★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2019年11月02日

【アメフト】箕面自由学園高等学校×立命館守山高等学校[2019関西高校アメフト]

高校アメリカンフットボール、本日の3試合目は好試合期待のカード。
強豪校立命館大の付属高校である守山高と、大阪の強豪校、箕面自由学園が対戦する。
ともに多くのスター選手を輩出するチームだけに、大いに期待。
果たして新たな未来のスターは出現するだろうか!?


[ダイジェスト]
最初、立命館守山の攻撃2プレー目で、

箕面自由学園MLB3海ア選手(3年)、ハードヒットでファンブルを誘発、これをDE13鈴木(崇)選手(3年)が押さえ、攻撃権を奪取する。
だが立命館守山も、

OLB59岡本選手(3年)のタックルで阻止。譲らない。
取り返した攻撃権で、

WR22松島選手(3年)へのパスで前進していく。
このパス攻撃を、箕面自由学園、

OLB48西選手(1年)がチップし、そのルーズボールをCB88小田選手(2年)がインターセプト(パス奪取)し、攻守交替とし、

WR80鈴木(絢)選手へのパス、

QB10山口選手のランで陣地を取り返していく。
が、今度は立命館守山、

DB13松本選手(3年)がハードヒットして抑え込む、と、緊迫した展開が続く。
この状況を変えたのが、

立命館守山QB11宇野選手(3年)。左右に流れながらのパス攻撃で、WR16太田選手(2年)のビックプレーを引き出し、

RB26桑原選手(3年)のラン、

WR19堀江選手(3年)へのパスで攻め込み、

K1中村選手(3年)のFG(フィールドゴール:キックによる加点)で先制する。
[箕面自由学園 0-3 立命館守山]

立命館守山主導での展開となる、と思われた直後、

そのキックオフで、箕面自由学園KR35波田選手(3年)、85ydのキックオフリターン・タッチダウンを決め、一気に逆転する。
[箕面自由学園 7-3 立命館守山]

すぐさま再逆転としたい立命館守山は、

大技"フリー・フリッカー"(一旦バックスにボールを渡してからQBにボールを戻して投じるパスプレー)を仕掛ける等して突破図るが、

その攻撃を、箕面自由学園、SF86野田選手(2年)のインターセプトで断ち切る。
逆に、

WR19福田選手(2年)へのパス等で、立命館守山陣に攻め入り、

FGを狙うが、これはK1石西選手(3年)、失敗。
攻撃権を取り戻せた立命館守山は、

WR19堀江選手、

WR16太田選手、

WR22松島選手へのパスで攻め返し、

QB11宇野選手のスニーク(QBが開始と同時にラインの中に飛び込むランプレー)でタッチダウン。
[箕面自由学園 7-10 立命館守山]
再逆転する。

このまま前半戦終了となる、かと思われたが、

箕面自由学園QB10山口選手、驚異の走りで一気に立命館守山陣ゴール前に攻め入り、FGを狙いに行くが、

ここで立命館守山にもビックプレー。そのFGを、DB31江口選手(2年)がリフレクト(弾き飛ばす)して防ぎ切り、
[箕面自由学園 7-10 立命館守山]
で、前半戦を終了する。



後半、箕面自由学園の攻撃から再開するが、

ここでWR80鈴木(絢)選手が、

ランに、パスに、と一気に独走し、タッチダウンを挙げ、再々逆転とする。
[箕面自由学園 14-10 立命館守山]

立命館守山も、

WR22松島選手へのパス等で反撃を試みるが、

箕面自由学園はそれを上回り、QB10山口選手、

RB34廣長選手(2年)がランで打開し、そして、

WR80鈴木(絢)選手が、今度は68ydを独走してタッチダウンとする。
※本動画はLIVE動画を引用しています。
[箕面自由学園 21-10 立命館守山]

ジワジワと差を開けられつつある立命館守山、



WR19堀江選手へのパスで攻撃を展開し、

ここで再び"フリー・フリッカー"を試みるが、決まらず、

その焦りを、箕面自由学園CB35波田選手につかれ、インターセプトされる。
ここから箕面自由学園は、

QB10山口選手、

RB84森本選手(2年)、

RB34廣長選手等バックス陣にボールを託し、時間の消費を図っていく。

次第に時間を失っていく状況に、立命館守山の焦りは増し、

活路としたパス攻撃を始め、

一つ一つのプレー精度が、伴わなくなっていく。


その中でディフェンス陣が奮闘し、全てのタイムアウトを使って攻撃の機会を確保、

QB11宇野選手、

WR22堀江選手、

WR16太田選手等が奮闘していくが、

ここで時間切れ。試合終了となる。

[箕面自由学園 21-10 立命館守山]
箕面自由学園高等学校の勝利、となりました!


互いに名を馳せた強豪校同士の、大変次元の高い、見事な試合でした。
その中で実力が一枚勝る箕面自由学園は制した形となりましたが、立命館守山も、力量差を補う戦法として左右のロールアウトからのパス攻撃を、QB11宇野選手が見事に駆使して肉薄したのは、本当にお見事だったと思います。関西大会1回戦では惜しいと思える程の好試合でした。

この試合で活躍した選手たちは、やがてこれから先、大学や社会人で、その名を轟かせるのかもしれません。しかし、それはまた先の楽しみとしたいと思います。

両校ともお疲れさまでした!
これからも、その想いを遂げられる様、頑張って下さい!

ではではー^^)/。

************************************************
全中継は、こちら。

[LIVE録画]
posted by りちゃ。 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186752104
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック