★ブログランキング参加中。良ければクリックお願いします☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★取材支援に、本ブログのブックマーク、Youtubeのお気に入り登録もお願い致します☆
Youtubeチャンネル登録_短縮URL→http://urx3.nu/M1Zp
※QRコードをクリックするか、バーコードリーダーで読み込むと登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png

2011年10月29日

【映画】D「とある飛空士への追憶」

では映画5発目〜。


今回は、この19日に観た映画で唯一のアニメ作品ですね。

「とある飛空士への追憶」

選んだ根拠は大して無いですw。
まぁ、強いてあげればもともとアニメ作品がすき☆、という事と、私のような世代の人でも見れそうかなー、
という印象を持ったから。そんだけ。

でもって、いつものように下調べなしの、そのまんまの感想で書かせてもらいます〜。

・・・ファンの方、ごめんなさいね♪
クソつまんねぇΣ(゜゜;。
全ては、根本であるストーリーのせい。古典的、コッテコテの使い古された設定とシナリオでゲンナリでした(--;。

20世紀だか19世紀末だかの西洋をイメージした世界で、
これまた中世封建時代風の貴族・人種・身分社会が確立していて、
だのに飛行技術は、巨大空母を飛ばすことが出来る(プロペラで;;)、という妙に偏ったテクノロジーの発達した世界。

設定、ありふれすぎるわっ;;。

そこで繰り広げられたのが、とある姫君と下流層から這い上がったパイロット(ここでは飛空士と称されてます)との
つかのまの、ほんのひと時の移動行・・・。

筋書き、ベッタベタだわっっ;;

どんだけ色々な作品のネタ、パクってんだよ・・・( ̄  ̄;)。
オリジナリティのかけらも感じなかったわ;;。

しかも。
主役・ヒロインともに、声優陣、あっきらかに力不足(--;。
ストーリーの鍵にもなっている"歌"を歌っているシーンがあるのですが、
ハミング・歌唱シーンともに下手すぎて何の感傷も感じんかったわ;;。
というより台詞シーン自体からして浮きっぱなしだったですよ(;-_-) =3 フゥ。


という事で。
私的には、全く見る価値なし〜ヽ(´ー`)ノ、という作品でした。
正直、余韻も感動もなかったっす。ホントに。

・・・スタッフは素晴らしいチームなんだけどなぁ・・・「時かけ」や「サマーウォーズ」をやったところだから。
実際、飛行機の飛行描写とかメカの表現とかは秀逸でした。けど・・・
思いっきりお金の無駄使いでしたねd(`・ω・´ )。


まぁ、そんな中で強いて「おっ」と思ったことが一つ。
敵方のエースパイロットの声が、なかなかの渋めダンディボイスなので「いいねぇ」と思ったのですが、
終わりのテロップ見て、サンドウイッチマンの富澤だったとわかってビックリだったですわ;;。

まぁ、そんだけですね。

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | CI・NE・MA

2011年10月28日

【映画】C「はやぶさ/HAYABUSA」

残りの映画レポ、続けますw;。

「はやぶさ/HAYABUSA」

さて。これはもぅ、殆どの方がご存知であろう、JAXAが放った乾坤一擲の大勝負、惑星探査機「ハヤプサ」。
それにまつわる、様々な言い知れようの無い葛藤と執念を映画化した作品です。

その偉業を映画化した作品としては、大いに興味を持って望んだ作品なのですが・・・
同時に俳優人の、あまりにも豪華絢爛なラインナップをみた時に、すごい不安を覚えました(--;。

こういう豪華俳優人が軒を並べる映画ってのは、大抵コケるケースが多いんですよ〜。 役者さんたちのエゴが前面に出て。
互いに譲らず、最終的に妥協案の連続となって作品としてグダグダになる、というケース、多いですから。

その辺りの懸念を抱きつつ鑑賞したのですけどねー(--;。

杞憂でした☆
意外なほどに淡々とJAXAが取り組んできた日々の出来事が、ごく当たり前の日常という風に描かれていたんです。
作業をするオペレータの淡々としててどことなく軽妙な振る舞いなんか、本当に秀逸。
まぁ、もともとの面々が「宇宙オタク」の集まりみたいなものですから、その光景だけでも奇想天外ではありましたが。
それでも、研究員の、ごくありふれた日々の光景、というスタンスは、むしろリアリティか゛実感できる内容でした。

その過程で、あまりにもの長きに渡る計画のため、幾人もの人が入り、去り、それでも進んでいく姿には強い感動を
覚えもしました。この偉業は、多くの方たちの「夢の継承」によって初めて成しえたものなんだなぁ、とです。

この事を、本当にごく自然体で受け入れられる作品として、秀逸の佳作でした。
日本のドキュメンタリー映画の中でも、数少ない成功例なのかもしれないです。
そういう意味では、ホントに「はやぶさ」君は報われて良かったなぁ(´ω`)。

ちなみに。
この成果を得て、2014年には「はやぶさ2」が打ち上げられるんだそうな。
是非とも成功の連鎖反応をもたらして欲しいです(^^)。

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CI・NE・MA

2011年10月26日

【映画】B「ラスト・エクソシズム」( ̄Д ̄;)

映画の3本目〜
・・・は、かんなりキツイやつだった・・・orz。


さて3つ目に観た映画はコチラでした。
↓ ↓ ↓
「ラスト・エクソシズム」
↑ ↑ ↑
以前鑑賞した「パラノーマル・アクティビティ2」(以下、パラ2)に代表される、
最近流行りのセミドキュメント風ホラー作品です。
個人的にはタイトルの印象から「エクソシスト」の復刻版かなぁ(^^)、とか感じてました。

そういう意味でも、少しタカをくくっていた感じでいましたw;。
なんだかんだで前も「パラ2」を鑑賞してましたしね。まぁその流れを汲んだホラーでしょう、とそんな感じで。

そして、出だしのナレーションから入るところなんかも、モロに「パラ2」のまんまでしたしねーw;。


で、観終えた感想なんですが。
めっっっちゃ、怖かったっすぅぅ><;。

私的には「パラ2」よりも、相当にキツかった・・・(_ _;
「パラ2」の時は、引け腰ながら、どーにかそのまま鑑賞できたのですが、
この作品は2回真剣に顔を背けました;;。
そのくらい、怖かったー;;。
げに恐ろしや、アメリカンホラー;;。

何が「パラ2」と違ってたのか、というと、観る側の視点位置でした。
「パラ2」はあくまで警察捜査資料の一般公開、という視点で撮影したもの、という位置取りでしたので、
観ている側としては、あくまで客観的な「一歩離れた」位置で見る事が出来ました。
その分、怖くても耐えられた。

ところが、この「ラスト・エクソシズム」の場合は、本来はあるテーマに沿って撮影されたドキュメンタリーであった、
という視点で作られているんです。つまり初めから視聴しているものに見せるための撮影・カットを施していたもの、
として出来ていたわけです。冒頭部は。
このため、感覚的に結構スンナリと物語に視聴者として溶け込めたのです。すごく近い位置に。

そのままそのドキュメンタリーは順調に撮影されていくわけなのですが、・・・
ある時点を境にそれが崩れだします。徐々に。しかし確実に。
そしてその過程で、段々と作為的に撮影加工されている部分が見えなくなっていきます。
まるで関わっている全てのものの動揺が伝わるかのように。

本来しゃべってはいけないカメラマンの肉声が、段々と多くなってくるのが、よりその緊張度を増していきます。

そして冒頭部にて、その関係者は全ていなくなった事がわかっている分・・・刻一刻とその時が差し迫ってくるのが
観ている側にも伝わってきて・・・><;。
そしてその撮影は、唐突に終わります。本当に突然に。刹那的に。そして凄惨に。

もぅ、観ている最中に胃の中のものが逆流しそうになりましたわ;;
血の流れもすんげぇ変な感じになってたよーな;;。

ホント、キョーレツだったなぁ・・・( ̄  ̄;)


まぁ、これは本当に本格的なホラーになってます。好きな方にはたまらないでしょう。
私も個人的には嫌いではないと思うのですが・・・さすがにクッタクタになりました(o ;__)oデスッ。

・・・そういえば近々「パラ3」も公開されるんだよなぁ・・・。果たしてどーしたものか;;。

ま、その時に考えるとします。

ではではー;^^)/。
posted by りちゃ。 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | CI・NE・MA