★ブログランキング参加中☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png Youtubeチャンネル登録_短縮URL http://urx3.nu/M1Zp
NFA468x60.png

2020年10月24日

【アメフト】佐藤建設スタンディングベアーズ×三重ファイアーバード[Xリーグ Div3west]

この状況下にあり、遠方より奮闘続ける両チームの雄姿に、感謝です(´`)。


※スカウティングビデオとして撮影しています。

【ダイジェスト】
まずは佐藤建設の攻撃。エースRB9番のランから展開測るが、

これを三重ディフェンス、DT51番、DE52番が猛ラッシュする等して食い止める。
だが、この抵抗にも、

RB9番、果敢にも突破、

そして呼応するようにRB2番のランも重ね、三重陣内に入り込む。
この流れを、三重、

OLB80番がランブリッツ(ランを想定してラインを割り込む強襲策)からの激しいタックルで牽制し、

CB19番のインターセプト(パス奪取)を呼び込む。
これを好機としたい三重は、

TE28番へのパスで、攻めへと転じていく。が、

4th Down ギャンブル(4回目攻撃権でも攻撃続行)に失敗。自陣深くで攻守交替を招く。
このチャンスを佐藤建設は、

QB15番からWR1番へのタッチダウンパスで先制とし、さらにトライ・フォー・ポイント(タッチダウンの後の1プレー)でRB2番
ランを決め、2点追加する。
【佐藤建設 SB 8-0 三重 FB】

均衡を戻すべく、反撃に転じる三重。しかし、

そのパス攻撃を、佐藤建設OLB48番にインターセプトされてしまう。
窮地に立つ三重だが、ここで怯まず、

DT51番、

OLB80番が急襲して圧力をかけ、

これを食い止める。

だが、このまま前半が終わるかと思われた終盤に、

佐藤建設RB2番が一気に三重陣を切り裂き、

WR1番のタッチダウンランに繋げる。
ここでのトライ・フォー・ポイントもプレーを実行し、WR1番が、今度はパスキャッチで決めて、
【佐藤建設 SB 16-0 三重 FB】
として、前半戦を終える。


後半、この佐藤建設攻撃に対し、

三重OLB80番が、

再三の好タックルで歯止めを掛けに来る。これをしかし、

佐藤建設RB2番が一瞬のスキを突いて突破し、

RB9番がエンドゾーン(得点エリア)に駆け込みタッチダウン、さらに2ポイントコンバージョンも決めて、リードを拡げる。
【佐藤建設 SB 24-0 三重 FB】

勢いに乗じてディフェンスでも、



DE91番やCB21番等によるタックルで圧力をかける。
これに抵抗するべく、



三重OLB80番が再三のブリッツで佐藤建設攻撃のリズムを狂わせ、

窮地をSFに配置した77番のパスカットで凌ぐ。
そして反撃に転じようとするが、

敢えて敢行した4th Down ギャンブルが失敗に終わり、

逆に佐藤建設WR21番にタッチダウンパスキャッチを決められる。
※2ポイントコンバージョンも成功。
【佐藤建設 SB 32-0 三重 FB】

さらにこの後の攻撃でも、

RB9番が、

巧みなステップでタッチダウンを重ね、


このまま試合終了。


【佐藤建設 SB 44-0 三重 FB】
佐藤建設スタンディングベアーズの勝利、となりました!


伝統のラン攻撃で圧倒した佐藤建設が完勝した試合でしたが、三重もディフェンスで好プレーが多々あり、見所もある内容でした。

攻撃力の差が得点差に直結した部分でもありますが、これはオプションやその裏をつくパス等、スピードやタイミングを重視するスタイルを用いる三重においては、コロナ禍で充分な練度を積めなかった点が大きいと見ました。

今期はその厳しい環境下で、各チーム自分たちの強み・弱みの検証や分析を求められるシーズンになっている様に見えます。
実際、降昇格がない事もあり、優勝の意味が希薄なシーズンでもある為、より自己錬磨の意識を高める必要があるシーズンとも言えます。

この中で戦う事で、来期以降への飛躍の元となるものを得られる様、頑張って行ってほしいと思います。


ではではー^^)/。



【LIVE中継動画】
posted by りちゃ。 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188056067
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック