★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2019年11月16日

【アメフト】関西学院大学FIGHTERS×西南学院大学GREEN DOLPHINS[2019全国大学選手権2回戦[関西2位vs九州]

九州6連覇と隆盛を誇る西南学院大学。
残すは打倒東海、打倒関西を果たした甲子園ボウルへの挑戦、と意気込むが。
まさかの勝敗の綾。
その相手は、学生界の王者、関西学院大学となる。
立命館大学の執念に一敗地を喫し、後が無く牙をむく王者に、九州の勇者はいかにして挑むか。
果てにあるのは、王者の咆哮か。勇者の凱歌か。
その一戦を、追う。


[ダイジェスト]
最初の攻撃は西南学院大学。これは攻撃権更新に繋がらなかったが、

パント(キックによる攻撃放棄)シチュエーションで、QB16伊藤(嵩)選手(4年:新宮)にクイック・パント(通常のプレーをする体型からパントを蹴る戦法)を行使し、関西学院大学にパント・リターンをさせない。この試合に備えた周到さを感じる。
しかし関西学院大学は、QB3奥野選手(3年:関西学院)の指揮で、

WR81阿部選手(4年:池田)へのパス、

RB21三宅選手(3年:関西学院)のラン、と小気味よくオフェンスを展開する。
だが、ここで西南学院大学、

CB1篠崎選手(4年:明善)がインターセプト(パス奪取)して、断ち切る。
九州王者として、学生王者に一太刀を浴びせた形となる。

これで火が付いた関西学院大学は、

RB26前田選手(2年:関西学院)のラン、

WR1糸川選手(1年:箕面自由学園)へのパスで攻め返していく。

しかし不慣れな地での試合に、若干の乱れが生じ、

先制点を狙ったFG(フィールドゴール:キックによる加点)を、K8安藤選手(4年:関西学院)、外してしまう。

この隙をつき、西南学院大学、WR15城代選手(2年:筑陽学園)へのパス等で、得点を狙わんとするが、

関西学院大学ディフェンスの圧力は強く、プレーがつながらない。

陣地を確保するためのクイック・パントで、好位置を確保していくが、

関西学院大学、QB3奥野選手のスクランブル(パスを投じる事を止め、突発的に実行するパサーのランプレー)が炸裂。一気に西南学院大学陣に入り込むと、

RB27齋藤選手(2年:江戸川学園取手)がさらに詰め寄り、

QB3奥野選手のスクランブルによるタッチダウンで先制する。
[関西学院大学 7-0 西南学院大学]

西南学院大学も、

大学史上最高のQBと呼ばれる伊藤(嵩)選手のランで、反撃へと転じるが、

関西学院大学ディフェンスは立ちはだかり、なかなか攻撃がつながらない。
逆に、

関西学院大学RB21三宅選手に、タッチダウンを決め返される。
[関西学院大学 14-0 西南学院大学]

リズムに乗ってきた関西学院大学は、

TE90小林選手(1年:大阪産業大学付属)へのパス、

RB26齋藤選手のラン、

WR1糸川選手へのパスで、追加点のタッチダウンを狙いに行く。が、

これを西南学院大学MLB5百田選手(4年:東福岡)、

SF13今村選手(4年:東筑)等のタックルにより食い止めていき、

関西学院大学は、K8安藤選手のFGでの加点に切り替える。
[関西学院大学 17-0 西南学院大学]

やや離されつつある状況となった西南学院大学。だが、ここから、

QB16伊藤(嵩)選手のラン、

RB3福田選手(4年:福岡西陵)の中央突破、



WR15城代選手へのパス、と、

怒涛の前進を展開し、

QB16伊藤(嵩)選手が自らボールを持ち込んで、タッチダウンを返す。
[関西学院大学 17-7 西南学院大学]

これで前半終了となるかと思われたが、



この僅かな隙を、関西学院大学RB21三宅選手がつき、一気にタッチダウンのチャンスを作る。

しかし、このギリギリのところを西南学院大学ディフェンス、踏ん張り、無得点に終わらせ、
[関西学院大学 17-7 西南学院大学]
で前半戦を終える。

大方の予想通り、関西学院大学リードとはなるが、西南学院大学が予想以上に健闘しており、期待の持てる内容を覚える中、後半戦が始まる。

後半開始早々、関西学院大学、

RB21三宅選手、

WR81阿部選手、

RB39鶴留選手(3年:啓明学院)、

WR4鈴木選手(3年:横浜南陵)、

WR12河原林選手(1年:関西学院)等が、雪崩れ込む様に攻め立てていき、西南学院大学陣に侵入するが、

これを西南学院大学DE51菅選手(2年:鎮西学院)、

MLB5百田選手、

SF9田中(良)選手(4年:福岡)等の好守により踏み止め、

K8安藤選手のFGによる加点で抑える。
[関西学院大学 20-7 西南学院大学]

ディフェンス陣が踏ん張るうちに、得点差を詰め寄らんと、西南学院大学、

WR15城代選手へのパス等で前進図るが、

関西学院大学も、DE92今井選手(4年:長浜)のQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)等で封殺し、攻撃権を奪還すると、

関西学院大学WR1糸川選手が、



度重ねてパスキャッチを決めていき、

そのままタッチダウンを決める。
[関西学院大学 27-7 西南学院大学]

だが、この直後、西南学院大学、

QB16伊藤(嵩)選手、自らの脚で4th Down ギャンブル(4回目攻撃権でも攻撃続行)を突破し、チームを鼓舞。これに、

応じるかのように、Wr15城代選手がQB16伊藤(嵩)選手のパスをキャッチ&ランし、タッチダウンを決める。
[関西学院大学 27-14 西南学院大学]

喰らい付く西南学院大学を振り切らんと、関西学院大学も、

WR12河原林選手へのパス、

RB39鶴留選手のランで攻め上げるが、
息を吹き返す西南学院大学、OLB20有川選手(3年:九州国際大学付属)のQBサック等で、この攻撃を踏み止め、

関西学院大学は、K8安藤選手のFGでの加点とする。
[関西学院大学 30-14 西南学院大学]

直後の西南学院大学攻撃、

好調のQB16伊藤(嵩)-WR15城代ホットラインが炸裂。乾坤一擲と呼ぶに相応しい、71yd タッチダウンパスを決め、逆に詰め寄る事に成功する。
西南学院大学、ここで一気にスパートをかけんと、2ポイント・コンバージョン(タッチダウンの後の1プレーで、キックの1点ではなくプレーを決めての2点を狙いに行く選択)に挑む。

しかし、関西学院大学のディフェンスが厚く、失敗。6点止まりとなる。
[関西学院大学 30-20 西南学院大学]

俄然、試合は面白みを増す展開になるが、しかし、

ここで、王者、関西学院大学の凄みが出る。
直後の攻撃で、RB21三宅選手が、お返しと言える42yd タッチダウンランを決め、
[関西学院大学 37-20 西南学院大学]

さらに、

西南学院大学の攻撃で、QB16伊藤(嵩)選手が投じたパスを、関西学院大学SF42宮城選手(2年:洛北)がインターセプトし、そのままタッチダウンを奪い取る。
[関西学院大学 44-20 西南学院大学]

だが、西南学院大学、怯む事無く、

WR80田中(虹)選手(4年:東福岡)へのパス、

QB16伊藤(嵩)選手のランで、と攻め返す。

関西学院大学も、OLB36三村選手(2年:関西学院)のチャージ、DE50板敷選手(4年:池田)のQBサックで、これを抑え込みに来る。
しかし、

QB16伊藤(嵩)選手、渾身のラン、

WR15城代選手、

WR4田添選手(4年:長崎海星)、

RB1篠崎選手へのパス、

さらにQB16伊藤(嵩)選手のランで、関西学院大学陣ゴール前に迫り、

WR80田中(虹)選手へのパスで、タッチダウンを取る。
ここで、再び2ポイント・コンバージョンに挑むが、

これも関西学院大学ディフェンスに弾かれ、6点に終わる。
[関西学院大学 44-26 西南学院大学]

試合も既に終了が見える時間帯となり、西南学院大学、キックオフでオンサイドキック(敢えて短く蹴り出し、ボールの所有権確保を狙うギャンブルキック)を敢行。

しかし、これを押さえたのは関西学院大学。攻撃権奪取、ならず。
関西学院大学は、この攻撃で時間を巧みに消費しきり、

最後はK16永田選手(2年:浜松西)のFGで試合を締め、
[関西学院大学47-26 西南学院大学]
関西学院大学FIGHTERSの勝利、
関西学院大学、3回戦進出、となりました!



不謹慎を承知で書くと、これほど西南学院大学がやるとは思っていませんでした。正直、蹂躙されると思っていたのです。
想像した以上に戦える力があり、何度か関西学院大学に届きそうな状況に持ち込みました。

個人的には、この対戦は実力で差し測ると、本来なら実現するには、最短でも12年はまだ必要だと思っていました。この戦いを見たうえでも、まだそう思っています。
関西学生1部で戦っている次元と、他の連盟との差は、試合運びやフットボールIQという点で、大きく隔たりがあるとみています。これは長年に渡る、人材の集中度、周辺の認知度・支援度、その中で凌ぎ合う為に磨かれた残り時間を逆算して勝利する見積能力、その理解力・実行力の差、でもあります。
それを埋めるのに相当数の年数が必要だとみていました。それが取り組みの数奇の巡り合わせで、一足飛びに実現した奇跡だと、私は思っています。九州学生全体にとっても、またとない僥倖だったとさえ思っています。

その様にみていたので、もっと極端な得点差に終わるとみていました。事実、関西学院大学の得点は、思っていた程度のものとなりました。違ったのは西南学院大学の得点力で、これが予想以上に良く、関西学院大学守備を上回る部分があり、試合を魅力的なものにしたとみています。

上回ったのは、西南学院大学史上最高と謳われた、QB16伊藤(嵩)選手の存在でしょう。
関係者から見れば、言うまでもない事なのでしょうが、彼の走りと、その流れから繰り出すパスは、関西学院大学を慌だたせるだけのものである事が、よく見て取れました。明らかに負傷を圧してプレーしていたのにも関わらず、です。この奇跡の対決を指揮するQBが、彼であった事が、極めて大きな幸運だったと思います。

もう一つ特筆すべきは、その伊藤(嵩)選手を活かせる存在がいました。WR15城代選手です。
次世代のQBでもある彼がWRとして大活躍しました。正確な統計は取っていませんが、ざっとみてこの試合だけで200ydは軽く稼いでいます。彼の高さ、速さ、勝負強さは、関西学院大学を圧倒していました。おそらく関西学院大学は、彼以外の上級生主力選手の対策と配置を主に置いていたのでしょう。城代選手を、活躍しているとはいえ、次のQB候補であり本来のWRではない、と見た向きが感じられます。この見積違いが如実に表れた結果とも言えます。

結果として、関西学院大学から4TDを挙げる、立派な成果を残しました。これはこの時点で、関西学院大学を相手にした成果としては、他のどの大学よりも素晴らしいものです。九州学生界の王者として、その存在を誇っていい、見事な成果となったとみています。九州学生アメリカン全体とみても、面目躍如となる内容だったと思います。

この成果を引き出した、もう一つの要素として、西南学院大学監督である吉野監督の存在も挙げたいと思います。吉野監督は関西大学KAIZERS出身で、2009甲子園ボウル制覇した時の選手でもあります。そしてXリーグで大躍進による注目を集める、みらいふ福岡SUNSの代表でもあり、かつ今なおDB/K/P兼任として活躍する選手でもあります。

吉野監督は、当時の勤務先の配属都合から九州に赴任し、そこで当時の西南学院大学監督であった、故・桑原監督に請われ、ヘッドコーチとして加わります。そして一念発起して会社を退職し九州に居を置き、この時に東海学生勢に初めて勝利するという功績も挙げました。そして桑原監督死去後、その意思を継いで監督として率いられています。

この生ける例外、生ける伝説とも言うべき監督がいた事も、大きな要因に思います。間近にそのような人がいて、その人とともに戦えるという環境が、常識で物事を見ない感性、風評に踊らされない胆力を育んでいると考えます。それがこの試合全体で、局地戦でみると互角の戦いをしていた要因だったように思います。

言い換えれば、それだけの人間力を養っていても、アメリカンの本来の力量を示すランの好守に置いて、比較にならない程の圧倒差が生じている事が、これから九州学生勢が挑まねばならない課題になるでしょう。これは突出した選手ではなく、アメリカンをやっている当たり前の選手達の力の差、でもあります。

これを克服する為には、西南学院大学以外の、対抗馬となるライバル校達の躍進が必要です。高みに触れるのが、頂点に辿り着いたものだけが得られるものではなく、間近に迫る戦いの場で得られ、求められる環境になっていく事が重要だと思います。そのもう一つの雄が、福岡大学・九州大学・久留米大学といった、他の優勝候補になるのか、琉球大学・佐賀大学といった今は下位にある大学となるのか、はたまたDiv2にある大学となるのか、は、わかりません。
ただ、かつて私の母校、姫路獨協大学WILDBOARSがDiv3にありながら、当時優勝常連校であった京都大学GANGSTARSを、春の練習試合で打ち破った様に、いつでも覆る緊迫感がある集団になっていく事が重要です。この風土を築くのに必要な時間を、私は早くて12年とみました。出来ればこの見立てが見積違いだった、と、言われる成果を、今後の九州大学勢に期待したいです。

本来なら勝利した関西学院大学の事も同様に述べるべきなのでしょうが、より多くの方が彼らの事をこれからも寸評するでしょうし、また彼らが今から挑もうとする高みは、私が存在すら知らなかった世界でもあります。それらは、それを知る方々の言に委ねたいと思います。

私としては、この試合が、後のアメリカンにとって重要な支柱となる試合であったとなる事を、祈念致します。
素晴らしい戦いを、有難うございました!


ではではー^^)/。


*********************************************
全中継は、こちら。

[LIVE録画]
posted by りちゃ。 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186807084
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック