★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2019年09月14日

【アメフト】ブルーサンダース×バーバリアン[2019XリーグDiv2East]

2019関東アメフト観戦2試合目。
この両チームも、些少の縁と関心を感じているチームです。
ブルーサンダーズは、私の後輩、石井選手(当時WR。現在、2019JPFFチャンピオン 立川ファルコンズ オフェンシブコーディネーター)が活躍していたチームです。
対するバーバリアンは、年齢的にほぼ同年齢でありながら今でもスタートQBとして活躍している選手がいる、と聞き、負けずに頑張ろうと刺激を得ているチームです。
一度は直に、試合ぶりを観たいチームでした。
ワクワクしながら観戦です(^^)。






[ダイジェスト]
先に仕掛ける事に成功したのは、ブルーサンダーズ。

ディフェンスでDT90番原崎選手(立教大学)がQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)を決め、バーバリアン攻撃を寸断し、

WR17番森選手(産業能率大学)、

WR81番宅和選手(甲南大学)へのパスを決めて、得点のチャンスを得る。

しかしこのFG(フィールドゴール:キックによる加点)をK5番黒沢選手(城西大学)、外してしまい、無得点に終わる。

バーバリアンはここで反撃に転じるべく、

RB25番山口選手(成城大学)のランを展開していく。ここはパント(キックによる攻撃放棄)となるが、

この時、ブルーサンダーズPR24番山田選手(近畿大学)、ボールをファンブル!これをバーバリアンWR18番沢田選手(東京学芸大学)が押さえるビックプレーが出る。
この好機をバーバリアンは活かしたかったが、

すぐさまブルーサンダーズCB20番瀬口選手(明治大学)がインターセプト(パス奪取)を決めて攻撃権を奪還。
立て直したブルーサンダーズは、

QB27番大内選手(関西大学)が自らの脚を絡めて前進し、

WR14番坂本選手(東邦大学)へのパスでタッチダウンを奪い、先制する。
[ブルーサンダーズ 7-0 バーバリアン]

さらにブルーサンダーズは次の攻撃権で、

RB98番國府谷選手(慶應義塾大学)、

RB24番山田選手、

RB28番久保田選手(関西学院大学)、

RB2番原澤選手(東海大学)らのランでバーバリアンディフェンスを圧倒。

最後もRB98番國府谷選手のランで、追加点のタッチダウンを挙げ、前半戦を終える。
[ブルーサンダーズ 14-0 バーバリアン]


[BlueThundersCheerleader_HalftimePerformance]


[BarbarianCheerleaders_HalftimePerformance]

後半戦もブルーサンダーズオフェンスのランは好調で、

WR14番坂本選手のランも交え、多彩に展開。が、この流れに

バーバリアンDE99番木村選手(亜細亜大学)がQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)を決めて食い止めてから、

オフェンスでもWR18番沢田選手、

WR9番永田選手(慶應義塾大学)へのパスが通り始め、流れを作り始める。

これを食い止めんとブルーサンダーズDE77番鈴木選手(東京大学)がQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)を決めるが、

バーバリアンQB14番斎藤選手(東洋大学)、怯まずWR18番沢田選手、

WR9番永田選手にパスを通し、

見事タッチダウンに繋げる。
[ブルーサンダーズ 14-6 バーバリアン]

ブルーサンダーズはこれを突き放し返そうと、

WR14番坂本選手へのパス、

RB98番國府谷選手のランで押し返すが、

勝負処のギャンブル(4回目攻撃権でも攻撃続行)をバーバリアンディフェンスに止められ、攻撃権を喪失。
再度取り返した攻撃も、

WR14番坂本選手、

RB98番國府谷選手らが攻め上げるが、

バーバリアンDT77番福地選手(亜細亜大学)のQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)、

DE99番木村選手のファンブルリカバーにより封じられる。
この好機にバーバリアン、

見事、WR9番永田選手へのタッチダウンパスを成功させ、

直後のトライ・フォー・ポイント(タッチダウンの後の1プレー)をWR18番沢田選手がエンドゾーンでパスキャッチし、2点を追加する事に成功!
[ブルーサンダーズ 14-14 バーバリアン]
4Q半ばにして、試合を振出しに戻す。

ここでしかしブルーサンダーズ、1段階ギアアップ。

WR13番下谷選手(慶應義塾大学)、

立て続けにパスキャッチを決め、

RB24番山田選手がランで切れ込み、

終了間際にRB2番原澤選手のランでタッチダウンを決め、再度突き放す。
[ブルーサンダーズ 21-14 バーバリアン]

この時点で残り時間1分程度の状況になり、バーバリアンの勝機は潰えたかに思えたが、ここからバーバリアンオフェンス、

WR18番沢田選手が、

気迫のパスキャッチを決め続け、一縷の望みを築き上げる。
しかし、

タッチダウンを狙ったパスを、ブルーサンダーズSF43番岩間選手(慶應義塾大学)がインターセプト(パス奪取)して勝負あり。


[ブルーサンダーズ 21-14 バーバリアン]
ブルーサンダーズの勝利、となりました!


初見での力量感からはブルーサンダーズ優位と見え、実際にその様に推移しましたが、バーバリアンの要所での好プレーが冴え渡り、あわやUPSETとなるのでは、とさえ思える展開となった好試合でした。
最終盤まで目が離せない、素晴らしい戦いに感激しました。
両チームとも、選手、スタッフとも準備が整っている事がよくわかり、今期の成績に期待がもてる印象を受けました。
目標に向けて、精進していってほしいです!

ではではー^^)/。


******************************
全中継は、こちら。

[LIVE録画]
posted by りちゃ。 at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186545974
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック