★ブログランキング参加中☆ にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★Youtubeお気に入り登録先☆ URL https://www.youtube.com/@do-rakuya qr20220820002456055.png
※QRコードをクリックするかバーコードリーダーで読み込むと、登録画面に移ります。

X2X3バナー2023秋.png

2024年04月07日

【アメフト】『九州ボウル』PREIADES福岡SUNS×ALL KYUSHU(九州社会人&九州学生合同)

球春と呼ぶに相応しい風情となった2024年。
国内アメフト胎動の初戦は、思いもよらないビックゲームにて幕開けとなる。

<九州アメフト50周年プロジェクト>
と号して、その節目を祝う一大イベントとして組まれた『九州ボウル』。
その記念すべき一戦の組み合わせは、

PLEIADES福岡SUNS(X1Super)×ALL KYUSHU(九州社会人+九州学生合同チーム)

という、九州アメリカンフットボールの全てが集う祭典となった。

この50年にわたる奮闘と葛藤を讃える一大イベントとなる一戦を撮影したく、処々に渡り相談し、rtv様配信がある中、私も撮影配信させて頂く事となった。
この歴史の一ページとなる一戦を撮り納められる事に感謝しつつ、この試合を配信させて頂きます。


20240407-1.png
https://youtu.be/54rt0pLLEAg

<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2024年02月11日

【アメフト】浦和ウラワーズ×金沢ワイセンベルグ【JPFF第30回オーシャンボウル】

旧暦の正月となるこの日、かつて覇王が天下布武を唱えた岐阜の地にある長良川球技メドゥにて。
2023シーズンを締めくくる"もう一つの全日本王座決定戦"「オーシャンボウル」が執り行われる。
記念すべき節目となる30回目の今大会は、北海道、東北も加わる一大大会となった。
その中、その雌雄を決する場に至ったのは、

浦和ウラワーズと、金沢ワイセンベルグとなった。

浦和ウラワーズは、このオーシャンボウル出場回数8回、うち6回制覇(いずれも最多記録)を誇る東日本の、いやJPFFの筆頭と称して違わない実力を持つ強者だ。
特にこの10年では6度出場し5度制覇を達成し、ディケイドと称しても遜色ない王者である。
その王者が東日本、北海道&東北勢を下し、この地に降臨した。
中には本場米国NCAA1部で活躍した選手を擁する相手もあった中、それをも払いのけここに至ったのは圧巻である。
通算7度目の制覇に対し、万全の戦力を持っているとみて差し支えない。

対するは、北陸にあって2019年以来の出場を果たした、金沢ワイセンベルグだ。
普及厳しい地にあって、しかしかつてはXリーグJrトーナメントにも挑戦する等、常に精力的に活動を続け、4年ぶりの出場を実現した。
その4年間の課程はやはり厳しく、2021年はコロナウィルス蔓延防止による辞退もあった。さらに今回は"正月の災禍"能登半島大地震に見舞われた。
幸い活動可能を保てたが、同朋である能登地方の現状を鑑みると2021年同様、かなりの逡巡をした事は容易に想像できる。が、今回は敢えて出場に踏み切った。
それは2021年の悔しさもあり、そして今苦しみにある同胞への活力とならんとする意気込みもあるに違いない。
負ければその挑戦すら非難されかねない懸念もある中、西日本代表ノービスとの戦いを制してここに至った。
その決意と挑戦を実らせる意味でも、何とかして勝利を手に入れたい。

この両雄、その2019年に対戦しており、まさにその再戦となる。
この時は一日の長ある浦和ウラワーズが38-0と完封勝ちして勝利した。
しかし今回は厳冬期にある岐阜の地にての一戦になる。これが当日にどう出るか。

長良川での天下分け目の一戦を、観戦いたします。


20240211-11.png
https://youtube.com/live/Z5tvjUkVBGM


<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2024年01月28日

【アメフト】京都サウスベアーズ×金沢ワイセンベルグ【JPFFオーシャンボウル代表決定戦】

先週よりアメフト界隈は歴史に名を刻む快事に沸き立ち、気概をあげている空気にある。
その余勢漂う中、もう一つの日本一決定戦"オーシャンボウル"への道程は、いよいよその代表を決する場面となった。

その座の一つを争うは、
西日本代表、京都サウスベアーズと、
中日本代表、金沢ワイセンベルグ、となった。
この両チーム、ともにこの一戦に感慨深い想いを持っている事を感じられる。

京都サウスベアーズは、長い歴史を持ち、現在では京都唯一の社会人参加チーム。
高校、大学での競技経験者が募りやすい京都の地の利あってか、1990年代は西の雄として君臨し、第4回(1997年)、第6回(1999年)はオーシャンボウル制覇し日本一になっている。
しかし近年はその京都府内高校部活の減少、大学生はX挑戦かリタイアの2極化などの影響から人員確保に苦心し、その争いの場から離れて久しい状況になっていた。
しかし今季見事に再構築し、久方ぶりの代表決定戦の場を得た。
再び西日本の雄とならんとこの一戦に挑む。

が、その挑む姿勢に置いて、今回全く異質の想いをもっているのが、対する金沢ワイセンベルグである。
普及厳しい北陸金沢の地にてこちらも長く活動するチームだが、在籍する中日本地区には強豪の長野ブルーパース(2015年度オーシャンボウル制覇チーム)があり苦渋苦心を強いられた中、ついに2019年オーシャンボウル進出を果たし、それ以来のオーシャンボウルへのチャンスを今回得る。
・・・実は厳密には2021シーズンにもその機会は得ていた。しかし辞退した。せざるを得なかった。
コロナウィルス蔓延防止重点措置による自粛を地域から要請された為だ。止む無しとは言え、断腸の想いであったと想像する。
そして今回ようやくその機会を手に入れた中・・・正月に"能登半島地震"に被災した。
幸い金沢がある加賀地方は被災あれど平常の活動を営めているが、、、同朋の能登地方は未だ災禍を受けたままの苦境にある。
その中での参戦。相当に期する想いであるに違いない。
それは2年前の悔しさあってのものでもあるし、今苦しみにある同胞へのせめてもの励みとなる勝利をもたらさんという想いでもあるだろう。
様々な逆風の中で挑んでくる意気込み、侮れない。

この両雄がMKタクシーフィールドEXPOで雌雄を決する。
果たしてその結末はいかになるか。観戦いたします。


20240128-1.png
https://youtube.com/live/Dcqp_--jiq4
<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2024年01月14日

【アメフト】ノービス×京都サウスベアーズ【JPFFオーシャンボウルトーナメント西日本決勝】

2024年に入り、国内の学生界、社会人Xリーグはシーズン終了の時を迎えたが、もうひとつのフットボールリーグ"プライベートフットボールリーグ"の雄、JPFFはここからが2023シーズンの本番に入る。
いわゆる"草アメフト"と称される彼らだが、その頂点を決める「オーシャンボウル」へのトーナメントが行われるからだ。
既にその戦いは始まっており、西日本はその決勝戦が、この日のMKタクシーフィールドEXPOにて実施される。

対戦カードは、新鋭チーム「ノービス」と、古豪チーム「京都サウスベアーズ」となった。
ともにオーシャンボウル出場経験を有するだけに、熱戦が期待できる。

その先に続く、近年躍進著しい中日本勢を制してオーシャンボウル出場を果たすうえでも、その戦いぶりが非常に気になるこの一戦を、観戦いたします。

20240114-1.png
https://youtube.com/live/fO1RaqncGzU

<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2023年12月10日

【アメフト】2023九州社会人王者決定戦『プラムボウル』熊本マーベリックス×C.A.コルベッツ【九州社会人アメフト】

国内アメフト界は、『甲子園ボウル』『ライスボウル』といった頂点決するボウルゲームのカードが定まりつつあり、関心もそこに集まる時期に入ってきた。

地方在野にある団体もその動きに漏れず、まずその先鞭をつけるかのように、九州社会人は秋季王者を決する『プラムボウル』が、熊本水前寺競技場にて執り行われる。

九州王者決定戦『プラムボウル』
熊本マーベリックス×C.A.コルベッツ

近年九州社会人で無双の存在となりつつある熊本マーベリックスが、地元でC.A.コルベッツを迎え撃つ格好となった。

春のトーナメントでは来季X1Area昇格となったトライアクシスJ-STARSを倒すまであと一歩、とまで迫った熊本が、これを制して王者に君臨せんと目論むところだが、C.A.コルベッツも難敵ユニコーンを見事下し、昨年の雪辱を晴らさんと乗り込んでくる。

今秋も昨年と同じ顔合わせとなったが、今回勝利の美酒をあおるのは果たしてどちらか。
観戦いたします。


20231210-1.png
https://youtube.com/live/i02-5aiXVKA
アーカイブ版【HQ】
https://youtu.be/M35b908mkTo

<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2023年11月26日

【アメフト】いそのスーパースターズ×大阪ガススカンクス【2023X2リーグwest】

X2リーグ最終節最後の試合は、初の布引(滋賀県)開催となったカードになる。

いそのスーパースターズ(0勝4敗)×大阪ガススカンクス(0勝4敗)。

ともにいまだ未勝利となっている両チームが、この一戦に有終の美となる白星を挙げんと戦う試合となった。
特に、いそのはX2復帰初年度にして、自チーム初の地元開催となる試合になるだけに、意気が上がっていると思われる。
実際、今春はJrトーナメントで大阪ガスを下しており、尚更この試合は落としたくないに違いない。

だが、同様に大阪ガススカンクスもその雪辱を晴らすには絶好の機会になったとも言える。
苦戦した2023シーズンを、最後に白星で終える事で、来季への弾みとしたいだけに、こちらも何としても勝ちたい。

幸い今季はX3リーグとの入れ替え戦もなく、この試合に全力を注ぐことが出来る。
その意味でも双方、勝利という美酒を手にして終えたい。


リーグ編成大変革による怒涛の展開で進んだ2023年X2リーグ秋シーズンも、いよいよこの一戦でフィナーレを迎える。
その最後を飾る一戦を、観戦いたします。


20231126-1.png
https://youtube.com/live/RR3KOV-bpVg

アーカイブ版【HQ】
https://youtu.be/mDqLuxtRDlI


<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2023年11月18日

【アメフト】島根大学WARRIORS×山口東京理科大学Ball Pythons【中四国学生1部2部入れ替え戦】

2023中四国学生アメフト最後を飾る、1部2部入れ替え戦。
その勝敗が来季の運命を左右する一戦は、このコロナ禍で大きく趨勢が変わった両校の対決となった。

1部からこの一戦にあたる島根大学は、2016年、2017年に中四国連覇を果たし、一躍山陰の雄として躍り出たチームである。
原監督の精力的な指導とリクルーティングで成し遂げた偉業だが、それがコロナ禍による緊縮環境から体制を崩し、得るべき員数を保つ事すら困難となって、今季最下位という事態に陥った。

対する2部から挑む山口東京理科大学は、その島根大学連覇当時に立ち上がった新鋭校で、コロナ禍では勿論他校に漏れず存亡の危機にあった。
が、この時、同じく苦しんでいた山口大学と協力し、その直前に立ち上げた自主開催ボウルゲーム「山口維新スプリングボウル」を苦心して開催し続け、その状況下でも部員確保に成功し、山口大学と協力して切磋琢磨し、むしろ人員と地力を蓄えてきた。

その盟友山口大学は先んじて1部復帰を果たし、一気に中四国制覇を果たした事は記憶に新しい。
これに続かんと、この入れ替え戦勝利を目論んでいる。

が、島根大学も黙って見過ごすわけにはいかない。
このコロナ禍も明けつつあり、以前の覇道を取り戻す為にも何としても1部の座は死守し、来季の復権に繋げたい。

悲喜こもごもが募る入れ替え戦を、果たして制して1部のチケットを手にするのはどちらとなるのか。
観戦いたします。


20231118-1.png
https://youtube.com/live/Q8asRdpBlHk
アーカイブ版(HQ)
https://youtu.be/UCQThe8vhfQ

<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

2023年11月12日

【アメフト】サイドワインダーズ×クラブベアーズ【2023X3リーグwest】

この日の鶴見緑地球技場、最後のカード、

サイドワインダーズ(2勝1敗)×クラブベアーズ(1勝2敗)。

実はこの試合、Bブロック最後の"if"を残した対戦でもある。

この試合、サイドワインダーズが勝てば実質上位3チームが確定となるが、"もし"クラブベアーズが勝った場合、最終節の琉球戦にも勝利した段階で"3勝"に到達する。
そうなった場合、この試合での勝敗が条件となって、サイドワインダーズは勝ち星同数になっても上回らず、クラブベアーズがX2昇格となる"if"が隠れているのである。

無論、下馬評は昨季までX2で戦っていて地力あるサイドワインダーズだが、かつて覇を成したクラブベアーズも黙って見過ごすとは思えない。

この"if"は果たして起こるのか否か。
観戦いたします。


20231112-3.png
https://youtube.com/live/eqpgGBJT1LI
【アーカイブ版(HQ)】
https://youtu.be/pAlHTR5pAL0


<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

【アメフト】広島ホークス×リードエフォートエールズ【2023X3リーグwest】

鶴見緑地球技場でのX3リーグwest Bブロック2試合目は、

広島ホークス(3勝0敗)×リードエフォートエールズ(3勝0敗)。

全勝対決となった。

ともにX2昇格ラインである"3勝"を確保したわけだが、3勝だと相星チームが多数発生した場合、直接対決や得失点差によってふるい落とされる可能性がまだあり、当確となる"4勝"を手に入れたいに違いない。

また「優勝」の肩書きを持って、来季のX2に挑みたいものでもある。

それを手にするのは、果たしてどちらとなるのか。
観戦いたします。


20231112-2.png
https://youtube.com/live/NoETtRxGOH8
アーカイブ版【HQ】
https://youtu.be/SNtCh8sl9qA


<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)

【アメフト】琉球ガーディアンライオンズ×クラブアイランズ【2023X3リーグwest】

さて、いよいよX3リーグwest Bブロックも第4節に入る。
鶴見緑地球技場に一同介し、相対する1試合目は、

琉球ガーディアンライオンズ(0勝3敗)×クラブアイランズ(0勝3敗)。

驚くべきは、両雄、今季未だに白星がない点だ。
琉球は国外チームと凌ぎを削って力量十分、アイランズも人員補強なり、今季は戦える陣容を取り戻しつつあったにも関わらず、苦杯を舐めさせられている。
言い換えれば、今季のX3がいかに高いレベルになっていたか、を示す結果がみえる。

ともあれ、結果として辛酸を舐める状況にある両雄だが、それだけに来季の展望をみる上で、ここで初勝利を挙げたい。

叶うのは果たしてどちらとなるのか。
観戦いたします。


20231112-1.png
https://youtube.com/live/oQYRgqU_v7Y
アーカイブ版【HQ】
https://youtu.be/HR7qsn7h078


<<<<【...もっと見る】>>>>
posted by りちゃ。 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメフト --)/彡≡θ(--*)