Cerevo ライブ配信 LiveShell 2 HD H.264 SD録画 CDP-LS03A


★ブログランキング参加中。良ければクリックお願いします☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村

2017年11月11日

【アメフト】岡山スタンディングベアーズvsオーパーツ福岡SUNS[XリーグDiv3west]

備前の雄、岡山スタンディングベアーズ。
相手は飛ぶ鳥落とす九州の新鋭、オーパーツ福岡SUNS。
場所は広島。厳島合戦の再現、なるか!?


【ダイジェスト】
序盤は互いに手探りで展開。
その攻守切り替わりのパントで、

福岡主将P6番吉野選手が好パントで岡山を自陣深くに押し込む。
しかしこの窮地に岡山も、

3ダウン(3回目)の攻撃で、あえてパントをする奇手で陣地挽回し、互いに知略駆使し譲らない。

そこを福岡が推し進めようとするも、

岡山89番がパスをインターセプト(パス奪取)し阻む。
この拮抗はしかし、このプレーから動く。

岡山、パントの際、痛恨のミス!
大きく陣地を失い、福岡の攻撃となる。

このチャンスを福岡、

WR1番安田選手が確実に先制!
[岡山 0-7 福岡]
先手を取ることに成功。
この後も立て続けで、



TE15番小林選手、WR11番河北選手とつないでタッチダウン!
[岡山 0-14 福岡]
リードを拡げる。

状況打開したい岡山は、

エースRB3番芝選手のランで突破図るが、

勝負の4ダウンギャンブル(4回目攻撃敢行)を失敗し解消できない。

逆に福岡は、この前半残り時間少ないオフェンスで、

WR1番安田選手、

WR8番尾花選手、

WR16番岩永選手とつないで、

K6番吉野選手のFG(キック加点)へと結びつけ、前半終了。
[岡山 0-17 福岡]

後半は岡山のキックオフから再開。
そのキックオフで、

岡山、オンサイドキック
(キックオフキックをわざと短く蹴り、自分たちで確保して攻撃権を奪うプレー)
に成功する。
この奇襲を活かすべく奮闘するが、

これを福岡LB51番近藤選手が好タックルで阻む。

それに応える福岡オフェンス、

RB26番深江選手のラン、

WR18番村瀬選手のキャッチで繋ぎ、

QB4番前田選手がタッチダウンする。
[岡山 0-24 福岡]

この時点で人数差による影響が出始め、岡山のペースが落ち始める。
そこを福岡が怒涛の勢いでタッチダウン重ねる。

WR16番岩永選手がパスキャッチと、

パント時のファンブルリカバーからタッチダウン。

地上戦でもRB26番深江選手が、

さらに直後のキックオフでも相手ボールを奪い、DL96番原選手がタッチダウン。

このままの展開で試合終了。

[岡山 0-52 福岡]
で、オーパーツ福岡SUNSの勝利、となりました。


終わってみれば、福岡圧勝という結果でしたが、
序盤の展開はかなり拮抗した内容でした。
岡山としては今日の試合に応じられる人員が確保しきれなかった事が痛恨でしょう。
明らかに人員薄でした。
これは社会人チームとはいえ、アマチュアの宿命とも言える事なので、やむを得ないと思います。
願わくば台風による順延でなく、本来の岡山開催の日程で観たかった対戦でした。

ともあれ福岡は、無傷の全勝で最終節を迎えます。
相手は奇しくも春トーナメントの決勝の相手であった、クラブベアーズ。
ともに全勝での優勝決定戦です!
日時は今週末11/18。場所は王子スタジアム。
必見の大一番!好ゲーム期待したいです。

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 15:30| Comment(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: