★ブログランキング参加中。良ければクリックお願いします☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★取材支援に、本ブログのブックマーク、Youtubeのお気に入り登録もお願い致します☆
Youtubeチャンネル登録_短縮URL→http://urx3.nu/M1Zp
※QRコードをクリックするか、バーコードリーダーで読み込むと登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png

2018年10月27日

【アメフト】クラブホークアイ×大阪ガススカンクス[2018XリーグDiv2west]

いよいよシーズンも佳境に迫ってきました。
ホークアイは優勝戦線への生き残りを、
大阪ガスは入替戦の当落選上の戦いに向けて、対決です!

[LIVE録画]
※この試合は第2Qからの中継です。

【ダイジェスト】
第1Qに先制したホークアイは、第2Q早々、

PR5番永吉選手(甲南大)が89ydのパントリターンタッチダウンを決める!
[ホークアイ 13-0 大阪ガス]
これ以上離されまいと大阪ガスも、

RB23番内ケ島選手(大阪教育大)のラン等で打開図るが、

これをホークアイDE92番白石選手(神戸大)がQBサック(パスを投げる前にQBを倒すプレー)で粉砕する。
これで大阪ガス沈黙する…かと思われたが、

WR11番平田選手(京都産業大)、

WR3番高森選手(関西大)と、土壇場の3rd Down Long(3回目攻撃ながら長い距離に挑む状況)をパスで突破。
もしかすると一太刀浴びせるかと思われたが、

流石に立て続けの突破とはならず、
[ホークアイ 13-0 大阪ガス]
で、前半を終了する。


後半もホークアイが押し気味に展開するが、大阪ガス、この劣勢をこの人が挽回する。



P36番"京大のレジェンド"田中重光選手(言うまでもなく京都大学!)の、絶妙のパントが失地した陣地を悉く挽回。試合を拮抗状態に引き戻す。
閉塞感に捕らわれるホークアイは、ここで、

SB5番永吉選手(甲南大)のフリーフリッカー(一旦バックスのランを行い、そこからパスに転じるトリックプレー)を敢行するが、決まらない。
このうちに大阪ガスは追い付きたいが、

MLB33番吉澤選手(関西学院大)のQBサック(パスを投げる前にQBを倒すプレー)や、

LB91番宮選手(追手門学院大)のパスカットに阻まれ進まない。
このまま試合終了となるか、と思われたが、その終了間際、



大阪ガスWR11番平田選手(京都産業大)が立て続けにビックキャッチを決めて、ついにタッチダウンを奪う!
さらに、

直後のトライ・フォー・ポイント(タッチダウンの後の1プレー)でRB23番内ケ島選手(大阪教育大)がエンドゾーンに駆け込み、2点を獲得する!
[ホークアイ 13-8 大阪ガス]
大阪ガスがもう一つタッチダウンを獲ると逆転。しかし時間はほぼない。
可能性は、オンサイドキック(短いキックで自身が攻撃権を確保するキックオフ)のみ!
結果は…

失敗!
ここで勝負あり。


[ホークアイ 13-8 大阪ガス]
クラブホークアイの勝利、となりました!


終わってみれば戦前の予想通りの結果、と言えますが、大阪ガスの予想以上の健闘が目立ちました。
これは優勝の可能性がほぼ望み薄となったホークアイの心境にもよるのでしょうが、むしろ前回の観戦でも感じた大阪ガスの地力が増した事を再実感しました。人材・戦略のいずれかに、もう一つ力が加われば、あるいは…と思わせる程の力量を感じます。
今期はほぼこのまま両チームとも終えていく事になるでしょうが、来期を踏まえた戦いぶりを期待したいと思います。

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184779656
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック