★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp

2019年06月16日

【アメフト】クラブホークアイ×エコリングJ-STARS[2019Xリーグ春トーナメント]

Xリーグwest春恒例の「ジュニアトーナメント」準決勝2試合目。
ともにかつてはX1で戦った強豪の対決。
現状はX2強豪チームと今期X2復帰となったチームの対戦ではあるが、
その雄姿を見せるのは、はたしてどちらか!?




【ダイジェスト】
静かな序盤を経て、最初に得点の機会を得たのは、ホークアイ。

WR4番中川選手(関西大)へのパス、

QB3番永吉選手(甲南大)のランでエコリング陣に攻め入り、FG(フィールドゴール:キックによる加点)の機会を得る。

しかしK93番田畑選手(中京大)、これを決められず無得点は変わらず。

再びチャンスを得ようと、RB41番佐藤選手(大阪市立大)が切り込みかけるが、

その刹那にエコリングLB55番沼野選手(大阪体育大)がインターセプト(パス奪取)を決め、逆に攻撃権を奪い取る。
この機会にエコリングは、

WR9番宮城選手(関西大)、

WR17番越智選手(大阪市立大)へのパス、

RB7番久司選手(関西学院大)のランで攻め込むが、

K2番若林選手(桃山学院大)のFG(フィールドゴール:キックによる加点)は失敗。
このまま双方無得点のまま、前半戦を終える。



後半戦も白熱した攻防が続く。まず攻撃権を得たホークアイが、

QB3番永吉選手(甲南大)のラン、

WR81番麻生選手(神戸大)へのパス、

RB41番佐藤選手(大阪市立大)のランで前進していくが、



これをエコリングLB1番浜田選手(桃山学院大)が渾身のタックルを決めてファンブルを誘い、DT66番畑選手(大阪産業大)がボールを奪取。ホークアイの突進を食い止める。
ここからエコリングの反撃…と思われた矢先、

そのQB8番杉谷選手(大阪体育大)のパスを、ホークアイLB5番小野選手(関西学院大)がインターセプト(パス奪取)。そのままタッチダウンするビックプレーを決める。
[ホークアイ 7-0 エコリング]
試合の均衡を崩したのは、ホークアイのディフェンスから、となった。

これにより気を優位にしたホークアイは、



さらにQB3番永吉選手(甲南大)、RB41番佐藤選手(大阪市立大)のラン等で攻め入っていくが、

K93番田畑選手(中京大)、FG(フィールドゴール:キックによる加点)を失敗し、加点ならず。
が、勢いは止まらず、



巡ってきた攻撃権で、ホークアイは再び押し出していき、

3度のFG(フィールドゴール:キックによる加点)チャンスを、K93番田畑選手(中京大)、ついに成功させ、加点とする。
[ホークアイ 10-0 エコリング]

エコリングは奮闘するも、状況の打開を図る事が出来ず、

ホークアイLB5番小野選手(関西学院大)にこの日2本目のインターセプト(パス奪取)を奪われる等で封殺されたまま、

試合終了。

[ホークアイ 10-0 エコリング]
クラブホークアイの勝利、となりました!


ともにX1経験を持つチーム同士の対戦でしたが、終わってみると近年の立ち位置・力量差がそのまま出た試合結果となりました。
とはいえエコリングも、ディフェンスに関しては引けを取っておらず、

このCB29番藤原選手(佛教大)のタックルの様に、見るべき素晴らしいプレーが、多々見られました。
懸念はオフェンスが上手く機能していないという点でしょう。
ここまでの試合を観る限り、どうやらかつてのSanFransco49ersを始めとしたウェストーコースト・オフエンスを意識したショートパス中心のスタイルを構築しようとしている様です。ラインの人材やRB陣の陣容等を考慮してかと想像していますが、まだ浸透していないのでしょう。
このスタイルのカギは、レシーバー陣の肉体的・精神的なタフさです。キャッチ後に常にハードヒットを受ける状態となるので、体が一瞬で壊されるかもしれない恐怖がある事を当然として、ボールを漏れなくキャッチし続けるタフさ、捕球技術、精神力が全員に要求されます。タイプとしてはスピート、クイックネスのある選手よりも、サイズ、ウェイトのあるTEやパワータイプのRBであるFBタイプが望ましく、体の鍛錬とメンテナンスの他、常時特攻状態でも良しとする精神力、それ以上にボールを寄越せと主張する場違いな程のエゴイズム、です。
これらを身に着ける、あるいは身に着けた人材を手に入れる事が重要となるでしょう。

クラブホークアイは、さすがX2上位勢という力量を示しました。点差以上の安定感は堅持していると見ています。とても友好的なチーム環境なのだろうと思いますが、和気藹々(わきあいあい)とした賑やかさの良さと、そこから生まれるミスへの寛容さがあり、勢いに乗る乗らないの差の激しさ、チーム特有のキメの粗さになっていると見ています。これらの長短を上手く乗りこなせるかに注目したいと思います。

ではではー^^)/。


*************************************************
全中継は、こちら。

[LIVE録画]
posted by りちゃ。 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186135483
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック