★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2019年10月22日

【アメフト】サイドワインダーズ×J-STARS[2019XリーグDiv2west]

波乱となった2019年シーズンの、もう一方の主役であるサイドワインダーズの登場。
昨期、オーパーツ福岡SUNS(現:みらいふ福岡SUNS)との死闘を演じた強豪が、大阪ガススカンクスに敗戦した事は、戦況が混沌となった一因となった。
サイドワインダーズ(以下、SW)としては、これ以上譲るわけにはいかない。
しかし対するJ-STARSも2部復帰初年度ながら、西宮ブルーインズとの戦いを引き分けに持ち込む等善戦し、既に他のチームに引けを取らない戦力を見せている。
負けられない者同士の、決戦を観戦します!


[ダイジェスト]
最初の攻撃はJ-STARS。オープニングから、

WR87越智選手(大阪経済大学)へのパス、

QB8杉谷選手(大阪体育大学)のランと切り出し、

RB26奥田選手(京都産業大学)、

WR88國田選手(甲南大学)、

再びRB26奥田選手、と巧みに各選手を活用した見事な攻撃を披露。

これをQB8杉谷選手のランでタッチダウンとする。
[SW 0-6 J-STARS]

しかしすぐさまSWも、

RB28藤本選手(大阪経済大学)のラン突破から、

QB4前田選手(関西学院大学)、WR5内藤選手(龍谷大学)への40ydロングパスによるタッチダウンを返し、逆転する。
[SW 7-6 J-STARS]

J-STARSも反撃に出んと、

CB25古郷選手(徳島大学)、

ILB55沼野選手(大阪体育大学)のタックルで食い止めようとするが、
が、SW QB4前田選手、

再びロングパスを、今度はWR24井上選手(大阪経済大学)に通し、タッチダウンを奪う。
[SW 13-6 J-STARS]

反撃に転じたいJ-STARSだが、

その隙を、SW CB13菊山選手(関西学院大学)が突き、インターセプト(パス奪取)して攻撃権を奪取。
そのチャンスをSW QB18中山選手(京都工芸繊維大学)が、

WR24井上選手への76ydタッチダウン・パスで仕留める。
[SW 20-6 J-STARS]

差を拡げられたJ-STARSだが、前半終了前に、

RB4佐藤選手(天理大学)のラン、



WR17堀選手(龍谷大学)へのパスでSW陣に攻め入り、

K2若林選手(桃山学院大学)のFG(フィールドゴール:キックによる加点)で3点取り返し、
[SW 20-9 J-STARS]
で前半戦を折り返す。

後半もSWは、

WR14松尾選手(龍谷大学)へパスを展開する等、J-STARSを攻め込んでいくが、

ここでJ-STARS ILB1浜田選手(桃山学院大学)がインターセプトを決め、反撃。

RB4佐藤選手のラン、

WR17堀選手へのパスで前進するが、

勝負処の4th Downギャンブル(4回目攻撃権でも攻撃続行)を止められ、攻撃権喪失。

だがDE91廣瀬選手(大阪教育大学)のQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)等でSWオフェンスに圧力をかけ、攻撃権奪取を図る。
しかし、

SWはWR16松村選手(三田祥雲館高校)、

RB27東選手(京都工芸繊維大学)、

QB4前田選手、

RB28藤本選手、とボールを繋いでいき、

ダメ押しのタッチダウンを決める。
[SW 27-9 J-STARS]

J-STARSも反撃を試みるが、

この4th Down ギャンブルを失敗して、ジ・エンド。

[SW 27-9 J-STARS]
サイドワインダーズの勝利となりました!



SWの、力量差を活かしたロングパス攻勢が決まって決した試合でしたが、J-STARSにも、成程、と唸らせる見事のある、見応えのある試合になりました。

特に感心したのはJ-STARSの攻撃です。春から取り組んできたショートパスを軸としたボールコントロールが、ちゃんとした形になって機能していた事です。
私は以前、このスタイルは理想的だが実現するのは難しい部分があると書きました。
※その当時のブログレポートです。
これをキッチリとクリアし、秋本番で実践できているので驚きました。
苦しくなったとはいえ、流石はX1経験チームだ、と改めて感心しました。同時に自分の軽々な見積を恥ずかしくも思いました。
間違いなく今期波乱のX2wの一角を占める存在にある事が実感できましたし、出来れば好結果ち繋げてほしいものだ、と思います。

SWは、逆に言うと、派手ではありますが、やや散発になっているのが気になります。
個々の能力を使った一発が決まるのは流石、なのですが、終盤に見せたような、試合をコントロールするような安定感が出せていない様に見えます。これがシーズン中に影を落とさないかと懸念しますが、本来の実力を発揮し上昇していってほしいものです。

双方とも、頑張って下さい!

ではではー^^)/。


**********************************************
全中継は、こちら。

[LIVE録画]
posted by りちゃ。 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186710842
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック