★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2019年11月10日

【アメフト】中京大学EAGLES×広島大学RACCOONS[2019甲子園ボウル選手権1回戦_東海vs中四国]

全国大学アメリカンフットボール選手権"甲子園ボウル"に向けての1回戦。
東海地区代表は、名古屋大・名城大の2強を抜き返し、逆転優勝を遂げた中京大学。その勢いは本物であるか、これからの戦いに注目が集まる。
対する中四国代表も、拮抗激しい戦いを制した広島大学が、この場に挑む。
これをモノにし、関西学生の牙城に挑むのは、果たしてどちらとなるか!


[ダイジェスト]
最初に好機を得たのは、広島大学。

中京大学のパント(キックによる攻撃放棄)を、PR24渡辺選手(2年:昭和)が好リターンし、

QB10前田選手(4年:倉敷青陵)がWR13田端選手(4年:鈴鹿)にロングパスをヒットし、

RB33宮井選手(4年:明石南)が中央突破してタッチダウン、先制する。
[中京大学 0-7 広島大学]

が、この直後の攻撃で、中京大学、

QB1横山選手(4年:東邦)が独走。87ydを走り切るランでタッチダウンし、並ぶ。
[中京大学 7-7 広島大学]

負けじと反撃に転じる広島大学、だが、

ここでボールをファンブルしてしまい、中京大学OLB26西村選手(3年:北陸)に奪われてしまう。
このチャンスを、中京大学、

QB1横山選手がランで突破、

WR15鳥海選手(3年:東海南)へのパスでタッチダウンとする。
[中京大学 14-7 広島大学]

勢いづいた中京大学は、さらに、


SF37本多選手(3年:新川)のインターセプト(パス奪取)から、

WR28和田選手(2年:安城東)へのパスへ繋ぎ、

RB21清水選手(4年:Orewa College)のランでタッチダウンする。
[中京大学 20-7 広島大学]

離されかける広島大学、直後のキックオフで仕掛ける。

キックオフ・リターンで、KR18橋本選手(2年:伊丹北)、リバース・フェイク(逆に走る選手に手渡すと見せかけるプレー)。
これが見事に決まり、タッチダウン・・・と思われたが、なんとここで反則発生。
広島大学ブロッカーが、相手背後に当たっていく反則を犯し、無効となる。
事なきを得た中京大学は、

RB21清水選手、

QB1横山選手、

RB5木田選手(1年:長浜北)のランと、

WR10蟹江選手(2年:中京大中京)へのパスで前進し、

RB5木田選手のランでタッチダウンを挙げる。
[中京大学 26-7 広島大学]
さらに前半終了間際にも、

WR15鳥海選手への69ydタッチダウンパスを決め、
[中京大学 33-7 広島大学]
で、前半戦を折り返す。

後半、広島大学は、開始のキックオフ・リターンで、

KR14西本選手(3年:下関西)へのリバースを仕掛け、好位置を確保。
ここから反撃に、と意気込むが、

中京大学ディフェンスのプレッシャーから前進出来ない。逆に、

パントをSF3杉山選手(4年:九州産業大学付属)のプロックされ、OLB26西村選手にリターンタッチダウンされてしまう。
[中京大学 39-7 広島大学]

広島大学も、

再びキックオフ・リターンから、KR18橋本選手が陣地を取り返し、

WR88田伏選手(4年:鈴鹿)へのパスで打開図るが、

勝負した4th Down ギャンブル(4回目攻撃権でも攻撃続行)で、RB33宮井選手のランを止められて攻撃権を失い、

中京大学QB1横山選手に走り返され、

WR10蟹江選手に、タッチダウンを決められる。
[中京大学 46-7 広島大学]

この後も、

中京大学はSF37本多選手のインターセプトから、

代わって入ったQB18山内選手(2年:中京大中京)のラン、

その山内選手からのパスを、WR28和田選手がキャッチしてタッチダウン加え、
[中京大学 53-7 広島大学]

大勢が決まりつつある中、広島大学、懸命の反撃。

WR18橋本選手、

WR88田伏選手、

QB10岡田選手等がボールを繋ぎ、

RBに入ったQB14西本選手の"フリー・フリッカー"を仕掛ける等、奮闘する。
しかし、

この攻撃を中京大学SF37本多選手にインターセプトされて失う。
だが、広島大学ディフェンスも、



CB7須崎選手(4年:松山南)が立て続けにインターセプトを決め、攻撃陣に希望を託す。
だが、

それを中京大学ILB3杉山選手がインターセプトし、そのままタッチダウンして、さらに差を拡げる。
[中京大学 59-7 広島大学]

広島大学は、最後の意地を、



主将RB33宮井選手のランに託すが、

ここで試合終了。

[中京大学 59-7 広島大学]
中京大学EAGLESの勝利、甲子園ボウルトーナメント2回戦進出、となりました!



終わってみると、中京大学の完勝という内容で、両リーグの力量差が如実に現れた試合でした。
前年まで、東海学生は九州学生と、中四国学生は北陸学生と、その座を争っていて、その勝者同士が戦うと、勝利するのは、決まって前者側でした。この戦績が、今回の対戦でも明確に現れたと思います。

特に東海学生地区は、関西・関東に次ぐ実力を有するというのが定評で、今年度そこを制した中京大学に至っては、(1980年代ではありますが)かつては関西1部に在籍した実績も持っています。その伝統は受け継がれていたと、感じました。

しかし広島大学も見るべきモノはありました。特にキックオフ・リターンでは、しばしば中京大学を圧倒し、幻とはなりましたがタッチダウンを奪える可能性はありました。また最初の攻撃で先制タッチダウンを決めた辺りは、さすが優勝校だ、と思われる鮮やかさでした。これを糧にしつつ、しかしこの力量差を克服するための努力を、期待していきたいものです。

中京大学はこれで、次は関西3位である神戸大学と戦う事となりました。長年、他校も含め、何度も打ち破られて関西勢との一戦に挑む事になります。
力量差で言えば、この試合とは逆の立場になり、足りないモノを如何にして補うかが問われる戦いになります。今日の試合でしばしばやられたキッキングの整備等、まだまだ課題もあるでしょう。
しかしQB1横山選手、SF37本多選手等、光るプレーを見せる選手も多くいます。彼らが再び躍進し、悲願の関西勢打破を成せる様、頑張ってほしいものです。

両校、お見事でした!

ではではー^^)/。


**********************************************
全中継は、こちら。

[LIVE録画]
posted by りちゃ。 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186782057
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック