★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2019年11月10日

【アメフト】信州大学WILDCATS×愛知大学HERCULES[2019東海学生入れ替え戦]

競技者達の、もう一つの正念場、入れ替え戦。
これまでの全てを守り切るか、覆るか。それがこの一戦で決められてしまう総括戦。
信州大学は、先の未曽有の台風被害で打撃を受けるが、その信濃に来年への希望を灯せるか。
愛知大学は、昨年失ったその場を、同じ相手、信州大学から奪い返せるか。


[ダイジェスト]
先手となる信州大学は、

RB23小野寺選手(3年:一関第一)のランを核に攻撃を展開するが、

愛知大学はOLB23矢島選手(4年:丹羽)のタックル等で、この攻撃を食い止めていく。
しかし信州大学は、

WR3大戸選手(3年:諏訪清陵)へのパス、

RB23小野寺選手のランで再度前進し、

FG(フィールドゴール:キックによる加点)に挑む。が、K22津田選手(2年:西宮)、50ydの距離が厳しく、失敗に終わる。
転じて、愛知大学は、

FL10増田選手(4年:東邦)、

QB1東村選手(4年:豊明)のランで攻め返していく。

しかし、これを信州大学DT55岩竹選手(4年:熊本学園大付属)が食い止め、

QB17国井選手(3年:早稲田)、

RB23小野寺選手のランで、

愛知大学陣へと攻め込んでいき、

K5高松選手(3年:宝塚東)のFGで先制する。
[信州大学 3-0 愛知大学]

このまま前半は終わる、かと思われた矢先、

愛知大学SF25中嶋選手(3年:国府)がインターセプト(パス奪取)を決め、

"ヘイル・メリー"パス(前半・後半のラストプレーで、イチかバチかで投じるタッチダウン狙いのロングパス)を実行。
しかしレシーバーには届かず、
[信州大学 3-0 愛知大学]
で前半戦は終わる。



後半、愛知大学、いきなり仕掛ける。

初手から"タックル・スプレッド"体型(OLの両Tを、ラインから切り離してレシーバーの近くにセットするオフェンス体型)を投入。そのTを固めた位置にあるレシーバーWR27寺町選手(3年:木曽川)や、

WR10増田選手へのラテラル・パス(フィールド横方向に投げるパス)からのランを展開する。
これに浮き足立つ新種大学ディフェンスの隙を付き、

QB1東村選手、WR27寺町選手へのロングパスをヒットさせ、一気にゴール前に侵入。

見事、自らの脚で、逆転のタッチダウンを奪う。
[信州大学 3-7 愛知大学]

信州大学も、すぐさま反撃に転じ、

RB20宮前選手(2年:春日部)、

QB17国井選手のランで反撃していくが、

ここでボールをファンブルし、愛知大学MLB7小野選手(3年:高田)に奪われる。
信州大学ディフェンスも、

DT75原島選手(4年:日大第二)のパスカット等で、愛知大学攻撃を抑え込むが、

愛知大学もOLB5菅沼選手(4年:国府)のブリッツ(プレー開始と同時に、決め打ちで飛び込むディフェンステクニック)を決めて、信州大学の攻撃を封じ込む。
双方凌ぎ合う膠着の中、しかし愛知大学は、

RB9菊池選手(2年:西尾東)、

RB15濱崎選手(4年:羽島北)、

RB30楠選手(3年:豊橋中央)と、

多彩なRB陣によるラン攻撃で、試合の主導権と時間を掴み、

信州大学を追い込んでいく。
残り時間とも戦う状況を強いられる信州大学だが、この自陣深くから、

RB20宮前選手、

QB17国井選手が力走、

そしてRB20宮前選手が、一気に愛知大学陣ゴール前に入る快走をみせ、

その好機を、QB17国井選手が活かし、タッチダウン!再逆転する。
[信州大学 10-7 愛知大学]

最終盤になってからの逆転に、一気に劣勢となった愛知大学は、



RB9菊池選手が、しかし1部にかける執念の走りをみせる。
ここで一気に勝負とばかりに、

愛知大学、リバースプレー(流れと逆方向にWRを走らせるランプレー)を実行するが、ここで信州大学DE51河本選手(3年:高輪)がチャージしてこnのプレーを潰し、その際生じたファンブルを、OLB52斉藤選手(3年:二水)が押さえ、ターンオーバー、攻守交替となる。

ここで試合は決し、

[信州大学 10-7 愛知大学]
信州大学WILDCATSの勝利、
信州大学、1部残留となりました!


死闘と呼ぶに相応しい、大変素晴らしい試合となりました。
ロースコアながら二転三転する緊迫した展開で、どちらが勝ってもおかしくない、拮抗した戦いでした。上位リーグ下位チームと下部リーグ上位チームの対戦となる入れ替え戦は、もともと戦力が近しい上、この試合に勝利したものが来年の上位リーグに在籍できる、文字通り死活問題になる一戦となる為、どのスポーツ、どの階層でも緊迫した試合になります。応援する側の思い入れも募る為、より一層その思いが高まります。この試合も、まさにそうでした。

愛知大学は、それでもやや劣勢にあったと思いますが、私の学生時代を彷彿させるダイレクトエクスチェンジ形式のプロ体型を軸とした、オーソドックスな攻撃スタイルは、とても見応えと魅力を感じましたし、また近年では珍しく、このスタイルを上手くモノにしていて嬉しかったです。その中で、タックル・スプレッド等、信州大学を凌ぐための工夫も随所に入れ、あと一歩というところまで詰め寄った姿は、本当に見事でした。個人的には勝ってほしかったスタイルのチームです。勿体ない、と思いつつ、しかし、入れ替え戦の厳しさ、それは次の機会に持ち越し、となるわけですが、是非また、その雄姿を見てみたいチームでした。

信州大学は、力量は流石Div1校というべきモノを見せてくれました。ただ、最終盤はともかく、やや単発な攻撃が続いたのが、今期入れ替え戦に至った遠因に感じました。これはシーズン中に襲った台風の影響も多分にあるのかもしれません。実際、長野県はその災禍の為、日常生活すらままならない地域も出たはずです。この状況で活動を維持し、何とかDiv1の座席を維持できた事を、むしろ誇りに思って頂きたいものだ、と思っています。

双方とも、これが次への新しい第一歩となるようにしてほしいです!

ではではー^^)/。


*********************************************
全中継は、こちら。

[LIVE録画]
posted by りちゃ。 at 14:00| Comment(4) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
動画の掲載ありがとうございます。シェアさせて頂きます。よろしいですか?
Posted by 佐々木一之 at 2019年11月11日 23:14
佐々木一之 様

コメントありがとうございます。
はい(^^)。どうぞシェア下さい。
お仲間様とのご歓談や、チームの方々へのエールとして頂ければ嬉しいです。

>佐々木一之さん
>
>動画の掲載ありがとうございます。シェアさせて頂きます。よろしいですか?
Posted by りちゃ。 at 2019年11月12日 22:30
実況が素晴らしいと評判です。得点、時間も画面に入っていて、テレビの放送のようですね!信州大学アメリカンフットボール部のフェイスブックにてシェアさせていただきました。ありがとうございます。また、機会がありましたらよろしくお願いいたします。
Posted by 佐々木一之 at 2019年11月13日 17:29
シェアさせて頂きました。ありがとうございます。
https://bit.ly/2Oh0oKY
Posted by 佐々木紀明 at 2019年11月15日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186782127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック