★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp

2019年06月02日

【アメフト】マーベアーズ×エコリングJ-STARS[Xリーグ2019春トーナメント]

今春の九州地区トーナメントを制したのは、マーベアーズ。
昨年に続きEXPOへと駒を進める。
対するは、昨期X2再昇格を決めたエコリングJ-STARS。
屈辱のX3降格を強いられた相手は、最速X1昇格を成し遂げた、九州の福岡SUNS。
因縁の九州勢を、今年の初戦で迎え撃つ。

【ダイジェスト】
この試合が今春最初の試合となるエコリングは、

開始のキックオフで、KR88番國田選手(甲南大)がファンブルする等、ぎこちなさが序盤目立つ。その間隙を突く様に、マーベアーズディフェンス陣、





好プレーを魅せて、エコリングオフェンスを封殺する。
エコリングも負けじと、

OLB31番中野選手(大阪芸術大)がQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)を決めて応戦。
拮抗したまま前半戦を終えるかと思われた矢先、

マーベアーズCB2番久保田選手(東海大)が渾身のタックルでファンブルを起こし、LB7番勝嶋選手(龍谷大)がボールを奪うビックプレーが飛び出す。
このチャンスにマーベアーズQB12番垣内選手(大阪経済大)、タッチダウンを狙ってロングパスを投じる。

が、これをエコリングCB25番古郷選手(徳島大)がインターセプト(パス奪取)して攻撃権を再奪取。
今度はエコリングが押し返す、

と思われたところ、すかさずマーベアーズCB2番久保田選手(東海大)がインターセプト(パス奪取)を決め返し、再々奪取。

が、その返しのオフェンスを、エコリングDE11番朝倉選手(立命館大)がQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)して、さらにファンブルを誘い、DL66番畑選手(大阪産業大)が再々々奪取して、時間切れ。
[エコリング 0-0 マーベアーズ]
波乱の展開のまま、前半戦を両者無得点で終える。

後半戦に入っても、互いのディフェンスの活躍が目立つ。

エコリングLB23番森岡選手(大阪芸術大)がQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)を決めると、

マーベアーズもエコリングの4th Downギャンブル(4回目攻撃権でも攻撃続行)をSF43番森選手(熊本大)がインターセプト(パス奪取)する、という状況で譲らない。
地力からエコリングがやや優勢に進めては行くが、その中、



マーベアーズP2番久保田選手(東海大)が鮮やかなパント(キックによる攻撃放棄)を決め続けて陣地を回復する。さらに、

DE79番日浦選手(九州大)、

CB41番渡辺選手(熊本大)等が鮮やかなタックルを決め、

CB2番久保田選手(東海大)がインターセプト(パス奪取)する等、奮闘。

これによりエコリングも起点とすべきパス攻撃が機能しなくなり、均衡が崩れないまま試合は終盤にもつれていく。
いよいよ延長戦も視野に入り始めた試合終盤、エコリングは4th Downシチュエーションで、突破図るギャンブル(4回目攻撃権でも攻撃続行)を敢行。

見事にWR88番國田選手(甲南大)にパスを通し、ギャンブル成功。
ここでようやく双方に破断点が見え、エコリングは、

RB7番久司選手(関西学院大)のラン、

WR97番廣瀬選手(大阪教育大)へのバスで前進。

そしてRB7番久司選手(関西学院大)がタッチダウンを決め、ついに均衡が崩れる。
[エコリング 7-0 マーベアーズ]

さらにマーベアーズの返しの攻撃を、

CB25番古郷選手(徳島大)がインターセプト(パス奪取)し、

WR97番廣瀬選手(大阪教育大)、

WR9番宮城選手(関西大)、

WR88番國田選手(甲南大)のレシーバーユニットで追加点のタッチダウンを挙げる。
[エコリング 14-0 マーベアーズ]

これにより大勢が決まり、


[エコリング 14-0 マーベアーズ]
エコリングJ-STARSの勝利、となりました!


守備戦とはいえ、終盤まで試合の動向が決まらない、緊迫した試合となりました。
一つの要因は、エコリング攻撃が思いの外に機能しなかった事が考えられます。
エコリングとしては、これが今期の初戦で、新陣容で挑むに辺り、色々と調整やペース配分の確認等、手探らなければならないもどかしさを醸し出していました。ここに九州地区を勝ち上がってきて、既に本格の活動体制になっていたマーベアーズと相対したので、場の勢いが違っていました。核としたショートパスアタックが機能しなかった要因だと思います。
次からは今秋の本番で、実際にX2の覇権を争う同一Division内チームと対するので、早く整えてほしいものです。
マーベアーズは、惜しい試合を逃しました。
攻撃に、軸となるプレーを見つけ出していれば、勝てた試合だったと思います。さぞ悔しかったろうと思います。
聞くところだと、本来のフルメンバーでは対する事が出来なかったそうなので、止む無しなのかもしれません。
しかし、それらを考慮しても大健闘であった事は周知の事です。
是非、再度の研鑽を経て、まだ挑んできてほしいものです。

双方とも激闘、お疲れさまでした!

ではではー^^)/。

*************************************************************
全中継録画は、こちら。

[LIVE録画]
posted by りちゃ。 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186078419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック