★ブログランキング参加中。良ければクリックお願いします☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★取材支援に、本ブログのブックマーク、Youtubeのお気に入り登録もお願い致します☆
Youtubeチャンネル登録_短縮URL→http://urx3.nu/M1Zp
※QRコードをクリックするか、バーコードリーダーで読み込むと登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png

2018年09月02日

【アメフト】2018XリーグDiv3[広島UCSホークス × 三重ファイアーバード]

ともに遠方地故の苦難を超え、今年も参戦。
広島は昨季の好成績が本物かどうか。
三重はかつて入替戦出場した往時を再現できるか。

[LIVE録画]



[ダイジェスト]
最初の広島の攻撃。1プレー目で、

三重CB13番前川選手(駒沢大)がいきなりインターセプト(パス奪取)を決める。
直後の攻撃も、

QB9番日光選手(北海道工業大)のオプション攻撃(QBが状況に応じて自身かRBかのランを判断するプレースタイル)を巧みに操り前進する。
三重ペースで展開するかに見えたが、

DE51番福武選手(西南大)等、広島ディフェンス陣が素早くアジャストしてその流れを封じる。
逆に広島攻撃陣は、



エースRB33番河野選手(吉備国際大)や、

QB3番近藤選手(日本大)のランで着実に前進。
広島オフェンスライン(OL)陣が三重ディフェンスを圧倒し、堅実なプレーを展開していく。
この流れで得点しようと4thダウン"ギャンブル"(4回目攻撃もプレー実施)を行うが、

これは失敗する。が、

三重の反撃をDL79番関根選手(明治大)のパスカット等で防ぎ、流れを渡さない。



再びQB3番近藤選手、RB33番河野選手のランで三重陣に迫るが、

三重CB81番布留選手(山形大)がインターセプトして、これを断ち切る。

ここで前半戦終了となり、
[広島 0-0 三重]
後半戦に移る。

後半も主導権は広島が取り、



好調のOL陣を活かしたQB3番近藤選手&RB33番河野選手のランを重ね、

そのままタッチダウンを決める!
[広島 6-0 三重]
さらにトライ・フォー・ポイント(タッチダウンの後の1プレー)で、2点を取りに来るプレーを選択。

見事に成功!
[広島 8-0 三重]
試合の均衡が崩れる。

状況を打開したい三重だが、



RB25番鈴木選手(富山大)のランも手詰まりとなり、

セーフティ(攻撃が自エンドゾーンで倒される自殺点)を献上してしまう。
[広島 10-0 三重]
これで試合は決する。


[広島 10-0 三重]
広島UCSホークスの勝利、となりました。

広島は、昨年2位の原動力であったラン攻撃が健在、むしろQB,OLの層が増した事で、より安定感が生まれている様に感じました。
それ以上に驚いたのがチームの人数で、いつも試合実施ギリギリでとなっていたチームが、他のチームと遜色ない程、豊富に人員を確保していました。
今年は明らかに優勝・昇格を狙える体制を作ってきたと感じています。
今夏豪雨など災禍に見舞われた広島の地ですが、それ故に優勝の2文字を掲げたいとの意気込みを感じられる試合でした。

三重もかつての広島同様、人員に苦しむ状況にありますが、その中でも今年はチームが機能して勝負できる体制になっているな、と感心しました。
特に攻撃が今の人材にマッチしたスタイルになった感があり、守備のみで奮闘していた昨年までとは異なる印象です。
久方に躍進できるかも、と期待できました。

双方とも今期はまだ始まったばかり。
本願成就となる様、奮闘される事を期待します!

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184319847
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック