★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2019年10月27日

【アメフト】広島大学RACCOONS×島根大学WARRIORS[2019中四国学生アメフト]

昨年番狂わせに泣いた両雄が、ともに決勝に駒を進める。
広島大学は、常に実力上位者と認められながら、近年優勝から遠ざかっている。今期、何としても優勝を遂げたい。
島根大学も、3連覇を目指す昨期、高知大学に不覚を取り、その野望を絶たれた上、入れ替え戦でDiv2の山口大学に肉薄され、あわや降格の恐怖を味わった。
捲土重来を果たさんとする者と、修羅場を乗り越え復権に挑む者との、決戦の火蓋が切られる!





[ダイジェスト]
開始早々、いきなり島根大学が仕掛ける。

最初のプレー、TE97上田選手(3年:益田)のTEリバースから入り、

さらにそこからノーハドルオフェンス(作戦打ち合わせのハドルを組まず、間髪入れず立て続けに攻撃をする戦法)を展開、広島大学に対策を講じさせない策に出る。
だが広島大学は、

DE2石井選手(2年:和歌山県立向陽)、DE40秋田選手(3年:刈谷北)等、ディフェンス陣が奮起し、この攻撃を止める。
すると、

パント(キックによる攻撃放棄)の状況で、島根大学LS52山根選手(3年:松江北)がスナップ(プレー開始時の後方への球出し)でミスをし、陣地を大きく下げる。
この気に広島大学は、

TE89安藤選手(2年:川西緑台)へのパス等でタッチダウンを奪いに行くが、

4th Down ギャンブル(4回目攻撃権でも攻撃続行)での主将RB33宮井選手(4年:明石南)の突進を、島根大学LB23酒井選手(4年:柏原)がタックルして食い止める。

序盤にして白熱の攻防に、決勝戦ならでは気迫、熱気が、早くもほとばしる。

今度は島根大学が、

WR13飯田選手(3年:つくば秀英)へのパス、

RB23酒井選手のランで前進。先取点が欲しい島根大学は、

パントシチュエーションで、ギャンブル敢行。しかしRB5米澤選手(2年:三田祥雲館)のランは、広島大学DB24渡辺選手(2年:昭和)にタックルされ、失敗に終わる。
食い止めた広島大学は、

RB14西本選手(3年:下関西)のランで反撃、

FG(フィールドゴール:キックによる加点)を狙うが、K28萩原選手(3年:廿日市)、これを失敗し、無得点で終える。
次の機会を、と広島大学、

QB10前田選手(4年:倉敷青陵)のラン等で、再び攻め上げるが、

これを島根大学LB23酒井選手がインターセプト(パス奪取)して、攻撃権を奪取。

しかしすぐさま、広島大学SF24渡辺選手がインターセプトし返す。すると、

今度は広島大学パントの際、島根大学DT77西村選手(4年:西城陽)が値千金のパントブロックを決め、ゴール前1ydの絶好のポジションを確保。

これをRB23酒井選手が渾身の中央突破でタッチダウン。
[広島大学 0-7 島根大学]
ついに均衡が崩れる。

広島大学もすぐさま追いつかんと、

RB17番や、

RB33宮井選手のランで前進していくが、

勝負に行ったロングパスを、島根大学CB7加嶋選手(2年:佐伯鶴城)にインターセプトされ、
[広島大学 0-7 島根大学]
で、前半を終える。

後半戦は、広島大学は、

WR13田端選手(4年:鈴鹿)へのパス、



島根大学はRB23酒井選手のランで攻撃を展開するが、これに対し、

島根大学は、DE52山根選手(3年:松江北)、DT95末吉選手(2年:読谷)等のラッシュ、

広島大学はOLB91河合選手(3年:四条畷)等が立ち塞がる。

ここで島根大学SF13飯田選手がインターセプトすれば、

広島大学CB7須崎選手(4年:松山南)がハードヒットして食い止め、

その反撃を、今度は島根大学DE5米澤選手がQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)して封じる、と、互いに譲らない緊迫した時間が続く。

このまま終盤に進み、いよいよ終焉が見え始めた4Q中盤、その均衡を破るプレーを、

広島大学WR13田端選手が見せ、

土壇場で同点のタッチダウンを決める。
[広島大学 7-7 島根大学]

1st Stageで下位にある島根大学は、この試合に勝利する事が必須。既に残り時間少ない中、逆転優勝をかけた攻撃を開始。

WR13飯田選手へのパスや、

RB95末吉選手のラン等を駆使し、時間とも戦いながら必死の攻撃を展開する。
しかし、

勝負に行った4th Down ギャンブルを失敗し、潰えてしまい、

試合終了。

[広島大学 7-7 島根大学]
引き分けドローとなりました。

この結果、1st Stage上位である広島大学が1位となり、
広島大学RACCOONSの優勝となりました!

ロースコアながら、攻守ともに見事なプレーが続出し、見逃す暇が惜しい、素晴らしい試合でした。
優勝決定戦に相応しい内容であったと思っています。
そのプレーの質、出来映えに、優劣はなかったと思います。互いに自分達のリズムを刻みながら、しかし、それを断ち切り合う凄さには、見ている人達を惹きつけるものでした。
その差は殆ど感じられず、個人的には、広島大学、島根大学、どちらにも勝利できる可能性はあったと思います。

結果的に1st Stageの戦績が優劣を決めた事になるのですが、この事は、しかし、意義深い結果になったと思ってもいます。昨年、高知大学、愛媛大学が番狂わせを演じた事で、逆説的に1st Stegeは所詮前哨戦に過ぎない、と軽視する空気が生まれる可能性がありました。それに待ったをかける形に、今回はなったと思いおます。
中四国は残念ながら、まだまだ加盟校が少ない状況にあるので、参加する選手たちに、相応しい試合を提供出来る環境として、現行の2Stage制が、まだ必要だとも感じていますので、その意義がある結果となった事は嬉しく思っています。

ともあれ、今期は広島大学が、その頂点に立った者として、甲子園ボウルに向けて東海代表と対戦する事となりました。是非、勝ってほしいものです。
敗れた島根大学は、またしても目前で涙を飲む形になりますが、その想いを来期に向けて、次への躍進に繋げていってほしいものです。

ではではー^^)/。


*****************************************************
全中継は、こちら。

[LIVE録画]
posted by りちゃ。 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186729734
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック