★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2020年08月27日

【Playback】INANIWA"千石"センストーンズ 奮闘記(2009〜2010)

不定期チンタラでやっている振り返り。今回は本当に知ってるヒトを探すのも大変ではないか、というチームです。


その名は、"NANIWAセンストーンズ"。

確か1990年代からあったチームですが、常にリーグ下部にあったと思います。だから多分、チーム関係者か対戦経験ある方、協会関係者しか、知らないだろうと思います。

そんなチームに、何でか私は引っかかって記憶してました。何でかなのかは明確なのですが。

存在を知ったのは、大学選手時代(1991〜1995)。
TD誌のチーム・選手名簿一覧でです。
その当時のチーム名は「千石センストーンズ」でした。

「チ、チーム名が、ド直球のダジャレってΣ(;゚Д゚)」

万年厨二病の琴線を刺激しまくる名前だったからでしたw;。


今思うと、いかにも大阪在所のチームらしいベタで飾らない名前だな、と思います。
これは、京阪神の方々は他所の方々の様に異文化のモノに"染まろう"とせず、異文化のモノを自分達の文化に"取り込もう"とする風土を現わしている様に、私は思います。
この風土や精神が、アメリカンフットボールを自分たちの生活風土に加え、時流に拘らず普及させている一因に思えています。
ちなみに名前以外では、私はこのチームを全く知りません
(〃▽〃)。


さて、そのNANIWAセンストーンズも今はなくなっていますが、その最後の時期の試合を断片的にですが撮り納めていました。
その当時は、大学時代や後輩達の為の撮影だったので、今回編集したら、実は殆ど身内選手の身贔屓動画になってもた、という残念な仕上がりでしたが(〃▽〃)。

当時を偲ぶものとなれば幸いです。
また、こういった風土を活かしたチームが、今後も出てくる事を期待します。
posted by りちゃ。 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ひ出ほろほろ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187847265
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック