★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2019年10月26日

【アメフト】名城大学GOLDEN LIONS×名古屋大学GRAMPUS[2019東海学生アメフト]

昨年覇者と一昨年覇者の"東海天王山"の一戦。
ともに打倒関西を掲げる、地方学生の勇士達の筆頭格を自負する両校。
星勘定は全勝の名古屋大有利だが、実質どちらにも優勝の資格は有り。
凱歌を奏でるのは、果たしてどちらとなるか!?


[ダイジェスト]
最初の攻撃は、名城大学。

RB43徳永選手(4年:長浜)のランから入るが、

QB4三浦選手(2年:豊橋中央)のファンブルや、

WR18辻選手(4年:東邦)のキャッチミス等あり。不発となる。
対する名古屋大学も、

RB29鈴木選手(4年:静岡東)のランを軸に展開するが、

P1長嶋選手(1年:清風)がシャンク(蹴り損ね)する等、精彩を欠く。
互いに波に乗れない中、名城大学が、

RB43徳永選手、

QB4三浦選手のランで押し上げ始める。が、

ここでボールをファンブルしてしまい、名古屋大学DE52山本選手(4年:桃山学院高)がボールを押さえ、攻撃権を奪われる。
しかし、再び攻撃権を奪還し、







RB11矢原選手(3年:稲生)が怒涛の勢いでランを展開。一気にフィールドを縦断し、得点のチャンスを作る。

しかし、この4th Down ギャンブル(4回目攻撃権でも攻撃続行)でのFB40小澤選手(4年:愛産大三河)のダイブを止められ、またしても不発となる。
窮地を脱した名古屋大学は、

SB44都築選手(4年:名古屋)へのパス等で前進を図るが、

要所で名城大学ディフェンスが立ちはだかり、寸断される。
そして攻撃権を得た名城大学は、

RB43徳永選手のラン、

WR18辻選手へのパス、と繋ぎ、

4th Down ギャンブルも突破。名古屋大学陣に切り込む。

名古屋大学もCB32久保田選手(4年:長野)のパスカットなどで奮闘するが、

名城大学K1竹内選手(1年:東邦)がFG(フィールドゴール:キックによる加点)を成功し、先制。
[名城大学 3-0 名古屋大学]
で、前半戦を終える。

後半戦は、さらに荒れた展開になる。
まず名古屋大学、最初のプレーで、

名城大学SF2西川選手(3年:崇徳)がインターセプト(パス奪取)すると、

今度は名古屋大学CB32久保田選手がインターセプトし返す。
そこで得た攻撃の際、名古屋大学、

LS18塩谷選手(4年:天王寺)のスナップが乱れ、陣地回復にならず、

そこを名城大学RB43徳永選手が突破していくが、

土壇場でボールをファンブルし、名古屋大学DT99西山選手(3年:兵庫)が押さえる。
名古屋大学は、

RB29鈴木選手のランで、軸を取り戻そうとするが、

合間のパスを、名城大学CB2西川選手にインターセプトされる。しかし、

名城大学攻撃を、DE91平野選手(2年:名古屋大学付属)のタックル等ディフェンス陣の奮闘で凌ぎ、攻撃に移るも、

今度は名城大学SF21大脇選手(2年:愛知啓成)にインターセプトされてしまう。

この苦境もDT52山本選手(4年:桃山学院高)等の踏ん張りで凌ぐ、と目まぐるしく変転する状態に陥る。
その中で、



名古屋大学は、RB29鈴木選手、

WR85清水選手(3年:岡崎北)が活躍して前進し、

K4山田選手(2年:向陽)がFGを決め、同点とする。
[名城大学 3-3 名古屋大学]

終盤に入って振り出しに戻った状況を、名城大学、





一気に取り返さんと、RB28牧野選手(3年:名古屋大谷)、怒涛のランを見せ、名古屋大学ゴール前に迫る。

だが、ここでK1竹内選手、FGを失敗。無得点で終わる。

優勝に大手をかけたい名古屋大学も、

QB13金選手(2年:名古屋)のラン等で得点を挙げんと展開するが、

ここで名城大学CB9平下選手(2年:愛知啓成)に、痛恨のインターセプトを許す。
勝利への最後のチャンス、とばかりに名城大学、

RB28牧野選手、一気にゴール前に詰め寄り、FGのチャンスを作る。
ここで、

名古屋大学、絶妙のタイミングでタイム・アウトを取り、1年生K1竹内選手にプレッシャーをかける。
その中、

竹内選手、見事にFGを決める!
[名城大学 6-3 名古屋大学]

もはや残り時間は殆どなく、僅かな可能性をかけ、名古屋大学もロングパスを投じるが、

これも抑えられ、試合終了!
[名城大学 6-3 名古屋大学]
名城大学GOLDEN LIONSの勝利となりました!


総得点では表せない、とてつもなく状況が変転する試合となりました。
緊迫した状況下にあるチーム同士の戦いで、ここまで多くのターンオーバーが起こる試合は珍しく、どちらも試合の流れを止められない、苦しい試合だったと思います。
その中で勝利を納めた名城大学は見事、だったとも言えます。

おそらく双方とも内容には不満多々、といったところでしょう。これは荒れた時に頼るべき軸とするモノが少ないという事実の表れでもありますし、事象を想定する準備が足らなかったとも言えます。
ですが、不測の事態はいくらでも起こるのが、世の常です。抗いながら事を進めなければならない経験は、大きな財産となったと思います。

私見としては、選手個々の力量では名城大学の方が上に見えました。ですが、あまりに真っ向勝負に拘り過ぎるきらいがあります。奇策を講じる必要までは不要ですが、勘所とみた際の攻め方や、そうでない時の凌ぎ方といった緩急を研究していって打開してほしいものだ、と思います。
名古屋大学は、その力量差を埋める努力の積み重ねを感じましたが、パス力が不足する等、脆い部分が見えてしまっているのが気になります。現時点ではそれでも優勝候補筆頭の位置にありますが、旧帝大故の人材確保の困難さから、十全の体制が組めないもどかしさが感じられました。何とかして克服してほしいものです。

この試合の結果、中京大学を交えて優勝争いは混沌と化しましたが、双方とも優勝目指して頑張って下さい!

ではではー^^)/。

****************************************************
全中継は、こちら。

[LIVE録画]
posted by りちゃ。 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186727250
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック