★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp

2019年05月05日

【アメフト】岡山大学×高知大学[2019第33回瀬戸大橋ドリームボウル]

岡山の春に定着する「瀬戸大橋ドリームボウル」。
今年のカードは、地元岡山大学と、
大躍進を遂げた、昨年度中四国学生優勝校、高知大学の一戦となりました。



【ダイジェスト】
最初の攻撃は岡山大から。

RB20番佐相選手(3年:高松第一)のランを軸に、

着実に攻撃を進め、高知大陣に攻め込む。
対する高知大も押し返したいが、

こちらは岡山ディフェンスラインに潰され、自陣深くを脱せない。結果、

パント(キックによる攻撃放棄)の際、スナップ(最初のラインからのボール出し)が乱れ、セーフティ(自殺点)を献上してしまう。
[岡山大 2-0 高知大]

岡山大はこれに乗じていかんと、

さらにRB4番福原選手(3年:北須磨)のランも加え、圧力を高める。
岡山大が序盤を制した、かに見えた第1Q終盤、

岡山大、パント(キックによる攻撃放棄)の際に痛恨。
スナップ(最初のラインからのボール出し)をP89番横谷選手(2年:岡山芳泉)がジャッグル(お手玉)し、そこを高知大DL59番露口選手(4年:徳島城南)がパンドブロック!陣地を一気に回復する。
ここを高知大は攻め込みたかったが、

直後のパス攻撃を、岡山大OLB17番がインターセプト(パス奪取)!
反撃の隙を許さない。
しかし、息を吹き返すきっかけを得た高知大は、ようやくエンジンがかかり出し、

RB9番西坂選手(4年:松江南)が、

立て続けに好走する。
そして、FG(フィールドゴール:キックによる加点)を狙うが、

K88番井出選手(2年:長崎東)、決めきれない。

が、勢いはディフェンスにも伝わり、



DE59番露口選手(4年:徳島城南)を軸に堅守を見せ始める。

岡山大も負けじとOLB47番西倉選手(4年:三田学園)がQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)を決め、

応ずるように、高知大DE59番露口選手(4年:徳島城南)もQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)を決め返す、と互いのディフェンス陣が奮闘したままに、前半戦を終える。
[岡山大 2-0 高知大]

セーフティのみの得点、と膠着したままの拮抗した試合展開にあり、主導権の読めない展開となって、後半戦に移る。

後半は高知大の攻撃から始まり、いきなり、

RB36番浅田選手(2年:岡山城東)が好走をみせ、

続けざまにWR4番馬屋原選手(4年:主将:府中)へのパスがヒット。この攻撃を、

RB9番西坂選手(4年:松江南)が鮮やかに駆け上がり、タッチダウン!
[岡山大 2-6 高知大]
高知大、逆転に成功する。
この後、再び膠着状態となるが、第4Qに入り、

WR4番馬屋原選手(4年:主将:府中)のビックプレーが飛び出し、一気に岡山大陣に攻め入り、

K88番井出選手(2年:長崎東)のFG(フィールドゴール:キックによる加点)に繋げて加点する。
[岡山大 2-9 高知大]
残り時間も少なくなる中で差を拡げられた岡山大は、

WR43番枩倉選手(4年:滝川)や、

WR84番品部選手(4年:今治東)へのパス攻撃で切り開き、

ついにタッチダウンを奪う!
[岡山大 8-9 高知大]

ここで一気に逆転すべく、TFP(トライフォーポイント:タッチダウンの後の1プレー)でキックの1点でなく、プレー成功での2点を狙いにかかる!

が。これは失敗に終わる。
それでは、と、直後のキックオフでオンサイドキック(敢えて短く蹴り出し、ボールの所有権確保を狙うギャンブルキック)を敢行。

が、これも失敗に終わり、万策尽きる。



[岡山大 8-9 高知大]
高知大学マリンコーズの勝利、となりました!



序盤の展開から岡山大優位になるかと思われましたが、高知大学も途中から対応し、拮抗した素晴らしい試合となりました。
また高知大学が勝利した事にも驚きました。
私見では、ここ数年、中四国勢が勝つ展開になる事は無かった事、昨年中四国を制した高知大学も中心世代が卒業して再建期であろうと想像していた為、難しいだろうと見ていました。
その様な懸念は杞憂だったと反省しつつ、高知大学が相応しい地力を持っている事を再認識致しました。
今年も中四国は面白そうです(^^)。

岡山大学もこの結果は予想外だった事でしょう。おそらく部内で議論重ねる結果となってしまったはずです。
救いは、これが真価を問う秋ではなく、研鑽の時である春であった事でしょう。
いい意味で学び直す機会を得た、として受け止めてほしいものです。

双方とも、今秋、悔いのないシーズンとなる様、頑張って下さい!

ではではー^^)/。

***************************************************
全中継をこちらに掲載します。

【LIVE録画】

posted by りちゃ。 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185920731
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック