★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2012年11月26日

【お仕事】結局「異動」になったという( ´-ω-)コトデシテ

まぁ、何もわかってないド新人が、身の程知らずにハシャいでのたうちゃ、
必然的にこうなる、という典型例。

昨日「書かないといけない出来事」と書いてました件ですが。
ド直球で書くと、仕事の事っす。
もっとアケスケに書くと、先の「システム設計、辞退」に関するオチ、
でもあります。

「今の私では設計はムリ><;。もう一度現場から;;」
と願い出て現場に異動した時に戻るのですが、、、実はただ戻るという事では
決着しなかったんです。
システム設計のご指導いただいていた方からは、さして何もありませんでした。
「来る者拒まず、去る者追わず」なんだそうな。恬淡とした対応でした。
所長からも、さしたる追及はなく。
まぁ。さほどの存在とは思ってないのかな?とも取れる反応でした。
問題は、直属の上司であった計装部門の現場長でした。
猛烈に現場復帰に抵抗されましたΣ(゜゜;。
「まだたった3か月やないか!何で踏ん張れんのや!!」とです。

実はこの方、高卒後入社してすぐに設計から始めた方だったんです。
私と同じく、何も分からずイキナリに。
それを10年、必死で食らいつき、その上で設計から現場長になったという方だったと。
「何も分からず」には少し違う部分もありますが(工業系の電気科卒)、
それでも実社会を知らないという部分を鑑みても、同じ境遇と言えるでしょう。
その方からしてみると、私の判断はあまりにも不甲斐ない・・・と取れたと思います。

また、別の見方もあったようにも思います。
正直、私は新人としては、とうに盛りを過ぎた中年です。
そんな人間が今から現場新人としてやりたい、と言っても体力面、健康面での
リスクがデカイです。ただでさえ危険なケミカル系の大手企業の工場内。
指揮する者として負担が大きい、という思惑があったのかも知れません。

あるいは、もっと別な、私の知らない何かの誰かの思惑があったのかも。

真相はわからずじまいですが、とにかく猛烈に説得を受けました。1時間以上も;;。

その激に対して応えたい、という想いも芽生えました。ホント。
でも応じれませんでした。
一度心を砕いてしまった事がある人間ですから。
既にこの時点で私の心境は、完全にパンクしてました。自己判断ができない程に。
破綻してた、とも言えるかな?再び心を壊す寸前だったとも言えます。
私は心を壊した時の絶望感を知ってしまいました。
心を壊す恐怖も知ってしまいました。
そこから立ち直るための、途方もない長さの助走と努力の継続も体験しました。
それを再び繰り返すかもしれない恐怖の本質を知ってました。
だから、とても、応じられませんでした。どうしても。

でも上司としても、そこで折れる事に承諾してくれません。
おそらくご自身のこれまでと、重ねて頂いてる境遇をもってくれてたと思います。
その押し問答が平行線で続きました。

その最中、所長が切り出してきました。
「社長からだ。本社で人が不足している状況が出ている。そこでやるか?」
という内容でした。
設計としては自分自身無理、かといって現場はスンナリYESとは言ってくれない、
という状況であり、私は結局その提案で承諾しました。
どのような心境でそのような反応になったのかわかりませんが、
ひどく落胆した現場長が、今でも目に焼き付いています。

正直なところ、この本社異動というのは私にとって楽な話ではありません。
むしろ、ハードルが数段上がったといってもいいです。
本社での業務は、高砂とは違い、電気・計装、現場・設計といった
専門化しておらず、ひっくるめて全てをオールラウンダーとしてこなさないといけません。
その相手先は、公共事業や電力会社といった、とんでもなくお高い業界相手です(--;。
しかもその担当窓口でもあります。つまりは営業も兼ねると。
ドキツいっす( ̄  ̄;)。

でも同時にこうも思ってます。
「遅かれ早かれ、こうなってたろうな。」
私の経歴からすれば、対外的接触が多い業務のほうが会社としてメリットはあります。
もとが営業でしたから。
おそらくは予定調和だったのでしょう。

いずれにしても私の新たなハードルは設定されたのですから、
必死に食らいついていくだけです。
幸いコチラでも猶予期間はあります。どれほどかはわかりませんが。
本社では一から、となるので、ある程度長く取ってはくれるでしょう。それだけが救いかな?
そういう思いで今はいます。


という話が決まったのが、あの「10・22」でした。
でも異動は11月20日になりました。
幸か不幸か、丁度高砂のほうが大手工場の定期メンテナンス計画が重なり、
人手を要していたため。
それで落ち着く11月中旬まで現場作業員としていることになったと。
その最終日が11月19日。その日に腰をギクりました( ̄  ̄;)
休めねぇ;;;。
必死でやり抜き、ほうほうの体で帰宅(o ;_ _)o
そして翌日本社に出社して、改めて新規スタート。
やっぱり、休めねぇ;;;;
そんなわけで、苦しみのたうった、というワケw;。

まぁ。今でものたうってるんですけどー(゜゜;。
うん。ツケだ。試練だ。しゃあないわ;;。
という心境で、本社勤務やってま〜すヽ( w )ノ。おっかなビックリと。

というところで、腰がそろそろヤバイので、今日はここまでっ。
ではではー^^)/。

posted by りちゃ。 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事ッスヽ( ´ω`)ノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174869490
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック