★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp

2019年05月12日

【アメフト】クラブベアーズ×リードエフォートエールズ[2019Xリーグ春トーナメント]

この日の2試合目は、新鋭と古豪の対決となります。
勝つのは勢いづくエールズか!?
はたまたベアーズが迎え撃つか!?


【ダイジェスト】
序盤、勢いを見せたのは、エールズディフェンス陣。

DT78番志波選手(高知大)、

WR4番小林選手(追手門学院大)が激しいタックルを決め、

DT51番高木選手(摂南大)がパスを叩き落とす等、リズムを作っていく。
それがオフェンスにも伝播し、

WR19番左近選手(摂南大)がタッチダウンを決め、先制する!
[ベアーズ 0-6 LEエールズ]

対するベアーズも、

WR2番末谷選手(大阪学院大)へのパス等で反撃するが、

QB8番稲葉選手(京都大)のパスを、エールズSF19番左近選手(摂南大)がインターセプト(パス奪取)して攻撃権を奪取。直後、

エールズQB18番織田選手(大阪産業大学付属高)がWR22番長瀧選手(摂南大)へのロングパスでタッチダウンする!
[ベアーズ 0-13 LEエールズ]
エールズが大胆な攻勢をかけ、主導権を取る。
この流れに動揺したかベアーズは、

オフェンスでボールをファンブルし、エールズに攻撃権を奪われる。
チャンスを得たエールズは、

RB1番山田選手(明治東洋医学専門校)のラン等で着実に前進。

K10番奥田選手(摂南大)のFG(フィールドゴール:キックによる加点)で得点を重ねる。
[ベアーズ 0-16 LEエールズ]
さらに、

RB26番清水選手(高知大)の81ydロングランタッチダウンも飛び出し、圧倒していく。
[ベアーズ 0-23 LEエールズ]
状況が厳しくなるベアーズも前半終了間際に、

RB45番川端選手(北大津高)のランや、

WR89番佐藤選手(大阪体育大)へのパスで反撃するが、

エールズDE51番高木選手(摂南大)、DE58番藤本選手(追手門学院大)によるQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)を決められて寸断され、前半戦を終える。
[ベアーズ 0-23 LEエールズ]

後半も開始からエールズが、

PR22番長瀧選手(摂南大)のパントリターン、

WR10番奥田選手(摂南大)へのパスで前進し、

RB26番清水選手(高知大)のランでタッチダウンし、突き放す。
[ベアーズ 0-31 LEエールズ]

これで試合が決したかと思えたが、ここからベアーズ、

WR82番寺崎選手(大阪体育大)へのパス、

RB24番峯選手(摂南大)のラン、

QB8番稲葉選手(京都大)のラン、と攻撃が機能し始め、

WR82番寺崎選手(大阪体育大)がタッチダウン。
[ベアーズ 7-31 LEエールズ]
さらに次の攻撃も、

RB24番峯選手(摂南大)のラン、

WR82番寺崎選手(大阪体育大)へのパスとつなぎ、

RB24番峯選手(摂南大)のタッチダウンランに結びつける。
[ベアーズ 14-31 LEエールズ]

試合終了まで時間も残り少なくなる中、追いつきたいベアーズはオンサイドキック(敢えて短く蹴り出し、ボールの所有権確保を狙うギャンブルキック)を敢行。

が、失敗に終わり、攻撃権を得たエールズは、



着実に時間を消費する事に成功。



[ベアーズ 14-31 LEエールズ]
リードエフォードエールズの勝利、となりました!


序盤から攻守で圧倒し、主導権を取ったエールズが勝ちを納める形となりました。
が、終盤にかけて失速し、ベアーズの反撃を許した事は、今後の課題となるでしょう。
私見では要因は、チームの特色でもある平均年齢20代前半という若さを武器としたスピート重視の人員からくるペース配分にあると見ています。試合自体が拮抗している場合などは緊張感等から維持出来るモノですが、一旦気持ちのハリが解けると低下してしまい、相手につけいられてしまうのがスピード重視型の難点です。
野球の剛速球投手が序盤は圧倒するも、途中から速度が落ち、また相手が速度に慣れてきて打たれるのと同じ現象でもあります。
これを何らかの手法(人員増強、ペース配分調整、チェンジオブペース等)で克服する事が求められるでしょう。

逆にベアーズは、敗れたとはいえ、終盤にかけての戦いぶりは流石でした。
老獪な、と言っては失礼かもしれませんが、長年戦ってきた武士(もののふ)の巧みな試合配分は、まだまだ侮れない凄みを持っていると思いました。

どちらもまだ春の調整段階。
ここから秋の本番に向けて、更なる研鑽を積んでいくと思います。
ブロック編成次第ではありますが、もし秋に対決あるならば観てみたいものです。
ともに頑張って下さい!

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 14:30| Comment(2) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見しております!
この試合はダイジェストじゃないビデオはアップロードされないんでしょうか?

マイカル時代からのファンで見たいなと思いまして汗
Posted by けんご at 2019年05月22日 22:41
けんご様

コメントありがとうございます。
申し訳ありません。この日の全中継録画は記録出来ていないのです。

カメラを買い替えた際に、通信データ量増加するという問題が生じたのですが、対応する為に導入したWi-fiルータの設定を誤り、利用制限がかかってしまいました。
その為、動画を中継する為に必要な速度を得られず、録画自体が失敗したのです。

機器更新に伴うトラブルの為、ご期待に沿えず申し訳ないのですが、改善していくように努めます。
ご容赦下さいます様、お願い申し上げます。
Posted by りちゃ。 at 2019年05月22日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185985490
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック