★ブログランキング参加中。良ければクリックお願いします☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★取材支援に、本ブログのブックマーク、Youtubeのお気に入り登録もお願い致します☆
Youtubeチャンネル登録_短縮URL→http://urx3.nu/M1Zp
※QRコードをクリックするか、バーコードリーダーで読み込むと登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png

2018年10月21日

【アメフト】2018中四国学生アメフト[高知大学Marine Corps×愛媛大学Bombers]

共に大番狂わせを起こした両チームによる決勝戦!!
高知大は、悲願のリーグ初制覇へ、
愛媛大は、5年ぶり、かつ4位からの"Giant Killing"制覇をかけて、
激突!!結果は…、

[LIVE録画]


【ダイジェスト】
序盤、互いにディフェンスが仕掛けあい、

高知大LB81番高松選手(知徳)がQBサック(パスQBを投げる前に倒す)を決めれば、

愛媛大LB58番清水選手(福山誠之館)がパスを叩き落し、と拮抗した展開で始まる。
そんな中、高知大は、

P79番池之畑選手(清風)の好パント(キックによる攻撃放棄)で、じわじわと愛媛大陣に入り込み、



さらにRB36番浅田選手(岡山城東)がランで切り裂いていき、

好機を逃さず、WR11番堀田選手(旭野)がタッチダウンパスをキャッチ!
[高知大 7-0 愛媛大]
先制に成功する。
さらにその後もQB19番関戸選手(菅)のパスが冴え、

先ほどのWR11番堀田選手(旭野)の他、

WR5番大塚選手(真岡)、

WR18番伊藤選手(香寺)と次々にパスを通す。
試合は高知大優位で進んでいくと思われたが、

ディフェンスでDE22番牧原選手(瑞陵)がパスインターフェア(パス投球後の選手へのヒット:重大な反則)を犯し、乱れが生じる。
愛媛大、このスキをつき、

QB1番竹内選手(小野田)のランの後、

WR19番鎌倉選手(松山工業)へ79ydのタッチダウンパスを決める!
[高知大 7-7 愛媛大]
これにより一瞬にして試合は振出しに戻る。

息を吹き返した愛媛大が、今度は攻勢を取り、

RB27番寺田選手(大阪府立鳳)のラン、さらに、



HB4番岡本選手(福山誠之館)をフランカー(ラインの外側遠方のバックスに配置されたレシーバー)の位置に置いて、リバースプレー(全員と逆方向に走るカウンター)を展開するスペシャルアサイメントを披露し、高知大陣を切り開いていく。
このチャンスを得点にしたい愛媛大は、4th Downでギャンブル(4回目攻撃もプレー実行)を決行する!

しかし、これを既の所(すんでのところ)で高知大、凌ぐ!
ここで前半戦が終了となる。
[高知大 7-7 愛媛大]

攻守とも拮抗した戦いとなり、後半戦の展開も読めない好勝負となる。


後半最初の高知大攻撃、

RB9番西坂選手(松江南)が鮮やかにランで駆け上がるが、直後、

WR5番大塚選手(真岡)弾いたボールを、愛媛大CB23番桂川選手(岐阜県立中津)がインターセプト(パス奪取)し、断ち切る。
しかし直後の愛媛大攻撃を、高知大ディフェンス、

LB18番伊藤選手(香寺)、

LB4番馬屋原選手(府中)が立て続けにパスカットして阻み切る。そして、

RB36番浅田選手(岡山城東)、

RB9番西坂選手(松江南)が、

颯爽と駆け抜け、愛媛大エントゾーン(得点エリア)手前まで迫る。
が、ここで愛媛大、奮起。

LB57番溝渕選手(高松西)を始めとする、

ディフェンス陣が、その手前で、

懸命の粘りをみせ、食い止める。
ここで高知大は、リスク回避を優先とし、

FG(フィールドゴール:キックによる加点)を選択し、K5番大塚選手(真岡)が決める。
[高知大 10-7 愛媛大]
わずかではあるが、ようやく均衡が崩れる。

が。この状況になって、愛媛大は温存していたラン攻撃を展開し始め、

HB96番石川選手(生野)、

QB1番竹内選手(小野田)らバックス陣が、

怒涛の勢いで駆け抜ける。そして4th Downでのギャンブルを、

しかし、高知大ディフェンスが、ギリギリで止める!
再び緊迫する重苦しい状況の中、高知大、



RB36番浅田選手(岡山城東)、文字通り、踏み跨ぎ超えていく。そして、

その流れを活かさんと、WR4番馬屋原選手(府中)、WR11番堀田選手(旭野)が弾いたボールを執念でキャッチしつなぎ、

それをWR11番堀田選手(旭野)、今度こそはとタッチダウンパスにつなげる!
[高知大 17-7 愛媛大]
終盤にきての点差拡大に、愛媛大、トリックプレーで一気の挽回を狙う!

が、痛恨!
前半に好ゲインを見せた"FL(フランカー)"4番岡本選手のリバースからの、QB1番竹内選手(小野田)へのスペシャルプレーだったが、スリップ!
決まれば打開が期待出来たプレーだけに痛い!
が、粘る愛媛大は4th Downギャンブルを敢行するが、

それを高知大DE22番牧原選手(瑞陵)がインターセプト(パス奪取)し、断ち落とす。
愛媛大は最後の攻撃権を取り返さんと、高知大攻撃でタイムアウトを使い切り、時間を確保せんとしたが、

その思いをRB36番浅田選手(岡山城東)が切り裂いて、ジ・エンド。


[高知大 17-7 愛媛大]
高知大の勝利、
高知大学MarineCorps、中四国学生リーグ初制覇!、
となりました。

文字通り、決戦と呼ぶに相応しい好試合でした。
愛媛大も覇を競うに値する好チームでした。少人数ながら、フットボールへの挑み方を一番上手く体現出来ていた素晴らしいチームでした。
それを乗り越えて勝利し、優勝を果たした高知大は、さらに見事でした。
前年最下位、入替戦で降格の危機にあったチームが、翌年優勝を果たすというのは快挙と呼ぶに相応しいです。
成せるだけの地力を蓄えられた事も驚異ですが、昨年勝てなかった相手全てに勝ち上がって頂点に立ったという、心の強さが見事だと思いました。
この心、先入観を覆す、というのは、本当に容易な事ではありません。
それを成し遂げた事、この事を大いに称賛します。
本当におめでとうございます!
是非、中四国学生の代表として、甲子園に向けて頑張ってください!

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184731050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック