SPORTS AUTHORITY

★ブログランキング参加中。良ければクリックお願いします☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

2016年11月09日

【備忘録】トランプ氏がアメリカ大統領選に勝ったとか。

マスメディアの敗北、マスメディアの終焉、
というのが特筆すべき事項と見てます。

さて、時事ネタとなりますが、次のアメリカ大統領、
トランプ氏となる事が当確となった様です。
世間は"想定内だが驚くべき事が起きた"
とニュースになっています。

私も同意ですが、私の驚きはヒラリー・クリントン氏を
推していたマスメディアが敗北した、という事の方ですね。
民意は圧倒的にトランプ氏と思ってましたが、最終的には
マスメディアは情報誘導してヒラリー氏勝利に導くだろう、
と思ってましたので。

ネットやSNSによる情報媒体が既存メディアを凌駕した、
という事になるわけですが、ルサンチマンを実体化させるという
人類史上かつてない革命を起こしたネット文化は、
アラブの春に始まる風評拡散による革命樹立、
テロ国家という従来では存在しなかった集団の確立に留まらず、
ついに先進国国家変革をも可能にする領域にたどり着いた様です。
この力が私達にとって、やっと巡ってきた幸運なのか、
はたまた破滅の罠なのかは、これからの私達次第でしょう。
後の世の方々が教えてくれます。

さて。個人的には一日本人として、トランプ氏が勝利した事に安堵しています。
ヒラリー氏が選ばれていたら、日本は未曾有の恐慌に陥る可能性がある
と思っていたからです。
今回の大統領選は、
ヒラリー氏という政治屋が勝つか、トランプ氏という起業家が勝つか、
という戦いでした。
政治屋は自分のしたい事のために、力を集めて権力とし実行する人です。
したい事のために力を集める事に長けていますが、
自分で力を生み出す事は出来ません。あくまで力はもらうものなのです。
ではヒラリー氏はどこから力をもらったか?答えは中国です。
正しくは夫であるビル・クリントン氏の時からチャイナマネー頼みです。
それ故ビル・クリントン氏大統領時、チャイナマネー擁護の為、
日本叩き"ジャパンバッシング"が起こりました。
結果、日本は今に至る20年を失った次第です。
もし今、それが再来すると、当時より衰弱した日本経営は壊滅しかねません。
ヒラリー氏大統領場合は、それが起こり得る状況でした。
対してトランプ氏は、本質的に起業家です。
自らの為に他者を利用する事はあっても、
あくまで力は自らで生み出すものとして行動します。
つまり利害対立はあれど、同時に協力しあう可能性もありえ、
無意に搾取されるだけ関係よりは、よほど展望が見えます。
注目される言動も、よくよく読み返すと意外に真っ当ですし、
私はトランプ大統領の方が随分希望が持てます♪。
厳しい事には変わりないのですが〜ね〜(汗)。

願わくば希望の持てる4年間であってほしいものです。
ではでは^^)/。
posted by りちゃ。 at 21:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: