★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2019年10月20日

【アメフト】山口大学Gamblers×山口東京理科大学Ball Pythons[2019中四国学生アメフト]

中四国学生Div2、今秋唯一の公式戦となる対戦。
山口大学は、かつて関東・関西を除く"全日本大学選手権"で頂点に立った古豪。
近年、他校に長ぜられ、不遇のDiv2にあるが、捲土重来を、と研鑽を続ける。
対する山口東京理科大学は、昨年正式加盟となった新鋭。
場数が少ない苦しみはあるが、それでも経験を積んだ世代も出てきて、侮れない。
この試合の勝者が、Div1との入替戦に挑む事となる。
名乗り上げるのは、果たしてどちらとなるか!?


[ダイジェスト]
山口東京理科大学、最初のプレーでいきなり仕掛ける。

奇襲"フリー・フリッカー"(一旦ランとして渡したボールを再びQBに戻して行うパスプレー)を敢行し、一気にビックゲインを狙わんとするが、これはインターセプト(パス奪取)され・・・たかに見えたが、この時、双方に反則が発生。オフセット(プレー無効)となる。
山口東京理科大学、事なきを得たが、この攻撃は不発となる。しかし、

今度は守備に回った際に、MLB60河原選手(2年:倉敷総合産業)がインターセプトし、再び攻撃権を得る。
そして、

WR18神谷選手(2年:戸畑)へのパス等で前進していくが、

山口大学DT68山下選手(3年:広島城北)がQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)して、これを止める。
その返しの攻撃で、

RB6皆田選手(3年:防府)のラン、

RB1柴田選手(2年:防府)へのパス、

RB29馬明選手(3年:広島城北)のランで進んでいき、

RB27田中選手(1年:長崎北陽台)のランで、先制のタッチダウンを挙げる。
[山口大学 7-0 山口東京理科大学]

これに対し、山口東京理科大学も、

WR15北谷選手(2年:香川中央)へのパスで応戦、

さらにQB/P30村上選手(2年:高田)のパント(キックによる攻撃放棄)で、陣地を挽回する。
そして山口大学の攻撃となるが、

この時、山口東京理科大学CB3徳本選手(2年:熊本第一)がハードヒットでファンブルを誘発。そのボールをDE69谷本選手(3年:上宮学園)が押さえ、絶好のポジションで攻撃権を奪う事に成功する。
このチャンスを、

WR18神谷選手、見事にタッチダウンとする。
[山口大学 7-6 山口東京理科大学]

山口大学も前半の残り時間を使って、

QB16丸岡選手(3年:安古市)、

RB29馬明選手のランで前進するが、

終了間際に狙ったFG(フィールドゴール:キックによる加点)を、K3三木選手(1年:新宮)、失敗し、無得点で終え、そのまま前半戦を終える。

後半、最初の山口大学の攻撃を、

山口東京理科大学は、MLB60河原選手のタックル等で抑え込み、パントに追い込むが、

気持ちがはやり、オフサイド(ボールが動く前に、相手エリアに侵入した反則:5yd罰対)の反則を犯してしまう。この隙をつき、

山口大学は、WR10田川選手(4年:虎姫)へのタッチダウンパスを通し、加点する。
[山口大学 13-6 山口東京理科大学]

さらにこの後に得た攻撃でも、

RB1柴田選手へのパス、

RB27田中選手のランでタッチダウンし、リードを拡げる。
[山口大学 20-6 山口東京理科大学]

この流れを変えようと、山口東京理科大学、

WR15北谷選手へのパス、

RB27井上選手(2年:高梁)のランで打開図るが、

山口大学ILB6皆田選手(3年:防府)が立ちはだかり、食い止める。

そして、今度は山口大学RB27田中選手のランで進んでいくが、

それを山口東京理科大学DT72安田選手(3年:徳島城南)が立ちはだかり、歯止めをかける。
この均衡を打開する為、山口大学QB16丸岡選手、



WR6皆田選手へのパスで突破し、

自らの脚でタッチダウンに繋げる。
[山口大学 27-6 山口東京理科大学]

終盤に入り、差を拡げられた山口東京理科大学は、

WR15北谷選手等へのパス攻撃に活路を見出そうとするが、

山口大学DT68山下選手や、

CB10田川選手のタックルで、その前進を封じられ、

勝負にいった4th Down ギャンブル(4回目攻撃権でも攻撃続行)を失敗。攻撃権を失ってしまう。

山口大学は、この攻撃権を確保し続け、

最後にK3三木選手のFGで加点し、
[山口大学 30-6 山口東京理科大学]
山口大学Gamblersの勝利、
山口大学、2部優勝、入れ替え戦出場確定となりました!



終わってみると点差が開いた試合になりましたが、途中までは拮抗した締まった試合になりました。

山口東京理科大学は、実は昨年春、高知大学との交流戦をされていたのを観ました。
その時と比べると、見違える程強くなっていたので、驚きました。正直、もっと蹂躙されると思っていたのです。ほぼ互角の戦いをするまでになった、彼らのここまでの頑張りが、よく伝わりました。
メンバー表を見ると、1年〜3年生で構成されており、来年もこのメンバー・体制のまま挑める事も容易に想像できます。本当なら今年、入れ替え戦に挑み、1部昇格、全員で1部での試合をしたいと思っていただろうと察します。
残念ながらその想いは叶いませんでしたが、来期に向けてより強固な陣容を作り、また挑んでほしいものです。

勝利した山口大学は、さすがと思わせる戦いぶりでした。序盤は食いつかれましたが、後半からはパス攻撃が冴え、迫ってくる山口東京理科大学を振り払ったのはお見事でした。
そして、次は1部との入れ替え戦になります。
現在中四国1部4校は、いずれのチームも優勝を狙える力量があり、言い換えると、どのチームが下りてくるかわからない、どのチームも手強い相手になると言えます。
その難敵を倒さなければ昇格は無い、という事実と、これから向かい合います。
出来る限り充分な研究をし、十全の内容で、その決戦の場に挑んでほしいところです。

両チームとも頑張って下さい!

ではではー^^)/。


************************************************
全中継は、こちら。

[LIVE録画]
posted by りちゃ。 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186701024
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック