★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2013年10月23日

【身内事】明日、父は手術受けます。

あえて書かなかったんですが、実は父が入院してます。
もう1週間になるかな?

予兆であった高熱が出てた頃(確か加古川vs愛知戦あたり)
からだと2週間は優に過ぎてますし。

でもって、明日手術をします、と。

なのでこの写真は播磨病院の入院病棟内から。
DSC_0037.JPG

症状自体は、この年齢だとしばしば出るらしい
「胆石症」
要は胆を蓄えている胆嚢の出入口で胆が固まり「胆石」になっちゃう
という病気。
その解消のため、胆嚢自体を全摘出することになったわけです。

この病気自体は、さして特別なことではないです。
対処手術も、まぁ、一般的には大げさな部類になりますが、
ゴクゴク普通の処方でもある。

ただ父の場合は、数年前の事故が起因している懸念があるため、
まぁだからこそ全摘出手術とせざるを得なかったのですが、
私としては結構ビクビクの思いで明日を控えています。


数年前に何があったかというと、
http://do-rakuya.seesaa.net/article/153170918.html
こんな事故があったのです。
ま、書いてたから、知ってる人は知ってる話。

予後状況を書きますと、足は引きずり気味ですが、
今でも畑、やってますw;。

ただその後遺症として、体内に非常に血栓(血の塊)が出来やすくなって
しまいました。
http://do-rakuya.seesaa.net/article/153171047.html
その辺りの詳しい内容です。
これを抑制するために、ワーファリンという凝固抑制薬を服用してるんですが、
これがために今回全摘出手術に踏み切る事になったというわけです。

どういう事かというと、
血が固まりにくいという事は、出血しだすと止まらない、という事なわけです。
これは外科手術という観点からみると、相当にリスキー。
出血必須ですもん、そもそも。
つまりやること自体、危険なわけです。

それを踏まえると、手術して様子見て悪かったらまた手術…というのは
回数分だけ危険が増します。
だから1回目で要因部分である胆嚢を除去すべき、となりました。

しかし、その1回の手術も勿論危険危険;;。
出血リスクは勿論あるわけだし、かといって薬を抑えると
今度は血栓再発を招き、その血栓が脳や心臓に飛ぶとOUT、
となりかねないので、現状態で実施しないといけない。
さらに今回の胆石で胆嚢が炎症を起こしていたら、
他臓器に癒着してしまってますから、それを剥がす際の
出血リスクもあるわけです。

も、立ち会って聞いてるだけで心配続出っす( ̄Д ̄;)。

てな事を今日、会社休んで聞いてました。
で、明日も休んで手術立ち会います。
おってもしゃーないんだけど、かといって咄嗟の何かで
肉親の同型血液者がいたほうがいいかと思い(^^;。

「おれんでもええど。」
とは父(--;。
「おっても役にたたんわ。」
とは母(--;;。 ドキツイデス…

まぁ、でも付き合う事にします。
正直そんな心境で現場出てたら、コッチが事故るわ!ヽ( `▽´)ノ
先輩方には申し訳ないけど、スパっと休んで手術に付き合います。

明けての説明が相当に面倒だなぁ。。。( ̄  ̄;)
しゃーないけど(--;ゞ


書いたら少し整理できましたワヽ(´ー`)ノ。

ではではー^^)/。

posted by りちゃ。 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ふ事 *~(゜゜)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174869542

この記事へのトラックバック