★ブログランキング参加中☆ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆ URL https://www.youtube.com/@do-rakuya qr20220820002456055.png
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。

X2X3バナー2023秋.png

2024年06月09日

【アメフト】関西大学第一高等学校KAISERS×関西学院高等部FIGHTERS【関西高校アメリカンフットボール春季大会】

この日、春のEXPOにて行われる"関関対決"

関西大学第一高等学校KAISERS(大阪3位)×関西学院高等部FIGHTERS(兵庫1位)

関西大学第一高等学校(以下、関大一高)は、大阪府予選で強豪箕面自由学園を倒して堂々進出の春季大会となる。
その予選は3位に終わったが戦いぶりに見劣りは無く、今大会の優勝争う一校として相応しいものを持つ。

だが、そこに立ちはだかるのが百戦錬磨の関西学院高等部(以下、関学高)だ。
日本屈指の強豪校である関西学院大をその頂きに置く同校は、今春、その予選で県内のライバル啓明学院を試合最終盤で17点差を覆す大逆転勝利して、この地に赴いた。
試合巧者の伝統に、逆境を跳ね返す凄みを帯びて今春は参戦。いやが応にも期待が高まっている。

ともに名門を自負する両校の、どちらが勝利し凱歌を掲げるか、観戦いたします。


20240609-2.png
https://youtube.com/live/-tB31Dk1YN8
posted by りちゃ。 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

【アメフト】南山高等学校CRUSADERS×追手門学院高等学校LUMBERJACKS【関西高校アメリカンフットボール春季大会】

水無月に入り各地の春アメフトは、華やぎよりもそれぞれに掲げる頂きを競う場に移りつつある。
その中の気運の最たるにある、高校アメリカンフットボール関西大会2試合を、この日は撮る事になった。

南山高等学校CRUSADERS(東海1位)×追手門学院高等学校LUMBERJACKS(大阪2位)

3年前、屈指のアスリートQB内川を擁して関学高を倒し、その名を界隈に示した南山高校が登場。
京阪神以外のチームで近年最も存在著しい同校に、やはり今春も注目は集まる。

だが、それに対する追手門学院高も、それに見劣らない成長を近年見せ続けている。
今春の大阪府大会も強豪ひしめく中、初の決勝に進出し、その気概上げての関西大会参戦となった。

この春季大会に旋風を起こすのがどちらとなるのか、観戦いたします。


20240609-1.png
https://youtube.com/live/q0bfGRlVS_o

posted by りちゃ。 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2024年06月08日

【アメフト】富山大学FIREBULLS×大阪教育大学DRAGONS【第42回北陸ボウル】

春の北陸を彩る祭典"北陸ボウル"。
42回目を迎えるこの大祭は、今回が初の単独参戦となるチームが新風吹き込まんと強敵に挑む、興味深い催しとなった。

富山大学FIREBULLS(北陸学生)×大阪教育大学DRAGONS(関西学生Div3)

大阪教育大学は単科大学ながら、かつては関西学生Div1にも進出し関西学院、立命館などの強敵と覇を争った伝統をもつ知る人ぞ知る強豪のひとつ。
そのOBにXリーガーも多数おり、存在感を放っている。
現在はしかし単科大である人員難からDiv3に甘んじているが、個々の力量は見応えあり、侮れない凄みをもつ。

この強敵に、越中で奮闘する富山大学が挑戦する。
富山大学は、かのコロナ禍の当時、他に漏れず存亡の危機にあった。がしかし、そこに関東高校界の一雄、川越東の出身者が入部する僥倖を得て体制を立て直し、金沢大、福井県立大に肉薄する等、著しい躍進を見せつつある。
その2強を越える為の試練として、あえてこの大役に挑む決断をとった。
昨年の北陸ボウルでも3校合同参戦の形で体感した難敵に、敢えて再挑戦するその勇断を、私はこの事を大いに賞賛したいと思う。

その結末が、はたしてどのようなものを生み出していくのか、観戦いたします。


20240608-1.png
https://youtube.com/live/a3ZQaAZ3W4g
posted by りちゃ。 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2024年06月02日

【アメフト】ゴールデンファイターズ×いそのスーパースターズ【XリーグJrトーナメント】

この日はXリーグ春の祭典のひとつ"神戸ボウル"の後に開催される、この一戦を追う。

Xリーグ Jrトーナメント準々決勝
ゴールデンファイターズ×いそのスーパースターズ

前節、ともに"X2対決"を制したチーム同士の対戦、という事になった。

いそのはともに東海アメフトを牽引してきた愛知ゴールデンウィングスを制しての進出で、過去2年、このJrトーナメントでは決勝に進み出るも惜しくも準優勝に終わった無念がある。
今年こそその栄冠を手にしたいと意気込んでいる。

だがこに立ち塞がるのが、昨秋X2westの波乱の立役者となったゴールデンファイターズだ。
初戦となった前節の"X2対決"は、関西社会人の名門、西宮ブルーインズであり"事実上の決勝戦"とまで謳われたその試合を制しての進出。
昨秋の勢いはまだ続いている凄みを帯びている。
しかしJrトーナメントでは近年成績振るわず、初戦で難敵を制した今回はそれを払拭する好機とみている感がある。

はたしてその想いを叶えるのはどちらとなるのか、観戦いたします。


20240602-1.png
https://youtube.com/live/5mVXy6zgVxY
posted by りちゃ。 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2024年05月19日

【アメフト】クラブアイランズ×トライスターズ【2024XリーグJrトーナメント】

この日のEXPO最後の一戦は、今季の躍進の道筋を模索する両雄の一戦となった。

クラブアイランズ(X3west)×トライスターズ(X3west)

どちらもJrトーナメント初戦を落とし敗退となった身にあるが、その点で言うと現状五分といった両雄でもある。

そして以外にも共通事情が多い。

どちらも関西社会人で長く活動し2010年代にはX3優勝を遂げたり、トライスターズはX2にも在籍していた。
さらに現状の状況も近しく、ともに人員厳しいながらも在野から人材を得て育て、往時に並ぶ堅守を構築しており、課題は攻撃、その要諦となるQBが他ポジションからのコンバートも視野に入れつつ模索している、等、様々な面で近似値が存在する。
その意味でも、突破口を先に見出せるのがどちらになるか、興味深い。

そんな両雄の一戦を観戦いたします。


20240519-3.png
https://youtube.com/live/lheZ9uZBNhQ

録画版【HQ】
https://youtu.be/8AdS3VKSahE

<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

【アメフト】正英ブレイザーズ×三重ファイアーバード【2024XリーグJrトーナメント】

思いの他に涼やかさが漂う初夏となった2024年5月。
社会人アメフトXリーグも東西各層にて春季トーナメントが執り行われている。
その中の一つ、X2X3west等が集い催される"Jrトーナメント"の一戦、

正英ブレイザーズ(X2west)×三重ファイアーバード(X3west)

に向かう事になった。

この両雄、昨季まではともにX3westの地位にあったが、近年選手スポンサーともリクルートに成功したブレイザーズが抜け出し、今季X2west昇格となった。
一歩遅れた立場となった三重としては、ここで挽回する見せ場を演じたいところだろう。
だが先んじた正英としては、今季更なる躍進を狙うべくあり、返り討ってその弾みとしたい。

果たしてどの様な試合となるか、観戦いたします。


20240519-2.png
https://youtube.com/live/Bm6s46sUqiA

<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2024年05月12日

【アメフト】『第2回宮古ボウル』宮古島シーホークス×琉球ガーディアンライオンズ

5月。各地で今春のアメリカンフットボールが開催されている時節となった中、その一つが、遠く南端にある宮古島にて執り行われる事になる。

『第2回宮古ボウル』
宮古島シーホークス×琉球ガーディアンライオンズ

福岡SUNS、そしてそれに呼応して勃興した琉球ガーディアンライオンズに触発され、2021年に宮古島に新たなフットボールチームが誕生した。
沖縄本島と台湾との中間位置にあるこの島で起きたチームは、対戦相手の困難さに苦心しながら熱意ある鍛錬を重ねて、先達たちに追いつかんとこのフットボールに取り組んでいる。

その兆しの勝利を掴みたいと、自らの地でのボウルゲームを企画した。
対戦相手は、まさにその象徴の一つとも言える"琉球ガーディアンライオンズ"を招いてである。
その意気込みや良し、といったところだろう。

この挑戦の中に現れる光明を見出しく、観戦いたします。


20240512-1.png
https://youtu.be/uRGpMI0eHzs

<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2024年05月06日

【アメフト】いそのスーパースターズ×愛知ゴールデンウィングス【XリーグJrトーナメント】

GWに入り、社会人Xリーグも春シーズンがスタート。
その中の一つであるX2X3も、東はスプリングトーナメント、西もグリーンボウルチャレンジ、Jrトーナメントがいよいよ始まった。

GW最終日となるこの日は、滋賀の布引でそのうちの一試合が執り行われる。

いそのスーパースターズ(X2west)×愛知ゴールデンウィングス(X2west)

ともに岐阜、愛知と東海地域に拠点を持つ両雄の今季開幕戦となった。

どちらも一度X2に昇格なったが陥落し、近年はX3に甘んじていた。
その中で愛知が5期連続X3ブロック制覇、入れ替え戦挑戦とするも復帰叶わずと続く中、いそのがひと時の隙を突き、先んじてX2昇格復帰を決めた。
愛知も遅ればせながら昨季X2昇格を決め、今季両雄はX2の舞台で戦う事になる。

長く東海地域で奮闘する両雄の今季を占う一戦を、観戦いたします。


20240506-1.png
https://youtube.com/live/eotCz5dffQ0

<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2024年05月04日

【アメフト】岡山スタンディングベアーズ×愛媛オールスターズ『第36回瀬戸大橋ドリームボウル』

さて。今年の『瀬戸大橋ドリームボウル』は2日間にかけて行うイベントとなったが、2日目に組まれた試合は、まさに中四国のアメフト普及に尽力重ねる両雄のカードとなった。

岡山スタンディングベアーズ(X2west)×愛媛オールスターズ
※愛媛オールスターズは、愛媛大学Bombers(中四国学生1部)と愛媛オレンジメン(四国アイランドリーグ)の合同チーム

岡山スタンディングベアーズは、このアメフト普及厳しい中四国で長く活動するXリーグ加盟チーム。
1990年代にはセリオをスポンザーとして、1部にもあった古豪でもある。
しかし2010年代にセリオがスポンサーから降り、長く低迷にあえいでいたが、近年に佐藤建設がスポンサーとなり復活。昨年ついにX2昇格(チームとしては復帰)を果たすに至った。
今季はそのX2復帰初年度にもなり、今一度中四国アメフト界を盛り上げようと気概を挙げている。

そこに、愛媛大学と愛媛オレンジメンの合同チームが挑む。
愛媛大学は中四国学生1部に属し、2013年以来優勝から遠ざかっているが、寡兵ながら常に優勝争いを演じる好チーム。近年では現在X2ゴールデンファイターズで活躍するQB竹内や、今回相対する岡山スタンディングベアーズにWR参加している鎌倉などの好選手を輩出するチームでもある。
愛媛オレンジメンは、現在の社会人アメフトの祖とも言うべき四国アイランドリーグにて活動を続けるチームで、社会人という枠に取らわず、部が存在しない学生達にもアメリカンフットボールを与える場としても門戸を開き、アメフト普及に尽力を続けている気概あるチームである。
この両チームが今回手を携え、貴重な対戦の場を作り上げる事となった。

それぞれ今季のシーズンは、自分たちのジャンピングボードとしたい想いが募っている。
そのきっかけとなるものを見定めたく、この試合を観戦いたします。


2024050304-1.png
https://youtube.com/live/KPpIMO_ha-U

<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2024年05月03日

【アメフト】岡山大学Badgers×広島大学Raccoons『第36回瀬戸大橋ドリームボウル』

春の岡山で開催される『瀬戸大橋ドリームボウル』。
アメフト普及が厳しいこの地に、しかしそれ故に守るべき大祭として続けられてきたこのボウルゲームも、ついに36回目の時を迎える。
改めて関係者の奮闘に感謝申し上げたい。

その大祭、今回は2日間に分けて美麗なる岡山シティライトスタジアムで執り行われる事になった。
その初日となる試合は、中国地方で奮闘する大学生たちの対戦となる。

岡山大学Badgers(関西学生Div4)×広島大学Raccoons(中四国学生1部)

この中国地方一二を競う両都市の国立大は、ほんの僅かな地勢の違いから全く異なる来歴を持っている。

岡山大学は、近畿圏に隣接する位置から関西圏への憧憬に似た提携願望が古くからあり、その風土の流れから当初より関西学生に所属してきた。1980年代には関西学生1部にも在籍して、関関同立や京大などといった強豪勢と甲子園ボウルを賭けて戦いを重ねもし、中国地方でも一等の地位を得ていた。

対して広島大学は、中国地方や四国地方含めた中軸に位置する事から"中四国の一等地"という気風が強く、関西学生へは参加せず中四国学生に所属してきた。もともとの都市の規模、更に大学自体の知名度もあり、常に上位勢にある位置を得ているが、所詮地方リーグの事と軽んじられる風でもあった。

転機となったのは、甲子園ボウルが全国大会化した時からだろう。
それまで関西学生、関東学生の1部にしか出場の権利がなかったそれが、一気に全国にある学生リーグを含めて出場の機会を得られる体制になった事で、それまで権利がなかった広島大学にとってそれは、大きな加勢となった。
対して国内最も熾烈を極める関西学生に属する岡山大学は、そのステージに立つ為の幾層も越えればならぬ壁の高さと、地方ゆえの人材確保難から苦境に立ち、さらにコロナ禍による緊縮要求から一時は試合が出来ない程に人員が減り、存続が危ぶまれる事態に陥った。
幸い懸命な勧誘活動が実り参戦継続となったが、現在はDiv4という立ち位置になっている。

それぞれの風土からなる生い立ち差が、時代と情勢の移り変わりで対局の立場を生んでいる両雄だが、その今を競う意味で、この祭典ではそれぞれのこれまでの存在証明を示したい。

果たしてその中に光明を見出すのがどちらとなるか。観戦いたします。


2024050304-1.png
https://youtube.com/live/fvjVCTYGkGk
<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)