★ブログランキング参加中。良ければクリックお願いします☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★取材支援に、ブログのブックマーク、Youtubeお気に入り登録もお願い致します☆
Youtubeチャンネル登録_短縮URL→http://urx3.nu/M1Zp
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png

2017年11月05日

【アメフト】2017XリーグDiv3west[愛知ゴールデンウィングス vs オーパーツ福岡SUNS]

九州よりのX1への使者。試練の11月3番勝負となる。
その初戦。

まさか、の展開。



【ダイジェスト】
下馬評は春優勝の福岡優位であったが、
愛知オープニングドライブ、

エースQB7番長濱選手、WR1番勝本選手のホットラインが炸裂。

ロングパス一閃、先制タッチダウン!
[愛知 6-0 福岡]
機先を制する。

これに動じたか福岡は、

処々にミスあり繋がらない。
逆に愛知は、

QB7番長濱選手、福岡ディフェンス相手に
堂々の風格を見せるパフォーマンス。
流石不動のエース。
本節まで出場なかったが登場した途端、場の空気を掴む。

状況打開に福岡、地上戦に舵を切る。



RB26番深江選手、RB24番久野選手が切り開き、

出来た隙をWR13番吉田選手がタッチダウン!
[愛知 6-7 福岡]

これで落ち着いたか、福岡、

ディフェンスも好循環で好プレー出始める。
しかし愛知も譲らず、

SF17番増田選手、パスをインターセプト(パス奪取)!
これに対し福岡も、

SF37番栗山選手が逆に愛知パスをインターセプト!
流れを引き戻し、



WR23番小原選手、WR1番安田選手がキャッチで繋いで、

WR16番岩永選手がタッチダウン!
[愛知 6-14 福岡]
福岡リードで前半を終える。

後半は、双方攻守ともに拮抗。



愛知はQB7番長濱選手のランを絡め、

福岡はWR8番尾花選手を加えてパスの厚みを増すも、互いに決め手を欠く。

しかし総合力で上回る福岡が徐々に押し出し、

PRとなったWR16番岩永選手の好リターンもあり、相手陣深くに攻め込んで第4Qへ移る。

ここで、試合は急激に動く。

福岡、愛知陣残り1ydまで攻め込んだ攻撃で、愛知、

CB24番水谷選手がインターセプト!そのまま独走し99ydタッチダウン決める!
[愛知 12-14 福岡]
さらに直後のTFP(トライ・フォー・ポイント:タッチダウンの後の1プレー)で、

QB7番長濱選手、プレー成功!2点を加え、
[愛知 14-14 福岡]
同点!振り出しに戻す!

試合の終了が見え始めた状況での急展開に、会場の空気が泡立つ。

再び場を戻そうとする福岡、この動揺を愛知が見逃さない。

SF22番安田選手、インターセプト!断ち切る!
そして、直後、

QB7番長濱選手、WRに入った、その22番安田選手にロングパス一閃!
タッチダウン!93yd!
[愛知 20-14 福岡]
逆転なる!

試合時間残り少なくなっての苦境になり、福岡、返しのオフェンスに入る。
おそらくチャンスはこの攻撃機会1回のみ!
ファーストダウン(攻撃1回目)!

なんとQBサック!(QB倒される)
愛知DL86番野田選手、圧倒する!
セカンドダウン(攻撃2回目)残り21yd。

今度はオフェンスのパスインターフェア!(パス妨害)
大幅に罰退を受ける。
セカンドダウンやり直し、残り31yd!

失敗!攻撃更新に31yd必要。通常の3倍!チャンス2回!
悲壮な空気が流れ出す。
サードダウン(攻撃3回目)!

福岡、反則!さらに罰退する!
サードダウンやり直し、攻撃更新、要35yd!

失敗!チャンス1回のみ!
要35yd変わらず!現実的に更新ありえない距離。
が、試合時間はもうほぼない。放棄する時間もない。
絶望的な・・・フォースダウン(最終攻撃)!

失敗!!攻撃終了!!

この攻撃で失った距離も大きく、攻守交替時点で既に福岡陣深い位置となる。
あと数yd愛知が進めば加点となる。そうなるとほぼ、覆りようなく決まる。

あと1yd。

この時。









福岡、値千金のプレーが生まれる!
LB5番梅谷選手、愛知エースWR1番勝本選手へのタッチダウンパスを執念でパスカット!
そのチップしたボールは、CB25番中北選手の胸に収め、、、
インターセプト!ターンオーバー成る!
福岡、土壇場の土壇場で攻撃権奪取!

本当に最後のチャンス!福岡、決死の行進!

決める!

焦る!が、しかし、

決める!

走る!
愛知とも戦う。時間とも戦う。
志と期待と、それを失いかねない恐怖とが綯い交ぜに迫る緊張感が伝わる。
その中を、

決める!

決める!!

そして、



タッチダウン!!!
[愛知 20-21 福岡]
福岡、逆転成る!!

歓喜に沸き立つ福岡。
しかし差は1点。愛知、残る時間で反撃図る。

これを福岡CB25番中北選手がインターセプト!断ち切った!


試合終了!
[愛知 20-21 福岡]
オーパーツ福岡SUNSの勝利、となりました!


勝利したオーパーツ福岡SUNS、敗れた愛知ゴールデンウイングス、
その双方ともに、この勝負にかける本気を肌で受ける見事なものでした。
この場に立ち会えた事が、とても幸せでした。
これからも見守って行きたいです。
どちらも是非とも、これからも奮闘される事を期待します!


ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 14:00| Comment(4) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
初めまして。

会社なので、動画は見れないのですが、それでもスゴい臨場感(笑)
エキスポに行かなかったのを、残念に思います。
一位争いの相手は、おそらくベアーズ。
(その前にもう一試合ありますが。)
相手も、春とはまた違うチームになっているかと。
残り二試合がんばって欲しいものです。

PS.写真のXFLボールですが、サイン入りで、私も持っております(笑)
Posted by MAX27 at 2017年11月08日 15:06
MAX27 様


コメント有難うございます。
おぉー、サイン入りのXFLボール!さらにレアモノお持ちですなー♪
上には上がいるもんだw;

このような試合に巡り合うのは滅多にないです。
心中お察ししつつ、事あるごとに足蹴く観戦出向けば意外に巡り合えるものです(^^)ゞ
来節(vs岡山戦at広島広域第二)、最終節(vsベアーズat王子st)、
いずれも好ゲーム期待の必見モノだと思っています。
私は特に、vs岡山戦を要注目してます。
今季スケジュール見て、波乱あるとすればココだ、と思いました。
もし観戦できれば、またここでレポート致します。
Posted by りちゃ。 at 2017年11月08日 22:56
オーパーツ福岡SUNS 様


この度は勝利しましておめでとうございます。
死闘をくぐり抜け、昇格への道をつないだ執念、見事でした。
この勝利の殊勲者、私の見立てでは、
愛知必勝のドライブを止めたインターセプトタッチバックを生み出した、
LB5番梅谷選手のあのパスチップだ、と思っています。
この試合のMIPでしょう。
あのプレーは完全にしてやられたプレーでした。
エースWRとLBのマッチアップを用意され、さらにプレーアクションを交えたパスでしたので、
通常なら文句なしに決められていたプレーです。
これをかろうじて遮ったのは、ひとえに梅谷選手の意地と執念だったと感じました。
あの状況でボールに触れることが出来たのは、その一点であったと思っています。
それが通じた奇跡です。大事にして下さい。
今季2部昇格の悲願に繋がる一事となる事を期待します。
有難うございました。
Posted by 「オーパーツ福岡SUNS様へ」りちゃ。 at 2017年11月09日 00:25
愛知ゴールデンウイングス 様


この度の素晴らしい戦いぶり、大変感動しました。
素晴らしいの一言に尽きます。ありがとうございました。
ブログにてUPしました選手皆様の奮闘ぶりもさることながら、
私は、チームの首脳陣の皆様こそがMVPだ、と思っています。
思うに今日への段取りは、春トーナメントで対戦する事が決まってから始めていたのでは?
と見ています。
2部昇格時含め、中心であったエースQB・WRが、
今日の試合まで出場していなかったからです。
春対戦時にベンチにオンスーツしていない時点で不審でしたし、
秋シーズン始まっても登録あれど不在でいよいよ不審でした。
仕事の都合と考えるのも妥当なのですが、双方ともなのは・・・?
その疑念は、開始前のウォームアップで確信しました。
してやったのだ!と思いました。
そして開始早々にタッチダウン。さらにスペシャルフォーメーションの投入。
春の対決で、福岡に自分たちを低く見積もらせ、
狂わせた目算を立てさせた上たたく。
番狂わせ一歩手前まで追い詰めた数々の万端の準備、お見事でした!
※単なる邪推、思い込みでしたら失礼しますw;
 そう思いたくなるほどお見事だったからです。
あのタッチバックとなったプレーも、選択としては最善最良だったと思います。
通常なら決まります。
不運にもありえない賽の目が出てしまった事が、さぞ無念だったでしょう。
そう共感できる程、お見事でした!

今後もさらなる奮闘、期待しています!
Posted by 「愛知ゴールデンウイングス様へ」りちゃ。 at 2017年11月09日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: