SPORTS AUTHORITY

★ブログランキング参加中。良ければクリックお願いします☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

2017年06月10日

【アメフト】2017Xリーグwest[岡山スタンディングベアーズ×和光レイダース]

備前の立熊の今春のシメ。秋への飛躍となるか!?



【ダイジェスト】
序盤は和光がペースを握る。

TE2番大橋選手へのパスなどを要所に交えて前進。


この4thDownギャンブルは失敗になるが、




RB29番光武選手のラン、WR9番松本選手へのパスで再び前進。


最後はTE2番大橋選手がタッチダウン!先制点GET!
岡山 0-6 和光

このまま前半は終了するかと思われた。
が、その間際に岡山にビッグプレー!

和光のパスをSF80番岡井選手がインターセプト(パス奪取)!
途中止められそうになるが、倒される直前にLB15番鈴木選手にボールをトス!
そのまま鈴木選手がタッチダウン!同点!
岡山 6-6 和光

※注釈:脱線します。
アメリカンフットボールは、パスは攻撃しかできない、
と思われがちですが、実は後ろへのパスは攻撃・守備・キックの
いずれでやってもOKです。何回やっても構いません。
つまりラグビーと一緒です。
前へのパスが限定されているだけです。

それも
"@攻撃が、ボールの開始地点(プレビアススポットと言います)より後ろから、
Aラインの端にいる選手(E:エンドと言います)かバックスになっている、
B背番号1〜49番、80〜99番の選手に対して、1回だけ。"
許されます。攻撃の背番号50〜79番には捕球する権利はありません。
またパスの時は
"C50〜79番の選手はボール開始地点(プレビアススポット)前方3yd(ヤード)より前に出てはいけない"
です。ランの時はその縛りはありません。
だから50〜79番の選手が、あまり前に出なければパスだ、とわかります。

「じゃ、攻撃全員1〜49番、80〜99番にすりゃいいじゃん」
と思うでしょうが、どっこいルールで
"攻撃には、50〜79番の選手が最低5人いる事"
が盛り込まれていますので、絶対いるのです。
必然的に、パスの捕球権利のないポジションに50〜79番を配置して"オフェンスライン=OL"となるわけです。

完全に裏方さんのイメージですが、攻撃の全ては、彼らのブロックとそのコンビネーションあってのもので、決まるか否かは重要です。
むしろ彼らあってのラン・パスです。QBもOLいないと何にも出来ません。
精度はEXILE並みのダンスユニットレベルを求められるものもあります。
そのアサイメント(手順)・スキル・理解度は強さに直結します。
OLを"インテリアライン"(知性を持った最前線)と称される所以です。

※閑話休題

とにかく前半終了。

後半は岡山が、

WR1番松村選手へのパス等で敵陣侵入。

K80番岡井選手のFG(フィールドゴール:キックで加点)狙う。

が、惜しくも失敗。得点変わらず。

逆に和光が、

RB29番光武選手のランで反撃し、


QB19番西川選手がタッチダウン!
岡山 6-12 和光

焦る岡山、何とか追いつきたいが、

痛恨のファンブルロスト!

これが決め手となり、

岡山 6-12 和光

和光レイダースの勝利、となりました。

双方、陣容厳しい中、炎天下での戦いでしたが、大過なく良い実践経験を積めたのは収穫に思えました。
秋本番での健闘期待します!

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 11:10| Comment(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: