攻防です!!

まず1回目、2回目の攻撃はセリオが見事に完封!オズナスは全く前進できませんっ。
結果、3回目の攻撃で残り10ydを取らないといけない状況に。
オズナス的には4回目をプレーにあてるわけにはいきません。パントキックで少しでも相手を奥深くに押し込んでおくほうが勝つ可能性が高いからです。
しかし、それになったとしても攻撃権はセリオに移ります。つまり実質この3回目の攻撃がプレーできるラストになるわけです。
果たしてその結果は・・・

QB山田選手の決死のスクランブルで攻撃権を更新ー!
…あの状況になってあれだけ走れるとは…関学OB勢、恐るべし;;。

この時点で、実質試合は終わりを告げました。後はニーダウン(ボールを持っている人がわざと膝をつき、時計を進める)をして、

試合終了〜ヽ(´ー`)ノ。 加古川オズナス、13-10で勝利。
20101128-0009.jpg
そして必然的に、逆転ブロック優勝となりましたー! 本当におめでとうございますっぴかぴか(新しい)
20101128-0010.jpg

しかし2年連続で全く同じ結果となってしまうとは…セリオスタンディングベアーズの皆さんの心境、いかばかりか、とも思います・・・。
20101128-0013.jpg 20101128-0014.jpg
山本選手もさぞ悔しいでしょう。
個人的に見ても、セリオスタンディングベアーズのほうが力量的にはかなりの部分で圧倒していました。トータルバランス的には明らかに上だったでしょう。
それでも加古川オズナスが勝利できたのは、要所要所でキープレーヤー達がプレーを決めていたことと、その経験値の高さ、それとセリオスタンディングベアーズにあった、ほんのわずかなほころびを見逃さなかったという点だったと思います。

いずれにしても、ブロック優勝決定戦の名に恥じない好ゲームでした☆
改めまして、加古川オズナス、優勝おめでとうございますっグッド(上向き矢印)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ちなみに試合後に山本選手から、こんなコメントもらいました。
「もーウットウしいから、はよ上(Div.2)に上がってください;;」
(^^;何よりの言葉ですな。松谷選手に伝えておきます。

ではではー^^)/end
posted by りちゃ。 at 23:06| Comment(6) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
優勝おめでとぉございますヾ(*´∀`*)ノ
試合となると何が起こるかわからないので面白いですね♪
それにしても素晴らしいブログですねヽ(*´∀`)ノ
Posted by みぃる at 2010年11月30日 08:48
みぃる様

ありがとうございます。
…というのも、何か変な感じですが(^^;
(優勝したのは同期ですし。それに後輩にとっては苦杯をなめたわけですし;;)
でもまぁ、これが勝負事の鉄則なんですよね。
そしてアメフトの場合は、ホントに一発勝負、そのときの結果が全て。
なのでやる側も見る側もそれが共感できるのが素敵です。

ブログはまぁ、私なりの私事雑記帳なんですが、今回はちと気合入れすぎた(^^;。
まぁ、またこれからもよろしくですー^^)/。
Posted by りちゃ。 at 2010年11月30日 09:08
楽しませてもらいましたよ、実況付きで解りやすかったです。
それにしてもパントブロックからのTDが決勝点になるなんて、
これもアメフトの面白いところですね!
ブロック優勝決定戦と言うことで、熱いゲームでした。

競技場は何処だったのでしょ、一瞬「関大-関学」戦かと思いましたよ。看板で。
学生の方も三つ状態で面白かったですね。ニュースでしか観てませんが、
結局、リーグ優勝は立命?甲子園ボウルは?南山大って何?・・・何だかよく解らんように。(^_^ゞ
Posted by 路渡カッパ at 2010年11月30日 15:42
路渡カッパ様

良かった(^^)。楽しんでもらえてw。
ホント、実際に試合見てて一番ドキドキなのは、キッキングシーンなんですよねー。
本当に一瞬で試合の展開、ひっくり返しちゃいますもん♪。
なかなかイイとこ、観てますねw。

場所は神戸の王子スタジアムでした。同じ兵庫県の会場ではあったんですけどねー(^^;。
(アッチは神戸ユニバでした。)
しかし学生のほうは、本当に土壇場まで縺れる展開になりましたね。
この土日にまたしても関学-関大の再戦ですもん;;
ちなみに南山大は愛知のほうの大学です。一応、東海・北陸・中四国・九州の代表を勝ち上がってきたところですが、私が知る限り飛び抜けた地力のある大学ではないですよ(数年前までは東海でも弱小校の一つでしたから・・・)
まぁ、立命には歯が立たないと思います。実質、立命は1回戦フリーパスみたいなもんですわ;。
だけに、関学、関大は大変ですね。一難さってまた一難、ですもん;;。
今年は立命が漁夫の利かなぁ・・・。
Posted by りちゃ。 at 2010年11月30日 21:05
セリオの家族のものです。ブログ、初めて拝見させていただきました。

まるで試合を見に行ったかのようなブログ。
結果を知ってはいましたが、ドキドキしながら読ませていただきました。
試合当日、どうしても会場に応援に行けなかったので、
まるで試合を見に行った気分になれて嬉しかったです(*^_^*)

アメフトのルールはそこまで詳しくないのですが、
りちゃ。さんの解説がとてもわかりやすく、試合の流れが手に取るように伝わってきました!

私は、アメフトと言えばセリオのことしか知らないので、
りちゃ。さんが書いてくれている相手チームの情報や、
客観的にセリオの事を分析されているコメントを読み、
まだ知らないセリオの事やアメフトの世界が見えてきて、嬉しかったです。

ブログから、りちゃ。さんが、本当にアメフトを愛してらっしゃるのが伝わってきました。
素敵なブログですね!

アメフトって本当に面白くて素敵なスポーツですね☆
りちゃ。さんのブログを読んで、私ももっとアメフトについて知りたくなったし、
これからもずっと応援していきたいなーと改めて思いました。

またブログ、のぞかせてもらいますね(*^_^*)
Posted by S at 2010年12月16日 16:00
S様

これはこれは寄稿頂きまして有難うございます(^^)。
アメフトにお詳しくない方から、この様なコメントを頂けた事が、私にとって何より嬉しいです(*^^*)。
私自身、この「日本で最もメジャーなマイナースポーツ」てであるアメフトをやっていた者として、実はいつもその悩みを痛感してました。
「アメフトって、見たことあるけど、何が面白いの?」
こういう反応が悲しいくらい圧倒的多数でした。特に関西圏以外では、殆どがそうだとも言えました。
その度に色々と自分なりに感じる醍醐味を伝えたのですが、大抵は「???」という反応・・・。
自分自身が夢中になったモノが、殆どの方には理解してもらえない…とてもつらかったです。
それをおそらくですが、やっておられる全ての方が多かれ少なかれ体験している事だとも思っています。
そういった全く知らない方でも「アメフトってこんなに素敵なスポーツなんだよー」と言う事が伝わっているなら、
こうやって書かせていただいているものとして本望です。

セリオさんに関しては、今期・前期と続けて苦杯を舐めざるを得ない、苦渋のシーズンとなってしまいましたが、
見てきた者として、上位リーグに上がれる力量は間違いなくお持ちだと実感しています。
その対戦相手であった加古川オズナスは、この一戦を糧として今期昇格を果たしました。
それは間違いなく戦ってきた全てのチームあっての偉業だったと感じています。
来期セリオスタンディングベアーズが「3度目の正直」を果たし、続いて上位リーグ昇格を果たされる事を祈念致します。

あ。それとですが;;。
私のブログ自体ですけれども、基本的には私の雑記帳&備忘録なので、かなりザックバランな内容になっていますー;;。
なので見ていただくにお恥ずかしい事も多々含まれておりますので、その辺りは生暖か〜い眼でご覧くださいませ;;。

今後とも宜しくお付き合いの程お願い致します。
では失礼致します<(_ _*)>。
Posted by りちゃ。 at 2010年12月16日 19:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174852783
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック