★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2019年11月23日

【アメフト】ゴールデンファイターズ×J-STARS[2019XリーグDiv2west]

今期波乱となったXリーグDiv2west最終節。
ともに入れ替え戦に挑む事になった両雄の対戦となるが、ともにX2west波乱の一角を間違いなく担った。
この戦いに勝利し、次に来る決戦を有利とするのは、どちらか!?

[LIVE録画]
※後半のみの撮影となります。


[ダイジェスト]
前半はJ-STARSのQB8杉谷選手(大阪体育大学)を軸としたパス攻撃が機能し、
[GF 3-10 J-STARS]
と、J-STARSリードの展開で後半戦に移る。


後半開始のキックオフで、

ゴールデンファイターズ(以下、GF)K35池田選手(摂南大学)の見事なキックにより、J-STARSは自陣深くからの攻撃を余儀なくされ、

返しとなるP2若林選手(桃山学院大学)のパント(キックによる攻撃放棄)でも挽回出来ず、好機となったGFは、

RB91森川選手(大阪工業大学)、

QB10吉村選手(大阪教育大学)のランで詰め寄り、

同点となるタッチダウンを決める。
[GF 10-10 J-STARS]

さらに一気に逆転にせんと、次の攻撃で、

RB28永井選手(甲南大学)のラン等で前進していくが、

タッチダウンをと狙ったパスを、J-STARS SF10吉澤選手(関西外国語大学)にインターセプト(パス奪取)されて逸する。
しかし、J-STARSの攻撃は、

GFディフェンスの圧力も高まり、前半の様に機能しなくなってしまう。
逆にGFは、

RB28永井選手、

RB9多田選手(京都教育大学)のRBコンビにより、逆転のタッチダウンを決める。
[GF 17-10 J-STARS]

歯止めをかけるべく、J-STARSも、

DE51小野選手(関西外国語大学)等が奮闘するが、

RB28永井選手、

RB91森川選手等が、

ランプレーを重ねて前進し、

最後はQB10吉村選手が自ら飛び込んでタッチダウンする。
[GF 24-10 J-STARS]

ここでJ-STARSも状況打開を、とQBを#9宮城選手(関西大学)に交代。その初手で、

WR17堀選手(龍谷大学)へのロングパスをヒット。突破口となるかと思われたが、

勝負処の4th Down ギャンブル(4回目攻撃権でも攻撃続行)を失敗。攻撃権を失い、

GFはランプレーを続けて時間を消費していく。
結果、J-STARSの攻撃時間は殆ど残っていない状態となり、それでもなお果敢に挑むが、

またしても4th Down ギャンブル失敗で攻撃権を失い、勝負あり。


[GF 24-10 J-STARS]
ゴールデンファイターズの勝利となりました!



まず撮影が後半部分のみとなりました事、お詫び致します。

終わってみればGF完勝、と見える結果となりましたが、撮影準備をしていました前半終了時点では双方互角、むしろJ-STARSの方が周到に試合を運んでいた内容でした。
おそらくは、J-STARSがこの試合に備えて、相応の準備を整えていたのだろうと察しています。

ただ後半に入って、今期戦略の生命線としてきたショートパスの精度が若干落ちてしまった事、同時にGFがその攻撃に対応できた事が、GFペースで進んでいった理由であろうと思っています。
高度な取り組みへの挑戦は、一定の成果にはつながっているので素晴らしい事ではありますが、もう一歩上へのグレードアップが成るのか、が、今後の課題でしょう。
その為には、この後に控えるDiv3との入れ替え戦を勝利して降格回避する事も、必要です。
十全に備えて、事に挑んでほしいものです。

GFは戦績から、この試合で今期は終了となります。
QB10吉村選手の能力に頼った粗さが懸念であったチームですが、今期を拝見している感じでは、幾何かその偏りが薄れてきた様に感じます。
脇を固めるRB、WR陣が応じられ始めてきた事と、QB10吉村選手自身がパスのタッチ、組み立て方等で、変化してきた事が大きいと思っています。
雰囲気だけで語ると、米国NFLで1990年代中盤の、QB7John Elwayが率いた当時のDenver Broncosに近い印象を受けます。
この時は奇跡のRB30 Terrell Davisが現れてbalancerとなった事で改善し、頂点に上り詰めました。
GFにもその様な選手が出現するのか、はたまた違った形で突破となるのか、は、わかりませんが、行く末が気になる存在ではあります。来期も楽しく観戦したいです。

両チーム、お疲れさまでした!これからも頑張って下さい!

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186834130
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック