★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2019年11月03日

【アメフト】愛知ゴールデンウイングス×クラブベアーズ[2019XリーグDiv3west]

今期X3westBブロック、もう一方の雄、愛知ゴールデンウィングスの一戦。
常に人員面に苦心しつつ、昨期優勝を果たした愛知GW。今期も優勝戦線を全勝で引っ張っている。
クラブベアーズは、ここまで1勝と苦しい戦績にあるが、陣容は薄くとも、そに試合巧者ぶりは健在。ここ一番の勝負強さは、変わらず光る。
この試合を制するのは、どちらとなるか!?


[ダイジェスト]
試合はいきなり動く。
開始して最初の愛知オフェンス1プレー目で、

ベアーズOLB1岡本選手(大阪産業大学)がインターセプト(パス奪取)し、そのまま愛知エンドゾーン(得点エリア)に飛び込み、タッチダウンを決める。
[愛知 0-6 ベアーズ]
開始僅か8秒で、ベアーズ、先制する。

勢いに乗るベアーズは、その後に回ってきた攻撃で、

WR82寺崎選手(大阪体育大学)へのパスで前進する。しかし、

パント(キックによる攻撃放棄)の際、その寺崎選手、ボールをシャンク。
殆ど陣地を変えられない状態で、愛知に攻撃権を譲渡する事となり、

ここで愛知は、WR7平岡選手(阪南大)へのパスから、

RB35水野選手(日本福祉大学)のランに繋いで、タッチダウン。
[愛知 6-6 ベアーズ]
早々に同点とする。


さらなる加点を、と、愛知、好調のWR7平岡選手へのパスで前進続けるが、

ここでボールをファンブルし、ベアーズに抑えられる。
ベアーズは、このチャンスを活かさんと、

WR89佐藤選手(大阪体育大学)へのパス、

さらに4th Dwonで、パントと見せかけ、P82寺崎選手のフェイクラン、

QB8稲葉選手(京都大学)のランで反撃していく。
しかし、この攻撃を、

愛知は、MLB5齋藤選手(明治大学)を始めとするディフェンス陣が活躍し、食い止める。
そして、

RB27大塚選手(青山学院大学)、

RB35水野選手のラン、

WR7平岡選手へのパスと繋ぎ、

WR12亀井選手(名古屋大学)へのパスでタッチダウンとし、
[愛知 13-6 ベアーズ]
と逆転して、前半戦を終了する。

後半は、互いに拮抗。

ベアーズがRB41川幡選手(北大津高校)のランで突破していけば、

愛知はMLB5齋藤選手他、ディフェンス陣のヒット等で食い止め、

愛知がRB27大塚選手のランで攻め込めば、

ベアーズもディフェンス陣のハードヒットで応戦する、という具合になり、膠着化。
この状況を打破したのが、

愛知PR17増田選手(静岡大学)。パントリターンで好位置を確保することに成功。
ここを足掛かりに、愛知QB8橋本選手(名古屋商科大学)、

WR7平岡選手、

WR81松尾選手(東住吉工業高校)へとパスを通し、

WR1勝本選手(関西学院大学)へタッチダウンパスを決める。
[愛知 20-6 ベアーズ]

やや離された状況となったベアーズ、しかし、

ここでQB8稲葉選手、ロングパスを投じ、これをWR82寺崎選手が見事にキャッチ。
一気に愛知陣奥深くに入り込み、

続けざまにパスキャッチ決め、タッチダウンを取り返す。
[愛知 20-13 ベアーズ]

終盤に入り、さらに緊迫感は高まるが、ここで愛知は、

RB35水野選手、

RB27大塚選手、

WR12亀井選手、とボールを託してながら、巧みに時間を消化。

ほぼ残り時間全てを使い切って、K10毛利選手(名城大学)のFG(フィールドゴール:キックによる加点)で突き放し、

[愛知 23-13 ベアーズ]
愛知ゴールデンウィングスの勝利となりました!



序盤から動きのある、見応えある試合でした。
ライン戦で優位を取れた愛知が、安定感して試合を運び、モノにした形ですが、ビックプレーを足掛かりにベアーズが食らいつき、状況によっては逆の結果になっていた可能性を感じれた試合でした。

とはいえ、総合力は愛知の方が整っていたとも感じます。有志が募って活動している愛知としては、年毎に陣容が変わる為、一概には言えないのですが、個人的に今年は比較的人員が揃っているように見えます。いつもなら層の薄さから敗戦となってしまう事があるのですが、今年はむしろ相手以上に人員がおり、2部に昇格した当時に近い雰囲気があります。
当時と比べると異なるのは、QBの経験値でしょうか。高橋選手は加入間もないからか、やや戸惑いを見せる場面があります。長年チームを率いた長濱選手の様な、熟達した巧者になるにはまだ時間が必要だと思いますが、素質や能力は十分魅せられるものを感じます。上手く才能が引き出せる様になる事に、期待です。

ベアーズは、一昨年、福岡サンズと覇を争った当時と比べると、陣容が細くなっており、それが安定感の弱さに繋がっているのが苦しいところです。ですが、こちらは逆に、QBの陣容が豊富で、正QBに京都大学OB稲葉選手、バックアップに栄光の時代を支えた舟橋選手、そして新鋭に木内選手、と恵まれています。これがうまく機能しているので、寡兵なれど侮れない存在になっています。彼らを活かせるだけの陣容を獲得していく事が、今後の課題となるでしょう。

双方ともに頑張ってほしいものです。

ではではー^^)/。


********************************************
全中継は、こちら。

[LIVE録画]
posted by りちゃ。 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186752183
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック