★ブログランキング参加中。良ければクリックお願いします☆
にほんブログ村 その他スポーツブログ アメフトへにほんブログ村 車ブログ カーライフへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ
にほんブログ村
★取材支援に、本ブログのブックマーク、Youtubeのお気に入り登録もお願い致します☆
Youtubeチャンネル登録_短縮URL→http://urx3.nu/M1Zp
※QRコードをクリックするか、バーコードリーダーで読み込むと登録画面に移ります。
Youtubeチャンネル登録URL.png

2011年10月25日

【映画】A「猿の惑星・創世記」

映画2本目〜。


さて、次に観た映画はコチラ。

「猿の惑星・創世記」

もう、原作の小説にしても映画にしても、あまりにも有名すぎるほど有名な、あの「猿の惑星」をオマージュした作品です。
と書きつつ、万が一、その基となっているオリジナルの「猿の惑星」をご存知でない方もいると思いますので、
まずはオリジナルのほうのあらすじを簡単に。

とある近未来。新たな生存可能な天体を開拓する使命を受けた宇宙飛行士たちが、
その航海の果てについに該当する、とある惑星に辿り着く。
が、そこはいわゆる猿人類が高度な知性を持って世界を統治する社会となっていて、彼らと様々な葛藤を経る事となる。
そしてようやく和解を得て、落ち着くに至るのだか、その時ふと、ある"見慣れた遺跡"に目が止まった。
それを猿人類に尋ねたところ、それは絶滅した先住民の"遺跡"だ、と説明を受け、宇宙飛行士は愕然とする。
その"遺跡"とは、彼らにとってはむしろ身近に存在していた建造物=""自由の女神"像であったから・・・。

というストーリーの作品でした。
当時でも、「人類」という存在を絶対視する事に対するアンチテーゼとして、世界中に強い衝撃を与えた傑作です。

今回の作品は、その「猿の惑星」に対しての紀元節をテーマとした作品になっています。
つまり「では、なぜ地球は『猿が支配する惑星』となったのか?」というテーマです。
オリジナルがあまりにも有名かつ文化的意義のある作品であっただけに、はたしてそれに見合うシナリオとなっているか・・・
大変興味深く鑑賞しました。

観ました私の感想としては。
これまた、素晴らしい着想とシナリオ(事が至った原因の設定)だ、と感動しました(^^)。
全く原作・オリジナルの文化的価値を損ねていない、いやむしろその正当性を説得力のあるものにしてさえいる、
と言っていいほどに、秀逸のシナリオでした。

まさに"見るべき価値のある"一作だと思います。

ここでストーリーを語らないのはお約束ですが、少しだけw。 それと同時に若干のツッコミを。

おそらく今回のメッセージは、こんな文言なのでしょう。

--The reason we are ruined maybe happen suddenly,--
「我々が滅ぶ理由は、我々に突然起こるのであろう。」
--with own desire and karma--
「我々自身の欲と業によって。」
というような感じの。

まぁ否定はできないっすねヽ(´ー`)ノ。案外そんな愚挙の果てに、というもので、もたらされそうだわ。

ただ、あえてのツッコミを入れるとすると・・・その考えって、まるで人類を滅ぼすのは人類自身の手でしかいない、
と言っているようなもので、それこそ人間の傲慢、エゴでないかい!?とも言いたい。
人類は進化の最終形態では、決して無いっすよ!!

あとオリジナルとの文明レベルでのズレが若干残っちゃうかなぁ。
そもそもオリジナルでは星間航行が可能なレベルまで、宇宙航海技術が発達している事になっているし、また飛行士たちも
新惑星捜索中、という事になっているわけですから、その過程でこの"事件"が発生したとするには、
今回の作品の文明レベルは、その次元にまで至れてないのでは・・・?
というところですかねぇ。

ま、ツッコむとしたらそんなとこかなw;。

あ。あとその原因となる製薬会社があるのですが、その会社の所長がかなりのリアリスト&現金俗物主義者なのですけど、
その名前が"ジェイコブス"(←オリジナルの映画版で名をあげた伝説的プロデューサー)だったのには笑った(^▽^)。
この辺りのナンセンスかつ含蓄のあるユーモアには、素直に喝采の拍手でしたー。(^^)


とにかく。この映画はまず間違いなく"必見"です。オリジナルを見て無くてもOK☆
オリジナルの衝撃を、今に蘇らせた傑作だと思いますっ。是非ご鑑賞くださいな(^^)。

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | CI・NE・MA

2011年10月24日

【映画】@「DOG×POLICE 純白の絆」

まぁ、今更ですが、ぼちぼちで(^^ゞ。


えーと、随分にチンタラしたノリで恐縮ですが、この19日に倉敷MOVIXで鑑賞してきました映画のレポ、
ボチボチ〜と書かせていただきますね〜。

まず最初は、こちらから☆


「DOG×POLICE 純白の絆」

市原隼人主演の「警備犬」を題材にした、いわゆる"熱血刑事モノ"の邦画です。
これをチョイスしたのには・・・特に理由はないっすw;。単に観る事が出来るスケジュール上、これになっただけ〜っとw。

ストーリーとかはまぁ、上映中という事もあるのであまり書きませんが、冒頭に書いたまんまのストーリーですw。
テーマが「警備犬」という、あまり耳慣れない部署を題材にしているという違いが目新しいという程度で、
そのまま警察モノの映画と解釈していただいていいかな〜、と思います。

ほんでまぁ、鑑賞した私の個人的な感想をかきますとー。

・・・なんで日テレ系の映画って、、、
こうもまぁテンプレ的に"お約束的&ムリクリお涙頂戴風"になるんだろ(;-_-) =3 フゥ。
と思いたくなるほど、ありふれたストーリーで、何も意外性なし。
しかも映画だからこそ、という表現も無し。明らかにTV放送前程での作風だよなぁ;;。

なんかTVの2時間ものの作品を、単にスクリーンで上映しただけ、という感じに思えました。
しかもそのストーリー自体が、あまりにもクサ〜イ。
浪花節なお涙頂戴、ありえない流れでのラブ注入・・・しらけるわ(_ _;。

さらに残念の上塗りになったのが、配役の面。
主人公演じる市原隼人氏ですが・・・ものすんごい浮きっぷり;;
若手熱血警察官、という、むしろご自身の個性に近いキャスティングであったにも関わらず・・・全くハマってなかった;;。
無駄なまでにムキムキすぎる筋肉のビルトアップぶりとか、あまりにもたどたどしい台詞回しとか、
各々のシーンでの演技とか全部が・・・浮きまくってましたわ;;。
なまじ、周りを固めているその他の俳優・女優陣が見事に役回りに溶け込み染まっていただけに、
余計にその「浮きっぷり」が際立ってた;;。
肝心の「主役」が浮いてしまってたら、観ている側としてはシラけるだけで・・・( ̄  ̄;)。

というわけでー、あまりにも"残念で残念"な映画でしたわ;;。
ま、役者さんとかへの好みとかもあるとは思いますから、その視点で選ばれるのはアリとは思いますが、
個人的にはお金払ってまで観る類の作品じゃ〜ないな〜、というのが率直な感想です。

それでもご覧になりたい方は、まぁ、TV放送を待っててもいいんでないっすかねぇw;。

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | CI・NE・MA

2011年10月20日

【映画】ひっざびさに観て来ましたよ〜ん、っと(^^)。

…まぁ、これを「息抜き」と呼ぶかは人それぞれだと思いますが・・・( ̄  ̄;)ウーン


今日は、もの大のほうは後期生の入校式&来期春期の試験のため、1年コース組は休校☆
で、資格勉強も、先の応用情報技術者試験で一応一段落してお休み中♪。

おおっ。久々に丸一日のフリーデーになりました(^^)。

ならば、という事でー。

これまた久々に「映画にドップリデー」としましたー^^)/。
場所はやっぱり「倉敷MOVIX」です〜。
映画館・シネコンのMOVIX
いや〜〜。観た観た、観ましたよ〜。
全部で6本っ!!Σ(゜゜;。記録だね〜w;。

も、あまりに飢えてたので、とにかく片っ端からでいきましたっ。
・ジャンル→お構いなし。
・好み  →ノープロブレムwww;
・判断基準→時間割的に、可能な限りの映画全て;;。
という、食い荒らしっぷりでした(^^;。


ちなみにそうやって観てきた映画はー。
・DOG×POLICE 純白の絆
・猿の惑星:創世記(字幕版)
・ラスト・エクソシズム(字幕版)
・はやぶさ HAYABUSA
・とある飛空士への追憶
・ワイルド・スピード MEGA MAX (字幕版)
です〜w。

・・・

さすがに、これだけになるとレポする自信ないなぁ(--;ゞ。
ま。でも、考えときますw;。

とりあえず今日はこんなところで。
以上携帯電話からでしたー♪

ではではー^^)/。
posted by りちゃ。 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CI・NE・MA