Cerevo ライブ配信 LiveShell 2 HD H.264 SD録画 CDP-LS03A


★ブログランキング参加中。良ければクリックお願いします☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

2017年11月03日

【アメフト】クラブアイランズ × トライスターズ[2017XリーグDiv3west]

今季台風の目、と、昨年優勝チームの、Bブロック全勝対決!







【ダイジェスト】
立ち上がり、先に流れを掴んだのはアイランズ。

RB26番沼選手を皮切りに、

WR18番澁谷選手などが、

躍動。一気にトライスターズ陣に侵入し、

WR6番加藤選手がタッチダウン!
[クラブアイランズ 6-0 トライスターズ]
先取点上げる。

しかし直後のキックオフにて、

トライスターズKR21番小林選手が好リターン。
優位な地点から攻撃権を得ると、

QB10番浅野選手からWR9番太田選手へロングパスがHIT!
[クラブアイランズ 6-7 トライスターズ]
すぐさま追いつく。

初手から得点する展開に観客も沸き立つ中、
その返しのアイランズオフェンス、

RB23番金城選手が60yd独走のタッチダウン!
[クラブアイランズ 13-7 トライスターズ]
再びリードを獲る。

これにトライスターズも後れを取らない。



WR9番太田選手、RB24番角野選手が果敢に前進。
再度追いつかんとする。が、

アイランズCB21番中津選手がパスインターセプト(パス奪取)!
断ち切る。
しかしトライスターズも、



LB23番中谷選手がBIGプレーを連発。
アイランズも断ち切られる。
その切り替わりのパント(キックでの攻撃放棄)で、

トライスターズPR18番勝山選手がナイスリターン。
このチャンスを、

RB33番浅井選手がモノにする。
[クラブアイランズ 13-14 トライスターズ]
ここで前半終了。
全勝同士対決にふさわしい、ガップリ四つのシーソーゲームとなる。

後半は双方ディフェンスが力を見せ始め、



互いに膠着した展開となるが、

トライスターズCB21番小林選手がインターセプト!
このチャンスを、

WR9番太田選手がロングパスキャッチ、タッチダウン!57yd!
[クラブアイランズ 13-21 トライスターズ]
これに勢いづき、次の攻撃でも、

SB34井橋選手、

RB33番浅井選手、

SB13番山本選手が変幻自在に走り抜け、

さらに鮮やかにパス攻撃展開し、

WR13番山本選手がタッチダウン!
[クラブアイランズ 13-27 トライスターズ]
大きくリードする展開となる。

この時点で既に4Qに入っており、通常ならこのまま終了となる流れだが、
クラブアイランズ、ここから驚異の巻き返しみせる。
まずはこの人が動く。



本日好調のWR6番加藤選手が立て続けにパスを取り、

そのまま自らがタッチダウン!
[クラブアイランズ 20-27 トライスターズ]
TD1本差にし、さらに直後のディフェンスで、

DL52番宮本選手がQBサック(パスQBを倒す)決め、
トライスターズオフェンスを寸断!
残り時間3分切ったが攻撃権獲得。おそらく最後となる攻撃で、

RB23番金城選手、

甲子園ボウルMVP RB2番林選手、

WR6番加藤選手とつなぎ、

最後もWR6番加藤選手でタッチダウン!
[クラブアイランズ 27-27 トライスターズ]
同点となる!

が。
既にこの時点で殆ど時間が無くなり、

試合終了。
[クラブアイランズ 27-27 トライスターズ]
両者引き分け、となりました。


ともに全勝で迎えた天王山は、見応えある好ゲームとなりました。
今季台風の目となっているトライスターズが勢いそのままに走り抜けるか、
と思われましたが、昨年優勝チームであるクラブアイランズが地力を見せた一戦でした。

ともあれ雌雄を決するのは最終節の結果となります。
双方とも奮闘期待します!

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181464326
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック