★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2019年12月07日

【アメフト】J-STARS✕愛知ゴールデンウィングス[2019XリーグDiv2-3入れ替え戦"WEST2CLASSIC"]

いよいよ、今期XリーグDiv2-3の総決算が始まります!


[ダイジェスト]
先手は愛知。いきなり、

"フリー・フリッカー"(一旦バックスにボールを渡し、後にQBに戻して行うパスプレー)を敢行する。
失敗に終わるが、この試合にかける意気込みが伝わる。
が、J-STARS、その攻撃を、

SF10吉澤選手(関西外国語大学)がインターセプト(パス奪取)して断ち切る。
そして転じた攻撃で、QB8杉谷選手(大阪体育大学)から、

WR87越智選手(大阪経済大学)へのパスで前進し、

WR9宮城選手(関西大学)へのパスで、先制のタッチダウンを挙げる。
[J-STARS 7-0 愛知GW]

これに対し、愛知GW QB8橋本選手(名古屋商科大学)も、

WR1勝本選手(関西学院大学)、

RB35水野選手(日本福祉大学)へのパス、と、

空中戦でJ-STARSディフェンスに挑んでいくが、

このパスを、OLB19中本選手(日本体育大学)がインターセプトし、攻撃権を奪う。
そして、

逆にWR9宮城選手へのパスで愛知GW陣に入り、追加点を狙いに行く。

が、それを愛知DE86野田選手(名古屋大)がQBサック(パスを投じる前にQBを倒すプレー)して止め、このまま前半は終わる、かと思われたが、

その終了前に、J-STARSはWR17堀選手(龍谷大学)へのパスでオフェンスを進め、FG(フィールドゴール:キックによる加点)のチャンスを掴むと、

ここで、FGフェイクのパスを敢行する。Hに入った#17堀選手のパスはWR88國田選手(甲南大学)の手に渡る。が、これを愛知CB14水谷選手(京都薬科大学)が読み切って対応。
攻撃権更新失敗、となったところで、
[J-STARS 7-0 愛知GW]
のまま、前半戦を終える。

後半、いきなり試合が動く。
最初のJ-STARS攻撃、QB8杉谷選手の一投目を、

愛知CB14水谷選手がインターセプト。そしてそのままエンドゾーン(得点エリア)まで持ち込み、同点のタッチダウンとする。
[J-STARS 7-7 愛知GW]
試合は一気に振り出しに戻る。

しかし、J-STARSはすぐさま、



TE91廣瀬選手(大阪教育大学)へのパスを基点に攻撃を立て直し、

WR9宮城選手へのパスでタッチダウンを取り返す。
[J-STARS 14-7 愛知GW]

愛知GWも、再度追いつこうと攻撃するが、

J-STARSもCB21藤井選手(近畿大学)ハードヒット等、ディフェンス陣が圧力かけ、緊迫した攻防が繰り広げられる。
しかし愛知GW、その中を、

RB35水野選手、

RB27大塚選手等が、

ランを重ねて前進する。が、

勝負処でQB8橋本選手、パスを決める事が出来ず、攻守交替。
受け手に回ることになるが、しかし、

J-STASパント(キックによる攻撃放棄)で、LB15松田選手(南山大学)がチャージして、ボールをJ-STARS陣に留める事に成功。
これを好機、と、愛知GWは攻め込もうとするが、

そこをすかさず、J-STARS MLB1浜田選手が突き、QBサックして逆に追い込む。
時間がない中、愛知GW、4th Down ギャンブル(4回目攻撃権でも攻撃続行)を敢行。

見事、WR1勝本選手にパスを通して突破。
そして、一気にタッチダウンを獲りに行く!

しかし、このパスを取ったのは、J-STARS OLB19中本選手!
愛知GWにとって痛恨の、J-STARSにとって起死回生のインターセプトで、攻守交替となる。

絶体絶命の愛知GWは、

DE91藤井選手(近畿大学)等ディフェンス陣が奮闘。またタイムアウトも使い、残り1分を切ったところで、ついに攻撃権を獲得。
このチャンスを最後と意気込み挑むが、

またしてもJ-STARS MLB1浜田選手がQBサック。3rd Down Longとなり、しかし、愛知GW、逆転をかけて、勝負!

が、失敗!
これで勝敗は決する。


[J-STARS 14-7 愛知GW]
J-STARSの勝利、
J-STARS、Div2残留、となりました!



最終盤まで勝敗の行方がわからない、まさに入れ替え戦と呼ぶに相応しい熱戦でした。

愛知GWは、本当に惜しい試合でした。力量は見劣ってはいなかったと思います。
シーズン中から感じていた、例年に比べると試合運びにムラがある課題が、最終盤の場面で露呈してしまったのが残念です。
選手個々のスキルの面ではグレードアップしているのですが、今までの愛知DWの強みであった、試合の流れに応じたシナリオを描く才覚、それをメンバーに伝え、メンバーが受け取れる伝播力が、例年に比べると弱かった様に見えました。
一因には、QBが今期から参画されている事もあり、そこまで熟成出来なかったのだろう、と思っています。
とはいえ、そのQB8橋本選手の技術的技量は、見るから十分に感じますので、務めるに足りると思います。
あとはそれが、部品としてのQBではなく、コンダクター・アクター・シナリオライターとしてのQBになっていける事に、期待したいです。

J-STARSは、厳しい戦いながらも、この難局を切り抜けました。無事Div2残留を決めてホッとしているすと思います。
今期を通じてショートパスを基点とした、所謂ウェスト・コースト・スタイルが形になってきた結果だと思います。
スキルポジションに相当の度量を求められるこのスタイルですが、上手くいけば格上の相手を倒す事が出来るのは、かつて1980年代NFLに王道の道を歩んだ、Bill Walsh,Joe Montanaが率いたSan Francisco 49ersを見れば明らかです。
開幕戦の対西宮戦をドローと出来たのも、これが一因だったと感じています。
ここに突破口を見出すなら、求められるのは安定感、となります。
それを、スキルポジションプレーヤーの更なるレベル強化とするのか、はたまたOL陣の強化によるラン攻撃の強化、とするかは、チーム事情になると思いますが、来期以降のチーム模様がどうなるか、注目したいです。

両チームとも、お疲れさまでした。
来期も頑張って下さい!

ではではー^^)/。


*********************************************
全中継は、こちら。
posted by りちゃ。 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186890700
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック